ボルダリング日記 その2 ワールドカップ

こんにちは!スズキです。

5/7日曜日、ゴールデンウィーク最終日、八王子にてボルダリングワールドカップが開かれると聞き、単身乗り込んでみました。

場所は東京のエスフォルタアリーナ八王子、オシャレな会場ですね。

建物の外には子供用のボルダリング遊具が置かれ、ちびっ子が楽しそうに遊んでいました。僕も子供達を連れてくれば良かったかな?

お客さんは若い人が多く、

子供連れの方も多かったです。

やっぱボルダリング人気なんですね!

決勝戦の一時間前に会場入りしたのですが、ちょうど壁の設定(登るためのホールドと呼ばれる突起物を設置)を行なっているところでした。

観戦する前に、まずは基本ルール

1)決勝戦は1人4つの壁(課題)にチャレンジ

2)挑む前に1つの壁につき2分のオブザーベイション(作戦タイム)が全員に与えられる。

※この時に他の選手と攻略法を相談しても良し。同じ国同士や体型が近い人で相談する姿が見られました。

3)他の選手が登っているときは他の選手は見えないように隔離されます(アイソレーション)。登る順番によって有利不利にならないようにですね。

4)1つの壁につき各選手の持ち時間は4分ずつ。時間内であれば何回チャレンジしても良し。

5)スタートするには指定されたホールドに触れていなければならない。

6)ゴールするには両手でゴールのホールドをつかまなければならない。

そうこうする間に時間になり、さあいよいよ決勝戦開始です。

会場は照明が落とされ、暗転。ドキドキしますね。

大音量で打ち込みのハウスミュージックが流れる中、会場前方に設置された壁にCGを映し出すプロジェクションマッピングが始まりました!

なんだか大がかりなコンサートに来ているみたいです。

次いで決勝に残った選手の紹介です。

まずは女子6名(予選には世界中から53名が参加)。

日本人選手は19歳の野中生萌(のなかみほ)さんと、野口啓代(のぐちあきよ)さん。

お二人とも過去に大きな大会で入賞している実力者です。

次いで男子6名(同じく予選には83名が参加)。

日本人選手は

楢崎智亜(ならさきともあ)さんと石松大晟(いしまつたいせい)さん、渡部桂太(わたべけいた)さんの3名が決勝進出。6名の枠に3名!日本強いんですね。

全員筋肉がすごいです。

選手紹介の次にはオブザーベイションと呼ばれる下見の時間が設けられます。

選手はここで初めて、壁と設置されたホールドを見ることになり、攻略法を考えることになります(予選、準決勝、決勝と毎回壁の設定は変わります)。

面白いのは、競技者全員で下見をするのですが、同じ国同士や体型が近い選手同士で一緒になって壁を攻略するための相談をする姿が見られました。

ライバル同士が相談し合うなんて、他のスポーツでは見られない姿ですよね。

もしかしたら、人と競うというよりも、ルートセッターと呼ばれる課題設定者の作った難しい壁を攻略する。という意識の方が大きいのかもしれませんね。

さていよいよ決勝開始です。

まずは女子から。

各選手、順番に壁にチャレンジしていきます。

難しい場面では観客やアナウンサーから「ガンバ!」「アレー!」という歓声が飛びます。

ちょっと席から壁が遠くて、細かい動きがわかりにくいなーと思ったら、周りのお客さんはマイ双眼鏡持参の方が多くいらっしゃいました。サッカーやアイススケートの観戦みたいですね。(次は僕も!)

ちなみに会場は2階まで満席。前売りでチケット完売の為、当日券は出なかったそうです。

早めに前売りチケット買っておいてよかった~

 

女子決勝の最大の盛り上がりポイントは、野口選手の3つ目の壁へのトライ。

何度か果敢にチャレンジするもうまくいかず、残り時間があとわずか。

あきらめず最後のトライでなんとか登り、なんと残り1秒で完登!

会場は大興奮。僕も「ガンバ!」と叫んでしまいましたw

最終的に女子の結果は

1位 スロベニアのヤンヤ・ガンブレッド選手

2位 日本の野口啓代選手

3位 同じく日本の野中生萌選手

ヤンヤ選手と野口選手は2人とも4つの壁を完登しましたが、トライ数などのポイント差で野口選手は2位になってしまった様子。。残念ですが表彰台に日本選手2名はすごいですね!

