【PR】あなたは大丈夫?40代の4人に1人(※1)が高いという血中中性脂肪の対策方法

あなたは大丈夫?血中中性脂肪が高くなってしまう原因とは?

img_1

今や40代の4人に1人(※1)は血中の中性脂肪値が高いと言われています。

(ちなみに40代男性では、2人に1人!)

そもそも、なぜ中性脂肪値は高くなってしまうのでしょうか?

それは、「食べすぎ」「甘いものや脂っこいものの摂り過ぎ」「お酒の飲み過ぎ」などの生活習慣に起因しています。 日々の生活の中で、仕事仲間や友人と外食や飲みに行くことがよくあるという方は多いのではないでしょうか。

一方で中性脂肪はこれといった自覚が無いため、普段は危険性に気づきにくいことでも知られています。そのため、日頃からの対策を先送りにしてなにもせずに放っておくと、蓋を開けたときに恐ろしいことになるかもしれません…

そのようなことになってしまう前に、早めの血中中性脂肪対策をしておきたいですよね。

 

血中中性脂肪と青魚の関係とは?

img_2

あなたは「EPA」「DHA」という成分をご存じですか?

「EPA」「DHA」はイワシやサバなどの青魚に多く含まれるサラサラ成分で、血中の中性脂肪を低下させる作用があります。

「EPA」が最初に注目されたのは1960年代後半と歴史は古く、そのきっかけはイヌイットという民族の健康状態と食生活の研究からでした。

イヌイットは普段野菜を食べず、アザラシなどの肉を主食としているにも関わらず、他のヨーロッパ人よりも健康状態が良いと言われていました。

調査の結果、イヌイットが食べているアザラシはEPAを多く含む海の魚を主食としていることが分かり、「EPA」が注目されるようになりました。(※2)

また、「EPA」は摂取することで血中の中性脂肪を低下させるという研究結果も出ていることから積極的に摂りたい成分です。

しかし「EPA」は体内で作ることができない成分のため、食事から摂る必要があるのです。

 

健康維持には毎日7.5人前の◯◯◯を食べる必要が…

img_3

健康維持が期待できると言われているEPA・DHA摂取量は1日に900mg以上(※3)とされています。この量をお刺身で換算すると「マグロの赤身約7.5人前(※4,5)」となり、これを毎日食べ続ける必要があります。

それはさすがに難しいという方は、最近では手軽に「EPA」が摂れる健康食品なども多く出ています。

 

EPA研究35年以上!ニッスイ開発のEPA高含有トクホとは

img_4

「EPA」を日常生活で手軽に摂っていただきたい。そのような思いから、EPA研究を35年以上続けているニッスイが開発したのがEPA高含有トクホ『イマークS』です。

イマークS』は、血中の中性脂肪を低下させる作用のあるEPA・DHAを1本あたり860mg含んだ特定保健用食品(トクホ)です。この量は前述の健康維持が期待できると言われているEPA・DHA摂取量900mg以上/日(※3)の約95%に相当する量です。

また実際にヒト試験で1日1本を4~12週間飲み続けることで血中中性脂肪が約20%低下 (※6)する作用が認められています。ヨーグルト風味のドリンクタイプで手軽に血中中性脂肪対策が可能ということもあり、これまでにシリーズ累計7,500万本の販売実績(※7)も!

既に『イマークS』をご愛飲している方々からは、

・「最初は半信半疑でしたが、自分には合ってる商品だって実感できたので続けていきたいと思います。(T.A様・48歳女性)」

・「インターネットで調べていたら出会って。イマークSは私にとって欠かせないものですね。(K.K様・38歳男性)」

というお声が!(※8,9,10,11)

イマークS』は初めての方限定でお試し10本セットが、1,000円(税別)・送料無料でお試しいただけます。

1本あたり100円(税別)で試すことができるのでお気軽に試してみてはいかがでしょうか?

思い立った今こそ、健康のために血中中性脂肪対策を始めてみませんか?

この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

約71%OFFのお得なお知らせを見る! >>>

 

【関与成分および栄養成分表示】1本(100ml)あたり

EPA 600mg DHA 260mg 熱量26kcal たんぱく質 0g 脂質2.6g 炭水化物0.5g ナトリウム65mg

 

【原材料名】

精製魚油(EPA・DHA含有)、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(チャ抽出物、ゴマ油抽出物、ビタミンE、ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、ステビア)・(原材料の一部に大豆を含む)

※1:厚生労働省 平成22年国民健康・栄養調査より当社算出

※2:Dyerberg J, et al. Lancet 1978;2:117-9

※3:参考:JPHC研究 Circulation.2006;113,195-202.

