ECナビBlog〜1歳次女と飛行機の旅の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

 

先日、末っ子のナズナと私の二人で飛行機に乗り

九州にあるパパの実家まで帰省してきました。

 

他の二人の子供達はというと、

先にパパと三人で行っていたのです。

 

パパの仕事が休みになったのが早かったので

ナズナ以外の二人を連れて行ってもらいました。

 

珍しくナズナは、ママと二人だけの数日間を過ごし、

飛行機に二人で乗るという経験をしました。

 

去年の夏にも飛行機には乗ったことがあるので

ナズナにとって飛行機は人生で3度目なのですが

私にとって、一人で子供と飛行機に乗るのは初めてなので、

それに少しイヤイヤ期なので、、、

 

どうなることかドキドキでした。

たった2時間なのですが、

大泣きしちゃったらどうしようと、思うと、不安で。

 

実際のところ

どうだったかというと。

 

飛行機乗るまでに

たくさん遊んで疲れてしまったナズナ。

というのも、遊んで疲れたら飛行機に乗る前に寝てくれるかなと思ったのです。

 

でも、そんな上手くも行かず。。。。

 

眠いのに寝れないという微妙な状態で

搭乗。

 

ママのお膝の上以外に

移動する場所もなく、(席、一つしかとっていないので)

動きたがるナズナ。

 

そんな時のために

持参した絵本やクレヨン、お菓子など

あらゆる手を尽くし

飽きさせないように。

眠いなら、早く寝てくれたらいいのに、と心の中で思いながら。

 

どうにか2時間は泣かずに持ってくれました。

もうすぐ着陸するというころ、

台風の影響なのか

飛行機が大きく縦に揺れる揺れる!

 

私、船酔いしやすいので

気持ち悪くて、気持ち悪くて、、、、

 

早くつかないかなー

揺れるなー

嫌だなーっと

 

自分のことばかり考えていたら、、

 

ふと、ナズナを見ると

寝てました。

 

私にとっては最悪な揺れが

眠たい赤ちゃんにとっては

心地よかったのでしょうか。

 

私の腕に寄りかかり

ぐっすり眠ってくれたので

着陸の衝撃も、耳の痛みもなかったようです。

 

心配ばかりしているよりも

他のことを考えている時の方が

子供は寝てくれたりするものなのかもしれません。

 

写真は

空港で飛行機を待つナズナ。

 

ちなみに上の子たちは

飛行機はどうだったかと聞いたら

ずっとタブレットでアニメを見ていたとのこと。

そのくらいの年になると、飛行機も楽になるなぁ。

 

それではまた来週!

ECナビBlog〜1歳娘の保育参観の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

 

先日、1歳の次女ナズナの保育参観に行ってきました。

 

まだ1歳なので、家ではママにずっと抱っこです。

最近、イヤイヤ期なのか、自分のやりたいことができなかったり、伝わらないと

反り返って大泣きする、手のかかるお年頃です。

 

そんなナズナですが、

保育園の担任の先生によると

園ではとても落ち着いていて、大人しいとのこと。

泣くことも少ないので、他の子に比べ手がかからないということでした。

一度、保育園の玄関で、ナズナが私の前でいつものように大泣きしていると

それを見た担任の先生がびっくりしていたほど。

 

そんなことがあったので、

今回の保育参観はとっても楽しみにしていました。

 

ナズナは園では

どういう行動をとっているのかな〜。とワクワク!

 

園では当日、お祭りごっこというのをやっていて、

私は他の保護者の方に混じってみつからないように、

隠れてその様子をそっと見ていました。

 

ナズナは、担任の先生に、もう一人の1歳くらいの子と一緒に

手を引かれながら、お店屋さんにてお買い物をしていました。

 

年長さんがお店屋さんをやっていたのですが

いつもと違う雰囲気と役割に大張り切り!

 

それと反して、買いに来る1歳児のテンションの低いこと。。。

ヨーヨーをもらっても、お花をもらっても、

無表情、無反応。。。

 

もう一人の1歳の子も

ナズナと同じような感じだったので、

やっぱり1歳にはお祭りは、まだわかんないのかな〜

 

でも、もう一人の子は

先生の手が離れるとフラフラ歩き回るのに対し、

ナズナは、先生の手が離れても、その場を一歩も離れず、じっとしています。

 

終始、そのような感じで、

泣くこともなく、ニコニコすることもなく、

ポーカーフェイスで、先生に手を引かれるままに動いてました。

 

本当に、保育園では、大人しいようです。

 

今では好奇心旺盛な長女のモモも

戦隊モノごっこで大暴れな長男ウメタも

確か1歳くらいの頃は、こんな感じだったなぁ。

 

 

子供の性格って、まだまだこれから変わるからわからないので

ナズナがこれからどんな性格が出て来るのか楽しみです。

写真は、

お祭りために甚平を着たナズナです。

 

それではまた来週!