続いて男子の決勝。

男子は女子と比べて、ダイナミックな登り方をする選手が多いように見受けられました。

こちらも楢崎選手が1つ目の課題を残り1秒で登りきるなどして大盛り上がりでした。

最終的に男子の結果は

1位 ロシアのアレクセイ・ルブツォグ選手

2位 日本の楢崎智亜選手

3位 同じく日本の渡部桂太選手

となりました。

男子も2名が表彰台に!

今回初めてボルダリングの観戦をしたのですが、パズルを解くような知恵と、残り時間わずかでの逆転劇、選手毎の工夫の違いなど見どころがたくさんありました。

非常に楽しかったです!

以上、八王子からのレポートでした~

ECナビBlog〜3人育児のストレス解消法の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

今回は、育児のストレス解消法について書こうと思います。

どうしても小さい子どもの世話してると
ストレスって貯まりますよね。

ストレス解消法でよく聞くのが
パパとかおばあちゃんに子ども預けて、ショッピングとか?
美容院とか?友達とお茶したりとか?

そんなかんじのことをよく聞きますが

それって、週末までとか、最低でも翌日まで待ったりしなきゃいけないですよね?

それじゃあ、私、遅いんです。待てないのです!

イライラしたら、すぐにストレス解消したいのです。

そこで、私が考えた即席ストレス解消法が、

「子どもに隠れて、甘いものを食べる!」

です。

この隠れてってところが重要で

こどもがリビングで遊んでたら、キッチンでばれないように

チョコをパクリ!とするのがいいんです。

なんかこの隠れてというのが、
悪いことしている感覚で

スリルがあって、

なぜかストレス解消するんですよね~。

私って、変かしら?


写真は、お花と並ぶ長男ウメタ。

最近、ストレス解消法の一つとして、

お花を買うのにも、はまってます。

お花って、癒される〜

それではまた来週!

ECナビBlog〜3人の子供をお風呂に入れるの巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

3人子供がいると、初めてあった人から、
すごいですねー!とか褒められたり、どうやって3人一緒に◯◯してるんですか?など質問されるのですが、
一番される質問が、

どうやって3人をお風呂に入れてるんですか?

というもの。
たしかに、

私も最初の子供が産まれたころは、1人で赤ちゃんをお風呂入れるのが何より大変だったなぁ。

大変なお風呂が嫌で、
パパが帰ってくるのを待って、2人で、どうにかこうにか入れたりしていたのを思い出します。

それに、2人目が産まれてからも、
長女モモがまだ2歳だったので、
手がかかる盛りの子供と、首の座ってない赤ちゃんを同時に、私1人で入れるのは、それはそれは大変で!
その頃も、パパを遅くまで待ってから、入れてもらったり、朝に赤ちゃんだけ入れたりと、工夫してやっていました。

そして、3人目が産まれて、上は5歳、真ん中は3歳。
長女モモは自分で、服を脱いだり、洗ったり、少しずつですが自分のことをできるようになり、手がかからなくなってきたのですが、
3歳の長男ウメタはまだまだ甘えていて、「ママやって〜」と手がかかる。

それに、兄弟が大きくなってくると、2人揃えば喧嘩もしょっちゅうです。
そんな中に、首の座ってない赤ちゃんのナズナもいるものだから、大変!

でも、やらない訳にはいかないので、ママは頑張るしかないのです。

上の2人は、お風呂に入るまでが一苦労。なぜかって、遊びをやめたくなくて、入りたくないのです。
おもちゃを持っていこう!とか、新しい入浴剤入れようなどと、言って、どうにかお風呂まで誘い出します。
先に2人の服を脱がせて、お風呂場に入れてしまって、
赤ちゃんが最後です。

脱衣室にタオルを敷いて、寝かせて、服を脱がせて、タオルを上にかけて、寒くないようにしてから、ママが脱ぎ、一緒に洗い場へ。
その間、上の2人は水遊びに夢中なので、助かります。

赤ちゃんを洗い場に敷いてあるお風呂マットに寝かせて、洗って、
洗い終わった赤ちゃんに、たまにお湯をかけながら、上の2人と自分を物凄く早く洗います。

まさにカラスの行水。

そして、赤ちゃんを抱っこして、湯船へ。湯船で4人でぽちゃぽちゃする時間は束の間。
赤ちゃんは長湯できないので、

さっさとあがります。

赤ちゃんを最初に、脱衣室のマットに寝かせて、拭いてバスタオルをかけたら、ママが一瞬で拭いて着替えて、
上の2人を拭いて、全員で着替えがある寝室なで移動して、
寝室まで行ったら、下の子から順に着替えさせて、完了です。

