いのサンデー ~ フタが飛ぶ!?ドキドキハラハラ5分間 の巻~

title_inosunday_280x06

こんにちは、いの です。

この度、わが家のキッチンに強力な新人が登場しました。

「便利だから!」
「米もすぐ炊ける!」

料理好きの友人たちから猛烈なプッシュを受けて、満を持しての登場です。
その名は圧力鍋。

s-20160227_090646

「本当に使いこなせるのか?」
「宝の持ちぐされじゃないの?」

というもっともな意見が飛び交うなか、ひたすら取り扱い説明書を熟読する私。
そして放り投げる私。
『○○すると危険です』『○○はしないでください』
などなど、やたらと注意事項がたくさん書いてあるので、すっかり怖気づいて
しまいました。

「そういえば使い方間違えるとフタが飛ぶって聞いたことあるし!」
「最近のは大丈夫だから!」
「飛んで来たら避けろ!」

たかが圧力鍋、それど圧力鍋。
友人たちの適当な声援に後押しされて、まずは一番簡単そうな白米を炊く
という行為にチャレンジしてみましたが、気分は料理というよりすでに
アトラクションです。
圧力鍋に米と水を入れ、沸騰したら弱火にして5分加圧、そして火を止めて
10分蒸らす。
たったこれだけの簡単作業なのに、ただよう緊張感。
万が一、フタが飛んだ時を想定してキッチンの周囲から割れそうなものは
完全撤去。
そうして鍋の前でひたすらじっと見守っていたんですが、私は早々にあきらめて
いました。何故なら加圧したら持ち上がるはずのロックピンがちっとも
持ち上がらなかったからです。
どうしようお米ムダにしちゃったかも、としょんぼりしながらフタを開ける
と!なんと!

s-IMG_20160306_141501

炊けてました!
そこには見事にふっくらごはんが光り輝いていたのです!
炊きたてごはんがあまりに美味しかったので一気に2杯たいらげながら
次は大好きな豚の角煮にチャレンジしてみよう、と決意する私なのでした。
食欲は人を突き動かす立派なエネルギーですね。
(とはいえ、ロックピンが正しく作動しない謎は早めに解決したいです。)

それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中