※4:1人前80g換算

※5:文部科学省食品成分データベース「くろまぐろ(赤身生)100gあたりのDHA/EPAの含有量」より算出

※6:血中中性脂肪値が120-200mg/dlを中心としたボランティア計101名(男性61名、女性40名)を対象とした試験結果

※7:EPAトクホ「イマーク」シリーズとして (2004年4月1日~2017年8月25日出荷数:2017年9月自社調べ)

※8:個人の感想です。血中中性脂肪低下作用には個人差があります。

※9:ご愛飲者様の年齢は取材当時のものです。

※10:食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

※11:適度な運動を心掛けましょう。

 

運営会社:日本水産株式会社

【PR】アクティブ&キレイが叶う?「あの成分」が女性にうれしい効果アリ?

img_1

「一日中ハリがない…」

「どうしてもシャキッとしない…」

こんなこと、最近増えていませんか? いろんな対策をしているのに、なんだかシャキッとしないとため息をつくことも増えてきたのではないでしょうか。

どれだけ遊んだり仕事をしても、ぷるんと輝いてた20代、ちょっと無理をしても思い通りに動けた30代。40代に入ると「元気になりたい!」と運動をしたり、多めに休んでみても元気が…という方も多いようです。今回は、そんなあなたの暮らしをアクティブ&キレイにサポートしてくれる、頼れる「あの成分」について詳しくご紹介していきましょう。

 

キレイと元気をサポートするアミノ酸

年々アクティブ感が失われ、ハリ・ツヤ感がなくなっていく理由のひとつは「アミノ酸」が不足しているからかもしれません…。

実は、アミノ酸は私たちの身体の約20%を占めている成分で、身体のもととなるタンパク質を構成しています。

そのため、アミノ酸が不足してしまうと身体がなんとなくシャッキリせずに、ハリ・ツヤ感が気になって鏡を見るのが億劫になったりします。

そのため、不足したアミノ酸を積極的に補うことが大切になるのです!

img_2

 

「オルニチン」がキレイをサポート!

アミノ酸の中でも、キレイをサポートするためにオススメしたい成分が「オルニチン」です。 オルニチンを多く含むことで有名なのが「しじみ」。しじみは日本古来より滋養食として親しまれてきましたが、近年の研究によって、その健康・アクティブパワーにオルニチンが関わっているということがわかりました。

つまり、普段から意識してオルニチンを摂ることで、女性のキレイと元気を応援してくれると考えてもいいでしょう。

では、どれくらいオルニチンを摂ればいいのでしょうか?

img_3

オルニチンの1日の摂取目安量は800mg(※1)と言われており、しじみだけで摂取しようとすると、なんと約1,800個(※2)ものしじみを食べる必要があります。

※1:協和発酵バイオ オルニチンの場合

※2:協和発酵バイオ調べ

 

さすがに1,800個のしじみを毎日摂るのは難しいので、手軽に摂取できるサプリメントがあるとうれしいですね。

そんなあなたにオススメのサプリメントがあります!

 

6粒にしじみ約1,800個分(※2)!

200万人(※3)が体験したオルニチンサプリ

img_4

話題のオルニチンが摂れるサプリメントの中でもオルニチンサプリ6年連続売上NO.1(※4)の実績を誇るのが、協和発酵バイオの「オルニチン」(※5)です。

「オルニチン」は、たった6粒でしじみ約1,800個分のオルニチンを摂ることができます。さらに、協和発酵バイオでは、余計な成分は入れずオルニチンのみを高濃度配合しているため、1日に必要な分をしっかりと摂ることができるのです。

※3:協和発酵バイオ調べ(2018年1月現在)

※4:出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2012年~2017年 No. 2」オルニチン・サプリ

※5:本品に使用しているオルニチンは、しじみ由来ではなく発酵法によって製造されたアミノ酸です。

 

また、協和発酵バイオは、医療用アミノ酸の研究開発や医薬品原料の製造実績もある信頼のメーカーで、「オルニチン」も長年の研究と徹底した品質管理によってつくられています。

「朝からシャキッ!鏡を見るのが楽しみ♪」「朝から晩まで充実した気持ちでいられます」など、アクティブな毎日を過ごす40代、50代の女性から嬉しい声も寄せられています。

※個人の感想であり、効果の実感を保証するものではありません。

今なら通常価格1,543円(税込)の約15日分(90粒)が、なんと約67%OFFの500円(税込)でお試しできるので一度「オルニチン」を試してみてはいかがでしょうか?

btn_img

 

 

運営会社:協和発酵バイオ株式会社

 

【PR】日本人の食生活が危険!子どもに毎日食べさせたい食材とは?

