ECナビBlog〜6歳長女の将来の夢の巻〜

みなさんこんにちは。ポニーです。

みなさんは子供の頃、どんな夢をもってましたか?

私は、保育園の卒業アルバムに、バスガイドさんになりたいと書いていました。

遠足で乗ったバスのバスガイドさんって、憧れませんか?
綺麗で、可愛い制服着ていて、おしゃべりが上手で。
友達は、お花屋さんや、アイスクリーム屋さんなんて子もいました。

我が家の長女モモの将来の夢はというと、「ラプンツェルになりたい!」(ディズニーのプリンセスです)とのこと。

6歳にしては、幼いかな?なんて思ったけど、こんな可愛い事言うのも今だけ!
むしろ、この純粋な気持ちをずっと持ち続けて欲しいと思ってました。

ですが、先月にあった保育園の謝恩会で、ちょっとびっくりすることがありました。
謝恩会で、子供たちが質問に答えるコーナーがあり、

モモを含め6人が壇上で、質問に答えたのです。

質問の内容は、「将来の夢」。

モモが答えるのは5番目。

1人目は、サッカー選手。

2人目は、先生。

3人目は、サッカー選手。

4人目は、お医者さん。

いよいよモモ番になりました。

しかし、モモは、、、何も答えず。モジモジ。
インタビュアーのお母さんが気を利かせて、「まだ考え中かな」と言ってくれたので、それに頷いていました。

なぜ答えなかったのか?!

(他の質問には答えてたので、緊張して話せなかったということではなさそう)

先に答えたお友達の夢が、みんな現実的だったので、あまりにもファンタジーな事をいうのが恥ずかしくなってしまったのかな??

あとで聞いてみても、「迷っちゃったの」と言っていたモモ。

本当の理由は、わからないけど、
こうやって、社会性を身につけていくというのかな。
人と同じがいい訳ではないけど、違うことがなんだか恥ずかしいから、人に合わさるとか、そういう人間らしさみたいなのを、身につけていく瞬間を垣間見たような気がしました。

純粋な考えから現実的な考えになってしまうのも、

ちょっと寂しいような気もしますが、

これも成長ですね。


写真は、モモが誕生日会の時にドレスでおしゃれした時のもの。

ママにとってはプリンセスよ〜

それではまた来週!

ECナビBlog〜6歳長女の将来の夢の巻〜」への10件のフィードバック

  1. 子供の将来の夢って、

    とても微笑ましいですね!

    きっとお子さんは、

    ファンタジーの主人公みたいな、

    華やかな未来を

    夢見ているのですが、

    周りの空気を察して、

    言いたい事を言えなかった

    のかもしれませんね。

    気遣いが微笑ましいです。

    私も昔の記憶が蘇ってきました。

    小学2〜3年頃、

    土器の発掘に興味を持って、

    考古学者になりたかった

    記憶があります。

    私の子供は、

    今や小学生の憧れの職業

    ナンバーワンの

    ユーチューバーになるべく、

    ぽこにゃんさん等の動画を見て

    日々研究しています。

    誕生日のプレゼントは、

    画像キャプチャソフトかな?

    • ozzyiidaさん
      コメントありがとうございます。
      ユーチューバーとは、いまどきですね〜!
      昔でいうテレビの中の人って、感じなのでしょうかね?!
      もう4年生ともなるとパソコン使えるのですね!すごい!将来楽しみですね!

  2. 今晩は。個性を大切に♪皆が同じ夢では・・・。自分の子供の頃の夢を思い出すと、恥ずかしくなります(〃ノωノ)

    • 白猫黒猫さん
      コメントありがとうございます。
      夢、個性があったほうがいいですよね!
      私もそう思います^_^

  3. ナズナちゃんに続いて、今週はモモちゃんが登場ですね♪
    どれにしようか迷っちゃうくらい、夢いっぱいのお年頃なんでしょうね~💛
    大人になれば、イヤでも現実と向き合わされるんだから(泣)、いつまでも夢を持ち続けていて欲しいですよね(^^♪
    目指せ!ラプンツェル!w

    • ひっとさん
      コメントありがとうございます!
      夢いっぱいって、いい言葉ですね〜
      ほんと、そうなんですよね、今だけ!!