この着替えも、一筋縄ではいかなくて、

服を着たくなくて、逃げ惑う3歳児や、
髪の毛から水が垂れたのが、気に食わず、パジャマ着たのに、違うのにするー!
と癇癪起こす5歳など、、、

冬は乾燥するから、3人の体に保湿クリーム塗って。

その間に赤ちゃん泣き始めるし。

あー、大変!
ってな感じで、

お風呂入れてます。3人。
大変だけど、どうにかこうにかしてるうちに、子供が成長してくれて、だんだん楽になっていくんですね。
今は次女のナズナが、もう立てるので、大分楽になりました。

後で思えば、大変なのも、ほんの一瞬なんですよね〜。


写真は、お風呂です使ってるおもちゃのカメさん。

おもちゃには、いつも助けてもらってます。

それでは、また来週!

ボルダリング日記 その1

みなさま、はじめまして!

ECナビのディレクターをしているスズキと申します。

突然ですが、ボルダリングというスポーツをご存知ですか?

2017b01_1←こんなの

わたしも詳しいわけではないのですが、

ボルダリングとは、この絵のように壁に設置された突起物を

使って登っていくスポーツ。のようです。

TVなどで見たことがある方もいるのではないでしょうか?

何だか子供のころにしていた木登りみたいでワクワクしますよね。

せっかくなので、このブログでは、ゆるゆるとボルダリングを楽しむレポートができればと思っています。また、ECナビのユーザー様をご招待しての大会観戦などもしちゃうかも!ですよ。

みなさまよろしくお願いいたします!
スズキ

ECナビBlog〜6歳長女の将来の夢の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

みなさんは子供の頃、どんな夢をもってましたか?

私は、保育園の卒業アルバムに、バスガイドさんになりたいと書いていました。

遠足で乗ったバスのバスガイドさんって、憧れませんか?
綺麗で、可愛い制服着ていて、おしゃべりが上手で。
友達は、お花屋さんや、アイスクリーム屋さんなんて子もいました。

我が家の長女モモの将来の夢はというと、「ラプンツェルになりたい!」(ディズニーのプリンセスです)とのこと。

6歳にしては、幼いかな?なんて思ったけど、こんな可愛い事言うのも今だけ!
むしろ、この純粋な気持ちをずっと持ち続けて欲しいと思ってました。

ですが、先月にあった保育園の謝恩会で、ちょっとびっくりすることがありました。
謝恩会で、子供たちが質問に答えるコーナーがあり、

モモを含め6人が壇上で、質問に答えたのです。

質問の内容は、「将来の夢」。

モモが答えるのは5番目。

1人目は、サッカー選手。

2人目は、先生。

3人目は、サッカー選手。

4人目は、お医者さん。

いよいよモモ番になりました。

しかし、モモは、、、何も答えず。モジモジ。
インタビュアーのお母さんが気を利かせて、「まだ考え中かな」と言ってくれたので、それに頷いていました。

なぜ答えなかったのか?!

(他の質問には答えてたので、緊張して話せなかったということではなさそう)

先に答えたお友達の夢が、みんな現実的だったので、あまりにもファンタジーな事をいうのが恥ずかしくなってしまったのかな??

あとで聞いてみても、「迷っちゃったの」と言っていたモモ。

本当の理由は、わからないけど、
こうやって、社会性を身につけていくというのかな。
人と同じがいい訳ではないけど、違うことがなんだか恥ずかしいから、人に合わさるとか、そういう人間らしさみたいなのを、身につけていく瞬間を垣間見たような気がしました。

純粋な考えから現実的な考えになってしまうのも、

ちょっと寂しいような気もしますが、

これも成長ですね。


写真は、モモが誕生日会の時にドレスでおしゃれした時のもの。

ママにとってはプリンセスよ〜

それではまた来週!

ECナビBlog〜3人子連れで時短家事の巻〜

みなさんこんにちは、ポニーです。

今日はコメントにてリクエストいただいた効率的な家事の方法について書こうと思います!
手がかかる小さい子供がいると、なかなか家事もはかどらず、最低限のことしかできないのですが、
でも逆に、子供がいると、最低限のことはしなくちゃいけないというのもあります。

自分1人だったら、食事も外食でいいし、掃除もたまにでいいのですが、

子供がいると、外食するほうが大変だし、掃除しないと、ゴミ食べちゃうし^^;

やらない訳にはいかない家事がどうしてもあります。
今回は我が家流の時短家事をご紹介します!

まず、食事ですが、

一つは、食器を揃えること。


プレートをお揃いで持っています。

こうすると、何よりも洗うのが楽!