あなたは昨日子どもに何を食べさせましたか?

img_01

突然ですが、昨日子どもに何を食べさせましたか?

オムライス、ハンバーグ、カレーライス、からあげ…

色々な料理が挙げられると思いますが、

「魚料理を食べさせた」

と答える人は少ないのではないでしょうか?

□魚は子どもが苦手で…
□魚は日を置くと匂いが気になるし…
□魚料理は後処理も面倒で…

結果、ついつい肉料理が多くなってしまうのはよくあることだと思います。

実際に、最近の日本人の食生活は欧米化が進んでいて、魚を食べる機会はどんどん少なくなり、全国の約72%の方は「子どもが魚不足」と感じているのです。(※1)

魚料理に悩みはつきもの…しかし、魚にはとても大切な栄養素が含まれていること、ご存じですか?

 

魚に含まれている「あの成分」が凄い?

img_02

「DHA」という言葉を耳にしたことはありますか?

「DHA」とは青魚に多く含まれている成分で、健康や成長に欠かせない栄養素の1つです。

日本人の子どもが欧米人の子どもと比べて聡明なのは、魚を食べる食習慣が起因しているかもしれない。母乳中のDHA含有量が欧米人に比べ多く、このDHAこそが胎児の脳の発育に極めて重要な因子である。

1989年イギリスのマイケル・クロフォード博士の研究発表により、「DHA」に注目が集まりはじめました。

今では世界中で「DHA」に関する様々な学術論文が発表されていて、国内外を問わずたいへん注目されている成分なのです!

「DHA」は脳に多く存在するとされ、子どもの成長過程において非常に重要とされています。

子どもが積極的に摂取できるよう、親としては心掛けたいですよね。

 

「DHA」はどのくらい摂ればいいの?

img_03

では、子どもにとって、実際にどのくらいの「DHA」が必要なのでしょうか?

0-18歳未満の場合、1日のDHA ・EPA摂取目安量は381mgとされています。

しかし、実際は196mgしか摂取できておらず、なんと目安量の半分近くも不足しているのです!(※2)

実際、「DHA」を目安量しっかり摂取するのは簡単ではありません。

「DHA」は体内ではほとんど作ることができないので、食事などで補う必要があります。

しかし、「DHA」は調理法によっては流れ出てしまうため、食事にとりいれるにしても調理方法から考える必要があります。

さらには、「DHA」が豊富に含まれる魚は、そもそも子どもが苦手だったり、食材管理から後処理までの調理工程が面倒だったり…。しかもそれを毎日続けるとなると…。

頭では大事だとわかっていても、実践するのはやはり難しいと思います。

そこで、今回は、からだに大切な「DHA」を効率良く摂取するためのおすすめの方法をご紹介します!

美味しさと手軽さを両立させた「DHA」ドリンクがすごい!

それは、あの海のニッスイが提供する『みんなのみかたDHA』。

img_04

『みんなのみかたDHA』は、「DHA」の含有量にこだわって作られていて、1 本あたり、子どもが1日に摂りたいDHA ・EPA の摂取量の91%が含まれています。(※2)

さらに、カルシウム、ビタミンDといった体に嬉しい成分も配合されています!

手軽に、しっかりと栄養素を補給できるなんて、嬉しいですよね。

そして、自信を持っておすすめしたいのが、その美味しさ。

爽やかなヨーグルト風味に仕上がっていて、「本当にこれで栄養素も補給できるの?」と疑いたくなるほど。

魚が苦手な子どもでも、美味しくゴクゴク飲むことができるので、おやつの代わりに子どもに与えるのもおすすめです。

ただ、子どもが口にするものとなると、どんな原料が使われているのか気になるところですよね…。

 

