いのサンデー ~ 幸運を招く鳥「うそ」って? の巻~

title_inosunday_280x06

 

こんにちは、いの です。

幸福の象徴としておなじみの鳥といえば『青い鳥』。
童話に出てくるこの青い鳥は、あちこち探し回った結果、自分たちのごく身近な
所にいたというオチですが、私もつい先日、身近な所で幸運を招く鳥を
見つけました。そして手に入れました。

今回はそのお話をしようと思います。

まず、私には鳥好きの友人がいます。
オカメインコ2羽、ヨウム1羽と暮らす、鳥を愛してやまない友人は
『鳥』と名の付く場所やイベントにしょっちゅう足を運んでいます。
そんな彼女と遊びに行く相談をしていた際、こんなことを言われました。

「そういえば、『うそ鳥』もらいに行ってみない?」
「うそどり?」

うそ。漢字で書くと『鷽』。
そんな名前の鳥がいるんだそうです。
画像検索をしてみると、ちいさくてまるっこくて、大変可愛らしい鳥です。

「いやでも、もらっても飼えないし…」
「本物の鳥じゃなくてね、木彫りのうそを使った『鷽替え』っていうのが
あるんだよ」

この『鷽替え』は、太宰府天満宮をはじめ、学問の神様として有名な
菅原道真を祭る神社で行われる神事のこと。
詳細は神社によって異なるようですが、基本は前年授かった木彫りのうそ鳥を
翌年新しいものに取り換えるというもの。
昨年あった悪い事を今年の吉事に取り(=鳥)替えて、悪いことは嘘(=鷽)に
してくれるという、なんとも洒落っ気のある行事です。
また、もともと鷽という鳥は、古くから幸運を招く鳥として愛されているんだ
とか。

そんなわけで、うそ鳥を求めて亀戸天神に行ってきました!
亀戸天神ではこの神事が毎年1月24、25日に行われています。

20150124_162858

到着したのが夕方だったんですが、境内にはうそ鳥を手に入れるための列が
まだだいぶ長く伸びていました。しかも、小さなものから大きなものまで
合わせると全部で11種類もあるうそ鳥は、一番小さな懐中用のみ残して
すべて完売!

20150124_160452
※並んでいる間にもどんどん売り切れていきました

友人曰く、毎年少しずつ大きなうそ鳥に取り替えていくんだそうです。
今回が初めての私は懐中用からスタート。

20150130_110735

こんなに小さくてもきちんと彩色されて、可愛いうそ鳥です。
なんと、ひとつずつ手作りなので、表情がちょっとずつ違うんだとか!
いっしょに過ごしたら愛着が湧いて、来年取り替えるのが惜しくなって
しまいそうです。
一年間よろしくお願いします、と念じながらそっと財布に忍ばせました。

20150124_162831

それでは、また来週。

いのサンデー ~ 幸運を招く鳥「うそ」って? の巻~」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中