いのサンデー ~ 猫も杓子もれりごーれりごー の巻~

title_inosunday_280x06

 

こんにちは、いの です。

ある日の夜、会社からの帰り道でのこと。
ヨーグルトとキムチと納豆を買って帰ろう、と思いながら私がてくてく歩いて
いると、自転車に乗った女子中学生(推定)とすれ違いました。
時間からして塾の帰りかなあ、遅くまで大変だなあ、と勝手に感心していると
夜の闇を縫って澄んだ高い声が響きます。

「れりごーれりごー!」

軽快に自転車をこぎながら、彼女は歌っていました。
そう、いま大ヒット中の映画「アナと雪の女王」の主題歌『Let It Go』を。
そして、高らかに歌い上げながら去ってゆく彼女を見送った私の脳内でも
演奏がはじまってしまった「れりごーれりごー」の旋律。
ああっ伝染した!と内心たじろぎながらも、ふんふんと小さく鼻歌を
歌いながら帰路についたのでした。

さて、みなさんは気付くと歌っている、という経験はありますか?
周囲を見回してみると、仕事中に小さくハミングしている同僚もいれば、
会社の近くで大声で熱唱しながら歩いているのを目撃された同僚もいます
話を聞いていると、一番多いのは風呂場で湯船につかっているとついつい
気持ち良くなって歌ってしまう、という人でしょうか。
お風呂場で歌うとなんとなーく、いつもより上手に聞こえますもんね。

歌うぞ!と思って歌っている時と比べて、やっかいなのが鼻歌です。
自分でも気付かぬうちにこぼれているので、周囲に指摘されてハッとなる
こともしばしば。
しかも鼻歌って、よくよく考えると同じ歌ばかり歌っていませんか?
私が友人から指摘されたのは、こちら。

「君は機嫌がいいと“ダース・ベイダーのテーマ”を口ずさんでるよね」

人気の映画シリーズ『スター・ウォーズ』に登場する、いわゆる悪役のテーマ
ソングなんですが、それをふんふんと歌っているというのです。
我ながら謎なチョイスです。
繰り返し歌ってしまう歌には何かしらの思い出がある場合が多いそうですが、
私自身、『スター・ウォーズ』をちゃんと観たことはまだありません。
それなのに、ああそれなのに。
ご機嫌な私の波長と、低く重厚感あふれるダース・ベイダーのテーマが
どうシンクロしたのはわかりませんが、「あ、また歌ってる」という指摘が
回を重ねるごとに開き直り、最近では堂々と口ずさむようになりました。
口ずさむといっても歌詞がある訳ではなく、しかもほんの2フレーズ部分しか
知らないので、

「ふーんふーんふーん、ふふふーんふふふーん♪」

というのをひたすら繰り返すだけなんですが。
少なくとも私はなんだか朗らかでリズミカルに歩きたくなるメロディだと
思ってます。

みなさんも、気付くと歌ってしまうお気に入りの歌ってありますか?
何がキッカケでその歌をリピートしているのか、どんな思い出があるのかを
考えてみると面白いかもしれませんよ。

それでは、また来週。

 

いのサンデー ~ 猫も杓子もれりごーれりごー の巻~」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中