子どもに「毎日飲ませるもの」であること

img_05

子どもには親として納得できるものを飲ませたい、というのが親心。

その点、『みんなのみかたDHA』は優しさを追求し、人工甘味料、着色料無添加。

原料は、静岡県を中心に、国内で水揚げされたマグロの頭を使用していて、そのまま刺し身でも食べられるほどの新鮮さ。

さらに、『みんなのみかたDHA』の開発者のひとり、坂本紘子さんは、幼い子を持つ母の立場としても、商品づくりに譲れない想いがあるそうです。

img_06

『体に大切なDHAを、子どもや家族においしく摂ってもらえるものを作りたい。親として納得した上で毎日飲ませられるものにしたい』という強い思いで商品づくりを進めました」(坂本さん)

美味しく手軽に子どもの成長をサポートする『みんなのみかたDHA』、通常価格から約68%OFFの初回限定10本500円(税別)、1本あたりなんと50円(税別)にてお試しいただけます。

『みんなのみかたDHA』、子どものための健康習慣のひとつとして、ぜひご検討ください。

 

offer_02

 

 

※1:出典:ニッスイ調べ

対象者:全国20~69歳の男女計2,000名

調査時期:2015年6月

調査方法:インターネット調査

※2:「n-3系脂肪酸の食事摂取基準(日本人の食事摂取基準2015年度版)」を基に当社算出。また、「子ども」=0-18歳未満の意。

※:2011年9月1日~2017年10月31日出荷数:2017年11月自社調べ

 

運営会社:日本水産株式会社

【PR】40代の4人に1人が危険!?(※1) 中性脂肪値、なぜ高くなる? そのメカニズムと注目の対策法とは

img_01

「健康診断で中性脂肪がひっかかった…」

働き盛りの40代・50代、中性脂肪が気になり始めた方も多いのではないでしょうか。

実際に、厚生労働省の調査によると、中性脂肪値が「150mg/dL」以上の「高めの人」の割合は40代の「4人に1人」40代男性では「2人に1人」にものぼると言われています。(※1)

中性脂肪といえば、「食べ過ぎ」や「お酒の飲み過ぎ」「運動不足」といった生活習慣の乱れによって高くなる、というのはご存じですよね。

しかし、中性脂肪値が上がるとき、体の中で何が起こっているのかを知っている方は少ないはず。

そこで今回は、中性脂肪値が高くなるメカニズムと、忙しい人が知っておきたい「注目の対策法」をご紹介します。

 

あなたは大丈夫?中性脂肪値が高くなるメカニズムと無視し続けるリスク

そもそも中性脂肪とは、私たちの体に蓄えられているエネルギー源です。

本来、体にとって必要なものなのですが、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足などによって「消費量よりも摂取量が多くなる」と、余分な中性脂肪が血液中にどんどん溢れ出してしまいます。

img_02

この血液中の中性脂肪の量を示すのが「中性脂肪値」。つまり、中性脂肪値が高いということは、それだけ血液中に中性脂肪がたくさん溜まっているドロドロした状態ということなのです。

血液検査で「中性脂肪値」が重視されるのはこのためで、日本動脈硬化学会も150mg/dLを注意ラインとしています。

img_03

150mg/dLを超えた状態が続くと、それだけ体に負担がかかってしまいます。

それだけでも怖い状態なのですが、中性脂肪の本当に怖いところは、たとえ高めでも体に不調が出にくく「自覚できないケース」がほとんどであること。

「特に支障もないから大丈夫」「たまたま健診で悪い結果が出ただけ」と放っておくと、知らない間に体に負担が蓄積し、ある日突然、「まさかの事態」になるリスクがあるのです。

img_04

急に仕事ができなくなったり、家族に負担をかけることになったり…。老後の暮らしを考えても、早めに対策を始めておくのが得策といえるでしょう。

 

忙しい人は必見!注目の「◯◯対策法」とは

そこで、一般的に知られている対策といえば、

「中性脂肪の摂取を抑える食事制限」や、「中性脂肪の消費を促進する運動」といった「生活習慣の改善」です。

もちろん、このような改善も大切なのですが、なんといっても忙しい毎日。「どれだけやればいいのか」「いつまでやればいいのか」がわからないまま、何年も続けるのは簡単なことではありません。

