いのサンデー ~ 良く着る服はどんな色? の巻~

title_inosunday_280x06

 

こんにちは、いの です。

「いつも服がカラフルですね」

同僚からそんなことを言われました。
別の日に、別の同僚からは、こんなことを。

「よくカラシ色の服を着てますよね」

試しに先週着ていた服の色を振り返ってみると、赤、ピンク、水色、黄、青。
確かにカラフルです。
しかし、私のワードローブがこんなにカラフルになったのは大人になってから。
子どものころは、決まった色ばかりを着る毎日でした。

とにかく赤い色が好きだった子ども時代。
当時の服を思い返すと、赤やピンクの服がとにかく多かった気がします。
お正月やお盆休みに親の実家に帰省する時など、ここぞ!というお出かけの時に
決まって着ていたワンピースも真っ赤でした。
おかげでその服を着て写っている写真の多いこと!
ほかに服がなかったのでは、とうっかり錯覚してしまうほどです。

選ぶ服の色でその人の性格や深層心理がわかる、なんて言われますが
それによると、赤を選ぶ人は「外交的、社交的、積極的、活発」。
元気になりたいとき、自信を持ちたいとき、などに選ぶ色なんだそうです。
いつも通知表に「もっと発言しましょう。授業中に手を挙げましょう」と
書かれ、どちらかといえば人見知りだった私ですが、実は当時からやんちゃな
要素を秘めていたということでしょうか。
もしくは、そうなりたい!という気持ちのあらわれだったのか・・・。

さて、それを踏まえての現在。
最近、服を買う時の基準が“なるべく着たことのない色を着よう!”なので
クローゼットの中が日に日にカラフルになってゆきます。
そんななかでも特にお気に入りの色が、黄色。
この黄色ですが、コミュニケーションカラーと呼ばれおり、気持ちが開放的に
なり人との距離を近付けてくれる色なんだとか。
営業や接客業など、人と触れ合う機会の多い方におすすめの色のようです。
以前に比べると人と会う機会が格段に増え、交友関係もぐんぐん広がっている
ので、無意識にその気分に合う色を選んでいたのかも?

服の色は着ている本人だけでなく、見る人に与える印象までも変えてくれる
もの。その日の気分に合わせてあれこれ選んでみるのも面白いですね。

あなたが今日着ている服は何色ですか?
お気に入りの色がどんな意味を持っているのか、ぜひ調べてみてくださいね。

それでは、また来週。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中