いのサンデー ~ 魅惑のまかない飯 の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 魅惑のまかない飯 の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  こんにちは、いの です。

  それはとある日のとある街。冷え込みがぐんと厳しくなってきた冬の夜のこと。
  演劇好きの友人と連れだって今年の初観劇を終えた後に、滑り込んだ
  お好み焼き屋さんのカウンターでのできごとでした。

  目の前の鉄板で暖を取りながら、まずはぷりっぷりのイカやエビがたっぷりの
  広島ネギとゆずポン酢と共に焼かれていくのを眺め、味わい、舌鼓!
  続いて具だくさんの麺入りお好み焼きなどをいただきながら、観てきた
  ばかりの舞台の感想や近況を語り合っていると、店員さんが鉄板の隅で
  通常の3倍以上はありそうな、驚くほど巨大なお好み焼きを作り始めたのです。
  時計を見れば、閉店まであと30分足らず。この日残った材料をふんだんに
  使って作られたそのお好み焼きの正体は、そう!“まかない”でした。

  麺入りお好み焼き

  “まかない”とは、飲食店において従業員用の食事として作られる料理のこと。
  残り物などを使って手早く、美味しく作られるまかない料理のなかには、
  お客さんの要望によってメニュー入りを果たす人気作も少なくないとか。
  実はオムライスやチキン南蛮、天むすやつけ麺なども、もともとはまかない
  だったそうです。さらに今では「まかない飯グランプリ」というイベントも
  開催されるほど注目を集めている存在のまかないですが、何を隠そう私も
  かつてバイトしていたレストランのまかないが大好きだったんです。

  私が人生初のバイト先として選んだのは、自宅の近所にあった家族経営の
  地域密着型レストラン。メニューには中華と和食が混在して並び、厨房には
  それぞれを担当するこわーい顔のおじさん達がいらっしゃいました。
  いつも険しい顔で、休憩時間にはスパスパ煙草を吸っている彼らと話したことは
  ほぼなかったんですが、それでも休憩時間に作ってもらったまかないの
  美味しさは今でも記憶に残っています。
  なんてことはない焼き餃子や中華丼だったんですが、どれもこれも胃袋に
  ガツンと来る味だったんですよねえ。特に餃子!パリッパリの皮に肉汁
  あふれるジューシーな餡・・・お店にお客さんとして来て注文した時よりも、
  なぜだかずっと美味しく感じたものです。おかげでバイトの日はいつも
  「今日のまかないは何かな~?」とウキウキしながら通ったものでした。
  食いしん坊の私にとっては、本当にいいバイト先でしたね。
  懐かしくなって調べたところ、残念ながら数年前に50年の歴史に幕をおろして
  閉店したそうです。閉店前にもう一度、あの餃子を食べたかったなあ。

  なんてことを、巨大お好み焼きを美味しそうに食べている店員さんと
  話しながら思い出した夜でした。

  それでは、また来週。

いのサンデー ~ 魅惑のまかない飯 の巻~」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中