  4. ポニー様
    モモちゃん6歳の誕生日会の時の写真ですかドレスが似合っていて可愛いですね。
    もうお姉ちゃんて感じですね。
    「塔の上のラプンツェル」先週の金曜日に録画しておいたビデオで観たばかりです。
    モモちゃんのファンタジーな夢、とても素晴らしいと思います。
    クラスメートの現実的なものばかりに驚いて言い出せなくて思わず「まだ考え中に」すり替えちゃったんですね。
    モモちゃんは思ってもしていなかったので、その時は相当にドギマギしたでしょうね。
    大人への階段を1歩登った瞬間、親として嬉しいような寂しいような気持ちを味あわれたんですね。
    モモちゃんには、いつまでも純粋な夢を持ち続けていられる子供でいて欲しいですね。

    私の孫は卒園式で大勢の人の前で「おまわりさん」になりたいと言っていました。
     *早速、子供用の手錠をプレゼントしましたけどね。

    私はと言いますと頭の中だけですがスーパーマンになって空を飛び悪事を挫くことを夢見ていましたね(非現実的な世界に陶酔していました)。
    現実の夢????
    これと言ったものが思い出せません(多分何も考えていなかったのかも分かりません?)。
     *父が銀行員だったので、「漠然」と銀行員を目指したような・・・そんな気もします?

    ポニーさんは、バスガイドさんでしたか。
    憧れますね・・・が乗り物酔い(酔い止めを服用しても)が酷かったのでそれどころではありませんでした(中でもバスは出発前からディーゼルオイルの臭いで吐き気を・・・)。
    なので遠足の日は楽しみと言うより乗り物のことを考えると憂鬱で仕方ありませんでした。

    • マルヤマ コウジさん
      コメントありがとうございます。
      私も乗り物酔い、ひどいので、絶対バスガイドさんにはなれません。子供の頃は平気だったのに、大人になって体質変わったようです。
      お孫さん、おまわりさんとは、いいですね!
      うちの長男ウメタも、おまわりさんが大好きで、道で見かけると、必ず手を振りながら呼びかけてます。制服が似ているので、工事現場にいるカードマンの方のことも、おまわりさんだと思い込んでますが…(笑)

      • ポニー様
        いつもご丁寧にご返事をいただきありがとうございます。
        一度、お礼したくて再コメントさせていただいています。

        ウメタ君もおまわりさんが好きなんですね。
        素直に呼びかけが出来るウメタ君に「エライ!!」の一言です(五重の花丸です)。

        私の車酔いは、高校(or中学?)の卒業旅行で富士五湖めぐりに・・・出発当日は大切な酔い止め薬を忘れてしまい・・・もうダメと思いながらバスに(この時点で多分顔面蒼白だったと思います)・・・準備万端にしていたのに・・・長距離と言う諦めもあって・・・持参した冷たい飲み物を酔わない内に数回に分けて飲んだり首筋に当てたりしていると初めて酔わないで現地まで行けました。
         *普段は乗り物内では飲み物でも飲むと数分後には吐いてしまう始末でしたが・・・。
        それ以来、自信がついたのか殆ど何に乗っても酔わなくなりました。
        更に自分で車を運転するようになってからは全く酔わなくなりましたね。
        只、臭いのきついバスにはトラウマがあって、やはり酔う場合がありますが、そんなに酷くはなりませんです。
         但し、船だけは、あの波に揺れる動きには慣れずに酔ってしまいますが・・・。

      • マルヤマ コウジさん
        こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!
        乗り物酔い克服されたのですね!
        うらやましいです〜。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中