自分のことを俺と言い始めた4歳長男の巻

みなさんこんにちは。ポニーです。

本格的に寒くなってきましたね。

あと2カ月足らずで2017年も終わりです。

毎年思うのですが、早いですね。一年が経つのは。

 

我が家の長男ウメタ(4歳)は

最近、自分のことを「俺」と言い始めました。

 

2歳の頃は

ママが呼ぶのを真似して

「ウメタくんね〜」と、自分のことを自分の名前に「くん」付けで言っていました。

 

3歳の頃は、

「ボクね!」と。

保育園で教えてもらったのかな?!

私は教えていないのですが、

自分のことを、名前ではなく、「僕」と言い始めた時は

なんだか急にお坊ちゃんになったようで、感心しました。

あー、かわいかった!

 

そして、4歳。

ある日突然。

「俺の!」と、言いだしました。

 

きっとお友達の中にも、「俺」と言い出す子がいたりして

それがかっこよく見えて、真似してみたのかな!?

 

いきなり男らしくなった長男に、ちょっとびっくりしたママです。

 

それ以外にも、

戦隊モノが好きになったり、戦いごっこで暴れまわったりと

それまでと遊び方も4歳になってグッと男の子らしくなりました。

 

4歳って、そういう年齢なのかな!?

 

この前、

ウメタと次女のナズナ(1歳)に、

ママが抱っこでジャンプする遊びを順番にやってあげていると、

順番になると思わず

「俺(オレ)の番!俺!」と手を出すウメタ。

 

それを真似して、

ナズナも

「オレ!オレ!」と、自分の順番をアピールしてました。

 

1歳の女の子の「オレ」はとっても可愛くて、笑っちゃいました。

 

写真は公園で長い枝をみつけて遊んでいるウメタ。

長い棒がとにかく大好きですw

 

それではまた来週!