 

ECナビBlog〜田舎に帰省してきたの巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

 

先週のブログで書いた長女モモのお泊まりですが

昨日、無事に帰ってきました。

「まだお泊まりする!帰らない!」と

モモはダダをこねてました。

よっぽど楽しく過ごしたのでしょうね。

よかったよかった。

自信がついて、今後も一人で何かする時があっても

少しは怖くないかな!

 

モモを迎えに行った時に

下の二人も連れて、私の実家にお迎えついでに帰省しました。

 

田舎なので、周りは田んぼしかないですが

青々とした稲の葉や、他の季節の2倍くらいに生い茂った庭の草花を見ると

なんだか落ち着いて、夏が来たなと思わせてくれます。

 

子供達もまだ小さいので遠出はせず

庭や田んぼで遊びました。

 

まずはスイカ割り。

おじいちゃんおばあちゃんがスイカをたくさん作っているので

いつも夏に帰省すると恒例でスイカ割りをしています。

モモはこれが大好きで何度も叩いてました。

(子供だと力が弱くてなかなか割れないのでね)

 

そのあとは、

金魚すくい。

これはウメタだけ。

(他の二人はお家の中でスイカ食べてました)

何年か前に

お祭りですくって来た金魚が子供を産み、

100匹くらいに増えたので

簡単にすくえそうなくらいにうじゃうじゃしているのですが

なかなか逃げるのも早くて、すくえません。

ウメタが一匹だけ頑張ってすくいました。

 

最後は、ザリガニ釣り。

去年6月ごろ、帰省した時は

たくさんいたのですが

この時期どうかなと思ったら、

案の定、あまり多くなくて、

みつけるのにも、釣り上げるのにも悪戦苦闘しました。

 

釣るのにはコツがいるので、

大人が竿を子供と一緒に持ってあげて、

引くのを待っていたのですが、

 

最後は子供の方が先に飽きてしまい、

でもせっかくだから1匹くらい釣りたい

大人が(パパが)

最後まで粘って、1匹釣り上げました。

 

もうちょっと大きくなったら、

子供たちも釣る楽しさがわかるかな!

 

そんな感じでたくさん遊んで

帰路につきました。

 

また、帰省したいな!

 

それではまた来週!

 

ECナビBlog〜夏休みがやってきたの巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。
暑い日が続きますね。

我が家の長女モモは、小学生なので先週から夏休みに入りました。

せっかくの長期休暇なので、夏休みは、いろんな体験をしてもらいたいなぁと思っています。
早速、先日から祖父母の家に1人でお泊りに行っています。

1人でお泊りは、2回目ですが、前回は1泊だったのが、今回は1週間!

ママやパパはいないけど、

おじいちゃん、おばあちゃんとたくさん思い出を作って欲しいと思います!
電話をして、様子を見てみたいけど、

ママの声や顔みると、寂しくなっちゃうかな?と思い、

電話するのは辞めました。
寂しくないかなぁと心配してたのですが、

寂しいのは私のほうでした^^
庭にプールを出してもらって遊んでる写真が送られてきたので、

それをみて一安心。

他の2人は、どうかというと、
長男ウメタは、

お姉ちゃんがいないことに気づき、

「なんでいないのー?」

と、不思議そうに言ってるので、
「おばあちゃんの家にお泊りだよ!お姉ちゃんいなくて、寂しい?」
と聞くと、
「全然寂しくないー!」
なんて、可愛げのないこと言ってました。
普段ケンカばかりしてるからね、たまにはいいのかもね。

次女ナズナは、

まだ気づいてるのか気づいてないのか、

お姉ちゃんの写真みて、

「ワンワンー!」って、言ってましたw

 

その後、モモはどうだったかと言うと

お泊まり2日目にして、発熱。

これはさすがに心配なので、テレビ電話しちゃいました。

 

電話先のモモは、

とっても元気そうで

おじいちゃんやおばあちゃんに

べったり甘えん坊してたので、

ホッとしました。

 

帰る日も一日延ばしたいとのこと。

どうやら楽しんでるようですね。

帰ってきたら、思い出話を聞かせてもらおう!

