いのサンデー ~ 豆大福はみんなの心をひとつにする の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 豆大福はみんなの心をひとつにする の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  こんにちは、いの です。

  昼休みまであと5分。
  腹の虫がぐーぐーとやかましく鳴き始めるその時間に、私はとある集計を
  していました。

  「希望の方は5分以内に私に連絡ください」
  「1個…いや、2個!」
  「5個ください」
  「じゃあ1個お願いしようかな」

  希望者と個数をしっかりメモして私が向かった先は毎度おなじみデパ地下です。
  食いしん坊はデパ地下という場所が大好きなのです。
  この日の目的地はデパ地下の一角にある、諸国銘産売場。
  日本全国から選りすぐられたおいしいものがずらりと並び、ふらふらと見て
  回るだけで北から南まで、水戸黄門ばりに諸国を漫遊できる魅惑のエリア。
  そのなかでも、この日私が一直線に向かったのは、日替わり特選銘菓コーナー
  でした。曜日・日付限定で様々なこだわりの銘菓が全国のあちこちからやって
  きてくれるのです。会いに行けるアイドルならぬ、すぐ買いに行ける銘菓。
  秋田の金萬も、山形の冨貴豆も、長野のどら焼きも、大分のざびえるも!

  そしてこの日のお目当ては、豆大福。
  お餅に赤エンドウや大豆を混ぜ込んで作る豆大福は、和菓子のなかでも
  私が特に愛する一品です。ウチの母も豆大福やら豆かんやら、要するに豆が
  好きなので、よくお土産に買ってきてくれたのですが、おかげで娘もすっかり
  豆好きに成長しました。
  そんな私が大好きな、原宿にある瑞穂というお店の豆大福が、昼休みに行ける
  距離のデパ地下で週に2回取り扱われていると知った時の喜びといったら!
  豆大福好きなら避けては通れない名店の味を同僚にも知らしめるべく、私は
  進んでお遣いを名乗り出たというわけです。

  十勝産小豆で作ったこしあんと、富良野産の赤エンドウを使って作られた
  瑞穂の豆大福の魅力を同僚のムラコさんに聞いてみると、

  「豆も餅もむちむちしてて、口に入れると歯触りがいい。
   あんこはスッキリと甘すぎないこしあんで、餅の厚さと絶妙に合う」

  とのこと。さすが私に負けず劣らず豆大福を愛するムラコさん。
  ちなみに迷わず私に「5個買ってきて」と頼んだのは、何を隠そう彼女です。

  そんなわけで、この日のおやつはみんなで仲良く豆大福。
  ティーバッグですがお茶も淹れて、仕事の合い間にほっと一息。

  もちもちです。

  「うまい、うますぎる」
  「笑っちゃうくらいにおいしいなあ」
  「しあわせだねぇ」

  美味しい豆大福でひとつになった我々のこころ。
  午後の仕事がよりはかどったことは言うまでもありません。
  次は春らしく桜餅の買い出しに出かけてみようと思っています。

  それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中