【ECナビ募金】フィリピン中部台風 被災地支援活動について

こんにちは、「ECナビ」です。
いつもご利用ありがとうございます。

昨年11月8日、フィリピン中部を通過した大型台風30号の影響で、
被災者数1,400万人以上にのぼる甚大な被害が発生しました。

Liz%20photo%20045

被災直後のレイテ島タクロバン市

ECナビでは被災地における救援活動を支持するため、
ECナビポイントによる募金を行い、みなさまからお寄せいただいた
募金ポイント17,558,505 pts.(1,755,851 円)を、
公益社団法人Civic Forceを通じて寄付させていただきました。

ご協力いただき、誠にありがとうございました!

■ECナビ フィリピン台風被災地支援のポイント募金報告
https://ecnavi.jp/phl_bokin/

今回は、みなさまからお寄せいただいた募金が、どのような形で支援活動に
活用されているのかをご紹介したいと思います。

Civic Forceは、台風の発災直後から緊急支援物資の配布を行い、
現在では現地の人々の生活再建をサポートする取り組みを実施しています。
東日本大震災で培われた経験とネットワークを活かして迅速かつ的確な支援を
行う姿勢に共感し、ECナビでは募金の寄付先として選ばせていただきました。
まず、台風の発災直後、Civic Forceはフィリピンのパートナー団体と協力し、
被害の大きかったフィリピン中部のレイテ島などで緊急支援物資(食料品、生活物資のパッケージ)
の配布等を行っていました。

Liz photo 080

今回の台風の被害は大きく、家々が破壊されたばかりでなく、主要な産業である農業への被害も深刻で多くの農家が農具や作物、次作用の種子などを失ってしまいました。
借金をして次作用の種を購入し、なんとか農業を続けている人がいる一方、
すべてを失い未だに作物の種を植えることができない人もいます。

発災から約4ヶ月たったいま。
Civic Forceでは被災地の農業再開を支援するため、現地のニーズ調査に基づき、
次作用の稲や野菜の種とあわせて、農具なども農家の皆さんに届ける活動を行っています。
農業の再開や安定した収入の確保は、現地の人々がこれから生きていくために
欠かせないものです。

配布したコメや野菜の種

■「子どもに新鮮な野菜を食べさせたい」、ランギット地区に野菜の種を配布
http://www.civic-force.org/news/news-1336.php

復興にはまだまだ時間がかかり、さらに台風銀座と呼ばれるフィリピンには
毎年台風がやってきます。

■台風銀座のフィリピン、「今後被害を最小限にするために」
http://www.civic-force.org/news/news-1332.php

今後の被害を最小限にするために、また人々がこの土地でしっかりと生きて
いくことができるようにするために、常に支援のあり方を検討し、見直しながら
活動を継続していくCivic Forceを、ECナビは今後も応援していきます。

この度は募金へのご協力、本当にどうもありがとうございました!

Civic Forceのくわしい活動内容については、ぜひ下記サイトをご覧ください。

災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)
http://www.civic-force.org/

【ECナビ募金】フィリピン中部台風 被災地支援活動について」への1件のフィードバック

  1. みんなこんなめにあって大変だと思います災害がいかにおそろしか目に見えてわかるようです地球温暖化のせいなのかこんなことが世界中でおきる様になりた。n世界中の人が自分の事だけを考えずにかんきようもんだいをかんがえるべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中