いのサンデー ~ 寅年の女、卯年の男 の巻~

title_inosunday_280x06

 

こんにちは、いの です。

先日、実家に帰省しておりました。
帰省中、私が寝るのは客間なんですが、この客間には床の間があります。
そして、この床の間には掛け軸がかかっています。

今回、この掛け軸が父によって新調され、大変インパクトのある図柄になって
いました。
それがこちらです。どん!

20150529_233451

「どうだ!」
「虎だね」

どこから見てもこちらを睨んでいるように見える『八方睨みの虎』という
ものだそうです。
得意げな父に対して、つい素っ気ない態度を取ってしまったのは
(この虎に睨まれながら寝るのか・・・)と思っていたからに他なりません。

一日に千里を行き、千里を帰る事ができると言われている虎は、掛け軸の
図柄としてはおなじみで、家内安全や魔除けの効果があるんだとか。
確かに、この眼力で睨まれると悪いものや泥棒もシュッ!と逃げてしまい
そうです。

「なんで虎なの」
「父さんの母さんが寅年だったり、仲の良い叔母さんも寅年だったり、何かと
寅年の女の人に縁があるから買ってみた」
「そういう父さんは卯年だよね」
「だから虎に食われちゃうんだよなあ」

しみじみとそう呟く父の趣味は園芸や絵画収集、茶道など、どちらかといえば
はんなりした優しいイメージのものばかりです。
そんな父に似なかったことが、いまだに悔やまれてなりません。

ちなみに、この虎の掛け軸の下にはこんなものも置いてあります。どん!

20150530_223524

鷹なのか鷲なのか、はたまた鳶なのか。
正体は聞きそびれたので分かりませんが、こちらもなかなかの迫力です。
いっそ玄関に置いてある木彫りの熊(かつてお土産として一世を風靡した
鮭をくわえているアレです)も持ってきて並べてしまえば、魔除け効果が
いっそう増すんじゃないかと思いました。

それにしても、実家っていろんなものが置いてありますよね。
いまのところ、実家にある置き物ランキング(いの調べ)で堂々第1位は
木彫りの熊なんですが、みなさんのお宅はいかがでしょうか?

それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中