いのサンデー ~ くぐって、食べて、厄払い の巻~

title_inosunday_280x06

こんにちは、いの です。

6月もそろそろ終わりですね。
つまり、今年も半分終わってしまうということです。
よーし後半戦もがんばるぞー!と拳を高く突き上げたいのはやまやまですが、
半年分の疲れが梅雨のジメジメと共に押し寄せてくるのもまた事実。

そんな時は日本古来の方法で祓い清めてみるのはいかがでしょう?

みなさんは「夏越の祓(なごしのはらえ)」という行事をごぞんじですか?
この行事が行われるのは、1年の半分にあたる6月の晦日(30日)。
日本各地、特に京都の多くの神社では「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が
行われます。
神社によって多少、作法は変わるそうですが、茅の葉を編んで作られた
輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に3度くぐり抜けるのが
一般的とされていて、これによって罪やけがれが取り除かれ、心身共に
清らかになるとされています。

輪をくぐる時には

「水無月の夏越しの祓する人は、ちとせの命のぶというなり」

という歌を唱えるところもあるそうです。
健康で長生きを願うのは昔から変わらぬ人々の願いなんでしょうね。

さて、この「茅の輪潜り」の他にも「夏越の祓」の日に欠かせない習慣が
あります。それは「水無月(みなづき)」という和菓子を食べること。
暑気払いの氷をあらわす三角形のういろう生地の上に、悪霊払いの意味を持つ
小豆が乗った「水無月」を食べることによって、夏の暑さを乗り切り、
無病息災を願うそうです。
関東圏で暮らしているとあまりなじみのない習慣なのですが、関西育ちの
友人に聞くと「毎年食べてるよ」と当たり前のように返されました。

というわけで、便乗できるものはしておこう、とばかりにデパ地下の
和菓子コーナーをうろうろした結果、見事発見!

IMG01293~07

IMG01295~02

季節感を重んじる和菓子の世界。この水無月も毎年この時期しか発売されず、
なかには「店頭に並ぶのは6月29と30日だけなんです」というお店も。
ちょっと前倒しではありますが、せっかくなので職場のおやつタイムに
同僚たちと仲良くいただきました♪

白いういろう生地をベースにしたものが基本のようですが、黒糖や抹茶、
栗などを練り込んだ生地の商品も増えているようです。
みなさんもお近くの神社で茅の輪を、そしてお近くの和菓子屋で水無月を
見付けたら、半年分の厄払いの意味を込めて、「夏越の祓」に参加してみては
いかがでしょうか?
気持ちをシャキッと入れ替えて、今年の後半も健やかに過ごせますように!

それでは、また来週。

いのサンデー ~ くぐって、食べて、厄払い の巻~」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中