いのサンデー ~ むしろメガネが本体 の巻~

title_inosunday_280x06

こんにちは、いの です。

現在、絶賛風邪っぴきなので、仕事中はマスクを着用しています。
マスクをした状態でメガネをかけると、どうしてもレンズが曇ってしまうので
泣く泣くメガネを外した状態で働いています。
私自身はメガネがなくても特に仕事に支障はきたさないのですが、どうやら
周囲はそうもいかないようで、ちょっとした混乱を招いてしまいました。

それは、社外から私宛ての電話がかかってきた時のこと。
電話を受けた新卒の子はいつものように、私の座席付近までやってきました。
そして、

「あのー、いのさんに○○社の方からお電話なんですけど、いのさんは
今どちらでしょうか?」

と、言ったのです。私を目の前にしながら。
ポカンとする私。笑い出す隣の席の同僚。そして同じくポカンとしている新卒。
私は祈りを込めて、その新卒の目をじっと見つめました。

「いの・・さん・・・?」
「そうです」

途端にあわあわと慌てて電話があったことを繰り返す新卒にほほえみながら
(マスクに隠れて見えなかったと思いますが)、電話に出た私の胸には
ひとつの確信が生まれていました。

メガネがないと気付かれない。

顔の下半分をマスクで覆っていたのもありますが、やはり普段メガネを使用
しているとその印象が強くなってしまうのでしょう。
以前も、同僚の結婚式に出た際、ノーメガネでバッチリメイクをしていたら
毎日顔を合わせている同僚たちに素通りされた経験があります。
あの時ヘアメイクを担当してくれた美容院のお姉さんの腕は素晴らしかった。
自分で再現できないのが口惜しくてなりません。

最近は、メイクで憧れの有名人顔になれちゃう「ものまねメイク」なんてのも
流行っていますが、本当に顔はキャンバス。絵を描く要領であれこれすれば
なりたい顔になるのも夢ではありません。
周囲を見渡すと、やはり絵の上手な子はメイクも上手な率が高い気がします。
学生時代、美術の成績が2だった私からすると、羨ましいかぎりです。

そんなわけで、風邪が治ってしまったら、メイクが手抜きでも許される
楽なマスク生活とさよならしなければならないのが、寂しくて仕方ないの
でした。

それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中