ECナビBlog〜親子フットサルに挑戦してみたの巻〜

みなさんこんにちは、ポニーです。

 

我が家の長男ウメタは、習い事として

親子で参加するフットサル教室に通っています。

 

いつもは、パパと二人で参加しているのですが、

先週末はパパの都合が悪かったので、

初めて私が一緒に参加してきました。

 

パパ曰く、

ウメタは人見知りしているのか

あまりボールを自分から追いかけたりせず、試合でも消極的であると聞いてました。

 

私は見に行くのも初めてだったので、

ウメタがどういう姿勢で参加しているのかを見るのを楽しみにしていました。

 

それに加えて、

「親子」フットサルなので、

親である私も参加するらしいので、

ウメタと一緒に楽しくボールを蹴れたらいいなぁと思っていました。

 

そして、いよいよ当日参加してみると、

ウォーミングアップの基礎練習から、

親も子供もみんな一人一つボールを持って、

ドリブル練習して行くのですが、

 

いきなり!そんな本格的なことからすると思っていなかったので、

びっくり。

一人ずつなので、ウメタと二人でボール蹴り合うというよりも

私の順番が回ってきたら、私一人がドリブルするということなのです。

 

今までサッカーをやったのは

中学の体育の授業で1回やったくらいなので、

全然できません。

 

でも、ウメタが見てる手前、

「ママも苦手ながらも、精一杯やってるんだぞ!」という姿を見せなければ!

と、張り切りました。

 

基礎練習だけで

もう汗だくです。

普段使わない筋肉を使ったので、すでに筋肉痛になりかけています。

 

そして、次は、試合です。

他の親御さんはお父さんが参加している方がほとんどで

母親で参加しているのは私ともう一人の方のみ!

 

試合という緊張感と

チーム内の他の方に迷惑かけちゃいけない(足引っ張らないように)という気持ちと、

ウメタには頑張ってる姿勢を見せたいという気持ちで、

久しぶりに足が震えました。

 

試合が始まると、お父さん方、とっても上手で、

流れについて行けのか!

わー!どうしよう!

とんでもない所に来てしまった!

と焦ったのですが、

 

みなさんジェントルマンで

女性の私には、優しめのパスを出してくださり、

ディフェンスも優しめにしてくださり。

なんと、2点もゴールを入れちゃいました。

 

コート際で見ていたウメタにも

大アピールです!

 

試合が終わると、もう足が筋肉痛で

歩けないような状態でした。

 

試合中は、ディフェンスはあまりせず、ゴールの手前にて

チームメイトのパスを待っていただけなのですが、

それでも、飛んでくるボールは当たりどころが悪いとすごく痛いし、

パスをもらうために、ちょっと移動するだけのつもりでも

試合全体で考えると

かなりの距離を走っていたのです。

 

ウメタの様子を見に行くくらいの

軽い気持ちで参加した「親子フットサル教室」でしたが、

 

蓋を開けてみると

ママがかなり頑張るフットサル教室になっていました。

 

肝心なウメタの方はどうだったかというと、

全体的に自分一人で動き、

できないことはありつつも、頑張っている様子はありました。

試合でも、周りに追いついていないながらも、

ボールの行方をあっちへこっちへ追いかけていました。

4歳では、こんなもんなのかなと。

 

もしかしたら、ママの体当たりの頑張りをみて

やる気を出してくれたかな?

 

 

写真は、フットサルのゴール前で

ボールを蹴ろうとしているウメタ。

手前にいるのは、小学生かな?

ウメタが立つとゴールも、サッカーのゴールのように大きく見えます。
それではまた、来週!