片付けも楽です。

二つ目は、料理は多めに作るということ。

常備菜とまではいかないけど、

食事毎に、量を多めに作って、取っておきます。

そうすると、後で、あと一品欲しいときなどに使えます。(時短家事というほどではないですが、これをやるとやらないとでは、忙しいときの余裕が違います)

次に掃除ですが、

雑巾は洗わずに捨てる

が基本です。
雑巾というか、使い古しのウエス?というのかな?

子供がいると、よくこぼすし、よく漏らすのでw

そういうものは、

ボロになったタオルとかで、拭いて、そのまま捨てます。
そうすると、洗ったり、干したりする手間や時間が省けます。

あと、トイレや洗面所は、使った時にちょっとだけでも掃除します。毎度とまではいきませんが、できるだけやるように心がけてます。

最後は、洗濯ですが、

基本、よく汚れるので、

ガシガシ洗濯機で洗える服しか着ないで、

どんな服も誰の服もいっぺんに洗います。

女の子いると、レースの服や装飾も多いので、洗濯ネットは必需品です。10個くらいあるかも…

お洒落着洗いは、別にしていたころが懐かしいわ〜

こんな感じですかね〜。

大したことではないのですが、

我が家の時短家事はこんな感じです。

みなさんは、何か時短家事してますか?

写真は、次女ナズナがおままごと用のエプロンして、小さいママになってる様子。

いつの日かお手伝いしてくれるかな〜

それではまた来週!

ECナビBlog〜3人それぞれ慣らし保育の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

4月は、入園、入学の季節ですね。

我が家の子供も、長女モモが小学校に入学し次女のナズナが保育園に入園しました!

保育園では、通い始めに「慣らし保育」という子供が保育園に慣れるために、預ける時間を段階的に増やしていく期間があります。

慣らし保育のやり方も、保育園によって様々。

長女と長男のときは、どうだったかな?!

思い出して書いてみますね。
まず長女モモの時、

モモは1歳1ヶ月から保育園に入りました。
保育園の方針としては、できるだけ長く慣らし保育をして、ゆっくり、無理せず慣らしていきましょうというもの。

最初は、数時間だけ預けて、その後お昼まで、お昼寝まで、夕方までと段階的に時間を増やしていきました。

数時間だけ預けている間、
ママは微妙に時間が空いたので、近くのカフェで久しぶりのお一人様タイム。

娘が産まれてから
毎日赤ちゃんと一緒で、カフェでゆっくりお茶なんてできなかったから、
身軽に行動できる嬉しさはあるものの。

なんだかとっても寂しくて、モモのことが心配で。
コーヒーの味なんてしなったし、

たった2時間がとても長く感じたのを今でもしっかりと覚えてます。

もちろん、お迎えに行ったら、先生に抱っこされて、大泣きでした。

あっという間に、2週間の鳴らし保育期間が終わりました。

その後のモモは順調に慣れたようで、
朝はバイバイするときに泣いちゃうのですが、
お迎えに行くと、泣かずにおもちゃで遊んで過ごしていて、
その姿をみて、ホッとしたのを覚えてます。

次に長男ウメタの時は、

この時は、引っ越ししたので、長女も一緒に同じ保育園に入園しました。
保育園と言っても、小さな園だったので、年齢が違う2人でも、同じ部屋で過ごすので、慣らし保育も2人一緒に。

この園では、慣らし保育はしません。という方針でした。早く慣れるためには、早くから長い時間、園にいた方がいいという考えです。
これを聞いた時は、前の園と方針が違い過ぎてびっくりしました。

当時1歳の長男ウメタは、お姉ちゃんがいたからか、泣く事もなく、過ごしていたそうです。
兄弟がいるって、心強いんでしょうね。ウメタは幸せだな~

そして3人目、次女のナズナの慣らし保育園が始まりました。

ナズナは、泣くかな?慣れるの早いかな?あー、心配!私が泣いちゃいそう!とドキドキして4月を迎えました。
3人目と言えども、子供を初めて保育園に預けるときのあの寂しさには慣れません。

実際、数日の鳴らし保育が進んでますが
なんと、朝、私とバイバイするときは泣いちゃうものの、

その後は泣き止んで、笑顔を見せながらおもちゃで遊んだり、お散歩したりして過ごしているらしいのです。
慣れの早さに先生も私もびっくり!!

これは、大物の予感!!

写真は、次女ナズナの遊んでるときの後ろ姿。
赤ちゃんの後ろ姿って、なんでこんなにかわいいの~

それでは、また来週。