img_05

そんな中、忙しくても手軽に対策したい人に注目されているのが、

青魚に含まれるサラサラ成分「EPA」です。

img_06

健康成分として有名なのは「DHA」ですが、「EPA」は「DHA」の兄貴分のような存在で、どちらもイワシやサバなどの青魚に多く含まれる成分です。

分子構造も似ているため同じに語られることが多いのですが、大きな違いはその有効性。

EPAは「血中の中性脂肪を低下させる作用」が科学的に認められ、医薬品にまでなっているのに対し、DHAは、体に必要な成分であることはわかっているものの、中性脂肪低下作用については、今後の研究が待たれるという段階なのです。

img_07

このような「EPA」と「DHA」、残念ながらどちらも体内では作ることができないため、「1日に900mg以上」(※2)を食事から摂ることが望ましいとされています。

それならばぜひ、この量を補いたいところですが900mgの「EPA・DHA」をお刺身に換算すると、なんとマグロ約7.5人前に相当。(※3)

img_08

当然ながらほとんどの方が足りていません…

img_09

しかも、「EPA」は、煮る・焼くなどの調理によって流れ出てしまうため、

「中性脂肪低下作用」を活かすための摂り方には工夫が必要です。

どうすればよいのでしょうか。

 

品質も手軽さも文句なし!

1本100円(税別)で始められる中性脂肪対策トクホ(※4)

そこでいま、人気を集めているのが、あのニッスイが開発したトクホドリンク『イマークS』です。(※4)

img_10

「EPA」をたっぷり配合したドリンクで、1本100mlにEPA600mg+DHA260mg=860mg配合。1日に摂りたい量の約95%が含まれています。

しかも、ヒト試験で1日1本を4~12週間飲み続けることで血中中性脂肪が約20%低下する作用が認められています。 (※5)

img_12

これなら「どれだけやればいいのか」という悩みを持つ方でも、信じて飲み続けることができそうですね!

飲み方も簡単で、フタを開けて1日1本(目安)ぐいっと飲むだけ。飲みやすいヨーグルト風味なので、忙しい方にもオススメです。

その実力から、これまでにシリーズ累計7,500万本の販売実績も!(※6)。喜びの声も多くあがっています。

・「最初は半信半疑でしたが、自分には合ってる商品だって実感できたので続けていきたいと思います。(T.A様・48歳女性)」

—————————————————————————————————————————————–

・「インターネットで調べていたら出会って。イマークSは私にとって欠かせないものですね。(K.K様・38歳男性)」

(※7,8,9,10)

 

冷凍食品やソーセージでなじみのある「ニッスイ」、実は35年以上もEPA研究を続けてきたパイオニア。原料となる「EPA」も、国内の自社工場で厳格な基準に基づいて精製しているといいます。

この『イマークS』、初めての方限定で、お試し10本セットが1,000(税別・送料無料)で試せます。

1本あたり100円(税別)で試せるなら、コンビニでお茶を買うよりお得ですし、身体に必要な成分も摂れるのでコスパがよさそうですね!

この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

約71%OFFのお得なお知らせを見る!>>>

 

 

【関与成分および栄養成分表示】1本(100ml)あたり

EPA 600mg DHA 260mg 熱量 26kcal たんぱく質 0g 脂質 2.6g 炭水化物 0.5g ナトリウム 65mg

【関与成分および栄養成分表示】1本(100ml)あたり

EPA 600mg DHA 260mg 熱量 26kcal たんぱく質 0g 脂質 2.6g 炭水化物 0.5g ナトリウム 65mg

【原材料名】

精製魚油(EPA・DHA含有)、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(チャ抽出物、ゴマ油抽出物、ビタミンE、ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、ステビア)・(原材料の一部に大豆を含む)

※1:厚生労働省 平成22年国民健康・栄養調査より当社算出

※2:参考:JPHC研究 Circulation.2006;113,195-202.

※3:1人前80g換算/文部科学省食品成分データベース「くろまぐろ(赤身生)100gあたりのDHA/EPAの含有量」より算出

※4:イマークSは血中中性脂肪を低下させる作用のあるエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)を含んでおりますので、血中中性脂肪が気になる方に適します。

※5:血中中性脂肪値が120-200mg/dlを中心としたボランティア計101名(男性61名、女性40名)を対象とした試験結果

※6:EPAトクホ「イマーク」シリーズとして(2004年4月1日~2017年8月25日出荷数:2017年9月自社調べ)

※7:個人の感想です。血中中性脂肪低下作用には個人差があります。

※8:ご愛飲者様の年齢は取材当時のものです。

※9:食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

※10:適度な運動を心掛けましょう。

 

運営会社:日本水産株式会社