いのサンデー ~ 捨てる神あれば、拾う神あり の巻~

title_inosunday_280x06

 

 

こんにちは、いの です。

よく晴れた土曜日。私は電車のホームで立ち尽くしていました。
目的地を目の前にして人身事故が発生、電車が運転見合わせになって
しまったのです。振替輸送も行われていましたが、私が下車したい駅は
その路線が運転を再開しないことには辿り着けず、再開までには1時間近く
かかるというアナウンスが流れています。

どうしたもんか、と唸りながら、私は友人のひとりに連絡を取ってみました。

「かくかくしかじかで行き場を失っています。今日は何をしていますか」
『洗濯』
「そうか・・・」
『化粧して顔を作るからちょっと待ってくれ。○丁目のメガネ屋の前で
待ち合わせをしよう』
「!」

そんなわけで、途方に暮れていた私に差しのべられた手をがしっと掴み、
当初の予定を変更して公園で昼寝&読書をすることになりました。
幸いこの日は日差しもあたたかく、むしろ真夏のように暑く、絶好の
ピクニック日和。
待ち合わせ場所にさっそうと自転車で登場した友人は、レジャーシート、
その上に敷くブランケット、昼寝用の枕に読書用の文庫本まで担いできて
くれたのです。

そして、向かった先は新宿御苑。
1万本を超える様々な木が生い茂り、春の桜をはじめとした四季折々の自然が
楽しめる都会のオアシスです。この日もご家族連れや海外からの観光客など、
多くの人々でにぎわっていました。

20150502_155524

なるべく人がいないエリアを探して広い園内をうろついた結果、小さな
白い花が咲く木の下に陣取ることに。

20150502_133652
20150502_154021
20150502_154045

寝転ぶと同時に昼寝を始める友人の隣りで、私は貸してもらった本を
ぺらぺらとめくり始めました。
心地良い風が吹く木陰、さらに頭上の白い花からはなんともいえない甘い香りが
降ってきます。なんというぜいたくな読書でしょうか。
読んでいたのは爆笑エッセイでしたが、シチュエーションがあまりにも優雅
だったので、大笑いはひっそりと心に秘め、粛々と読書を楽しませていただき
ました。

20150502_133706

しばらくして昼寝から目覚めた友人が

「こんな休日で良かった?」

と聞いてきましたが、答えはもちろん

「いい休日だった!」

の一択。
屋外で過ごすのが特に気持ちいいこの季節。
芝生の上での読書にすっかり味をしめた私は、数日後に別の公園の芝生の上で
開催されていた読書イベントに、いそいそと足を運んだのでした。

20150504_124653
20150504_125022

皆さんも初夏のひととき、緑がまぶしい公園に足を運んでみてはいかが
でしょうか?

それでは、また来週。

いのサンデー ~ 捨てる神あれば、拾う神あり の巻~」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中