写真は、モモが泊りに行く前に、

行った動物園での一コマ。
3人並ぶと、階段のように背が違って、面白いですね。

ここでもナズナは、どの動物見ても

「ワンワンー!」と言ってました。
動くものは、全部ワンワンかな〜。
それではまた来週!

ECナビBlog〜海に行ってきたの巻〜

みなさんこんにちは、ポニーです。

 

先日、家族で今年初めての海水浴へ行ってきました。

 

長女のモモは海が大好き!

(プールや水遊びなど、なんでも水のあるところは大好きです)

なので、数日前からとっても楽しみにしていました。

 

長男ウメタはまだ海と行ってもピンと来ないよう。。。

でも、保育園では毎日プールに入っていて、

家のお風呂でも水着きてゴーグルつけて入っているくらいなので

きっと楽しめるはず!

 

次女のナズナは、歩けるようになってから初めての海!

(去年の夏も行ったのですが、まだ歩けなかったので、

ママの抱っこでちょっと足を濡らしたくらいだったかな)

 

表情も豊かになってきたナズナがどんなリアクションをとるのか

楽しみにしていました。

 

海につくと、

長女モモは早速着替えて、パパと共に海へダッシュ!

お気に入りの亀の浮き輪をして、遠浅の海をどんどん進んで行きました!

そのあとも、波打ち際で海藻を拾ったり、貝殻を拾ったりと

とっても楽しんでました。

 

長男ウメタは

海をみて、なのか初めての場所が怖いのか

なかなか着替えようとせず、、、

「ママの携帯で、写真を撮るー。音楽きくー。」と

携帯をいじり出したり。。。

 

せっかく海にきたんだから

水着きて、泳ぎにいこうよーと

誘っても、全然動こうとせず。

最後は半ば無理やり、波打ち際まで連れて行きました。

すると、

あんなに乗り気じゃなさそうだったのに、

水に足を入れたら、その感触が面白かったのか、

一気にニコニコになって、

遊び始めました。

 

いつもですが

初めて来た場所には慣れるのに時間がかかるウメタです。

それからお姉ちゃんに亀の浮き輪を貸してもらって

二人で仲良く水の中で遊んでました。

泳ぐというか、浮き輪につかまって、浅いところでバシャバシャして、

本当に楽しそうでした。

 

次女のナズナは、

水着に着替えさせて、

海に入ると、

すぐにこれは楽しいと思ったのか、

「きゃっきゃ」と声を出して、ニコニコ。

ママの手を引っ張って、

もっと深いところまで進むんだと

どんどん歩いて行きます。

 

1歳って、こんなに度胸あるんだっけ?

 

ナズナの胸の高さに水が来ても

全然平気!

 

もっと行こうとするので、

そこからは腕を持って、浮かせながら行きました。

そしたら、もうニコーっとさらに笑顔になり、

楽しいのが伝わって来ました。

 

ナズナは、

顔がモモにそっくりなのですが、

性格もモモにそっくりのようです。

 

水遊び大好き!好奇心旺盛!

 

三人ともたっぷり楽しんで

帰りの車では熟睡でした。

今年の夏は水遊び、たくさんしようね!

 

それではまた来週!

ECナビBlog〜三人の七夕の願い事の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

もう日が経ってしまいましたが、

7月7日は七夕でしたね〜

子供がいると、七夕は大事なイベント!

保育園や、小学校で、
短冊にお願い事を書くのです。

今回も3人それぞれのお願いごとになったので、

ご紹介します!
長女モモは、

「素敵な6年生になりますように。」
と、
「頭が良くなりますように。」
でした。

とっても、優等生な願い事だったので、

びっくり!
なんで、この願い事にしたの?

と聞くと。

「お友達が書いてたから、同じのにしたの。」
とのこと。

自分の意思はないのかー!

と思ったのですが、

モモの性格から判断するに、

授業中という限られた時間の中で、

願い事と急に言われても、

何を書いてよいかわからず、

または、小学生として、恥ずかしくないものを。
など、いろいろ考えてしまい、
自分で、書けなかったのかな?

