いのサンデー ~ 野菜という名の野菜 の巻~

title_inosunday_280x06

こんにちは、いの です。

世の中に「野菜」はいったい何種類くらいあるのでしょうか。
気になって調べてみると、世界には約800種類。日本で流通しているものに
限ると、野菜とくだものを合わせて約350種類だそうです。

そんなある日、八百屋さんの店頭で私は気になる野菜と出会いました。
それがこちら。

1

「野菜」。確かにそう記してあります。
まれに、まだ正式名称が決まっていないものを「野菜」というラベルで
販売することもあるそうでですが、今回に限ってはたまたまお店の方が
正式名称でのラベルを作らなかっただけだと思われます。
なぜなら、この野菜には「ロマネスコ」というその姿にふさわしい
優雅な名前があるからです。

2

数年前から何となく名前を聞くようになった、奇妙で美しいこの野菜。
ブロッコリーやカリフラワーの親戚みたいだなあ、と思っていたら、案の定
カリフラワーの一種でした。なんでも、味はブロッコリーに近く、食感は
カリフラワーに近いんだとか。
ややこしい。しかし美しい。
思わず写真に撮りたくなる佇まいです。

4
3

ロマネスコの特徴として、花蕾がフラクタル形状をしていることが挙げられ
ます。骨の髄まで文系な私では上手に説明できませんが、要するにその物体を
拡大して見ても、縮小して見ても同じ形が現れる、ということだそうです。

5

確かに。細かい所までちゃんとロマネスコ。
あまりにも芸術的なので、しばらく部屋に飾っておきたいくらいですし、
実際飾っていたという友人もおります。
が、野菜はやはりきちんと食べてこそその価値が分かるというもの。
カルシウム、鉄分、ビタミンCなどが豊富で、美容にもいいというスグレモノな
ロマネスコをとりあえず茹でました。

凝った調理が出来ないからじゃありません。素材本来の味を存分に味わうため
です。・・・嘘です、一番楽な方法を選びました。

6

イタリアではパスタの具材にするのが一般的だそうですが、今回は軽く
塩茹でしたものをぱくり。予想通り、ブロッコリーとカリフラワーの間の
ような味でした。ほのかに苦く、青く、春っぽい味。
見た目の美しさだけでなく、ぽりぽりとした食感も面白いので、食卓にあると
うれしい一皿になりそうです。
皆さんもどこかでロマネスコに出会ったら、ぜひ一度食べてみてくださいね。

それでは、また来週。

 

いのサンデー ~ 野菜という名の野菜 の巻~」への2件のフィードバック

  1. これは、出始めのときから仕事場で使っていました。
    呼び名はカリッコリーでしたが、私はナメック星と呼んでいました

  2. 偶然にも最近、ベーコンとソテーしていただきました。
    味は、ブロッコリーとカリフラワーの間でしたね(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中