「来年は、モモが自分の願い事を書けますように!」

by ママ

 

長男ウメタは、

「仮面ライダーエグゼイドになりたい!」

これの一点張りです。

もう最近のウメタは、仮面ライダーになりきって、歌って、戦ってと忙しくしています。

お姉ちゃんにも乱暴を働くのが問題ですが、、、

 

「ウメタが仮面ライダーみたいに、みんなを守るような優しい心を持ちますように」

by ママ

 

次女ナズナは、


短冊にクレヨンで何やら書いてます。

(裏に書いてあるひらがなは、保育園の先生がナズナの気持ちを代弁して書いてくれたようです)

 

読めませんが、
きっと何かナズナにも、願い事があるに違いない。

好きなバナナをいっぱい食べられますように、かなぁ〜?

「来年は、ナズナが自分の言葉で願い事を言うのが聞けますように」

by ママ

 

 

それでは、また来週!

ECナビBlog〜親子フットサルに挑戦してみたの巻〜

みなさんこんにちは、ポニーです。

 

我が家の長男ウメタは、習い事として

親子で参加するフットサル教室に通っています。

 

いつもは、パパと二人で参加しているのですが、

先週末はパパの都合が悪かったので、

初めて私が一緒に参加してきました。

 

パパ曰く、

ウメタは人見知りしているのか

あまりボールを自分から追いかけたりせず、試合でも消極的であると聞いてました。

 

私は見に行くのも初めてだったので、

ウメタがどういう姿勢で参加しているのかを見るのを楽しみにしていました。

 

それに加えて、

「親子」フットサルなので、

親である私も参加するらしいので、

ウメタと一緒に楽しくボールを蹴れたらいいなぁと思っていました。

 

そして、いよいよ当日参加してみると、

ウォーミングアップの基礎練習から、

親も子供もみんな一人一つボールを持って、

ドリブル練習して行くのですが、

 

いきなり!そんな本格的なことからすると思っていなかったので、

びっくり。

一人ずつなので、ウメタと二人でボール蹴り合うというよりも

私の順番が回ってきたら、私一人がドリブルするということなのです。

 

今までサッカーをやったのは

中学の体育の授業で1回やったくらいなので、

全然できません。

 

でも、ウメタが見てる手前、

「ママも苦手ながらも、精一杯やってるんだぞ!」という姿を見せなければ!

と、張り切りました。

 

基礎練習だけで

もう汗だくです。

普段使わない筋肉を使ったので、すでに筋肉痛になりかけています。

 

そして、次は、試合です。

他の親御さんはお父さんが参加している方がほとんどで

母親で参加しているのは私ともう一人の方のみ!

 

試合という緊張感と

チーム内の他の方に迷惑かけちゃいけない(足引っ張らないように)という気持ちと、

ウメタには頑張ってる姿勢を見せたいという気持ちで、

久しぶりに足が震えました。

 

試合が始まると、お父さん方、とっても上手で、

流れについて行けのか!

わー!どうしよう!

とんでもない所に来てしまった!

と焦ったのですが、

 

みなさんジェントルマンで

女性の私には、優しめのパスを出してくださり、

ディフェンスも優しめにしてくださり。

なんと、2点もゴールを入れちゃいました。

 

コート際で見ていたウメタにも

大アピールです!

 

試合が終わると、もう足が筋肉痛で

歩けないような状態でした。

 

試合中は、ディフェンスはあまりせず、ゴールの手前にて

チームメイトのパスを待っていただけなのですが、

それでも、飛んでくるボールは当たりどころが悪いとすごく痛いし、

パスをもらうために、ちょっと移動するだけのつもりでも

試合全体で考えると

かなりの距離を走っていたのです。

 

ウメタの様子を見に行くくらいの

軽い気持ちで参加した「親子フットサル教室」でしたが、

 

蓋を開けてみると

ママがかなり頑張るフットサル教室になっていました。

 

肝心なウメタの方はどうだったかというと、

全体的に自分一人で動き、

できないことはありつつも、頑張っている様子はありました。

試合でも、周りに追いついていないながらも、

ボールの行方をあっちへこっちへ追いかけていました。

4歳では、こんなもんなのかなと。

 

もしかしたら、ママの体当たりの頑張りをみて

やる気を出してくれたかな?

 

 

写真は、フットサルのゴール前で

ボールを蹴ろうとしているウメタ。

手前にいるのは、小学生かな?

ウメタが立つとゴールも、サッカーのゴールのように大きく見えます。
それではまた、来週!