いのサンデー ~ 都道府県ぜんぶ言えますか? の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 都道府県ぜんぶ言えますか? の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  こんにちは、いの です。

  同僚から「西郷せんべい」をいただきました。その名の通り、鹿児島が誇る
  偉人・西郷隆盛の姿をかたどったおせんべいなんですが、これが手のひらより
  大きいビッグサイズ!威風堂々とした立ち姿に歯を立てるのは心苦しいん
  ですが、思い切ってバリッとかじると、口のなかに広がるのはほのかに甘い
  懐かしい味。商品説明を見ると「はじめて食べる人でもなんとなく郷愁を
  感じるような素朴な味わい」とあります。まさにそのとおり。思えば、
  高校の文化祭で化学部が作ってくれたカルメ焼きもこんな味だったような。
  おぼろげな記憶だけをたよりに書いているので、自信はないんですが。

  

  さて、今回は日本の話をしようと思います。
  大きく風呂敷を広げましたが、もう少し説明すると、自分の居住区域から
  遠く離れている地方に対する認識ってどうなってるの?という話です。

  事の発端は、北海道出身の友人と旅行の計画を立てていたときのこと。

  「たまには四国とか行ってみる?」
  「四国って・・・何県があるんだっけ・・・?」

  私の提案に対して首を傾げた彼女に、地図好きの血がざわりと騒ぐ私。

  「ちょっと言ってみなさいよ、四国に何県と何県と何県と何県があるのか」
  「ええっと・・・四国ってからには4つだよ・・ね・・・?」
  「そうです」
  「・・・高松」
  「それは香川県の県庁所在地!はい、次!」
  「坂本龍馬がいたとこ!」
  「高知県な!」
  「みかん・・・・」
  「愛媛県!ポンジュースおいしいよね!ラストは?」

  うんうんうなってましたが、結局彼女の口から“徳島県”という単語は出て
  きませんでした。すみません、徳島の方々。すだち大好きです。
  今度の誕生日にはプレゼントとして地図帳を買ってあげようかしら、と
  おせっかいに燃える私に対して、彼女が言いました。

  「いやー内地(ないち)のことは難しくてねえ・・・」
  「内地?」
  「北海道弁で、北海道以外の主に本州のことを指します」
  「へー」

  確かに日本の北に位置する北海道からしてみれば、四国や中国、九州地方の
  都道府県はなじみが薄いのかもしれません。

  「中学の修学旅行で青森に行ったんだけど、あれがはじめての内地だったなあ」

  なるほどなるほど。そう考えると、日本のどの地方に住んでいる人間に
  とってもそれなりになじみがあるのは、修学旅行先として絶大な人気を誇る
  京都・奈良ということになるのでしょうか。

  

  先日、一緒にとんこつラーメンを食べに行った博多出身のギャル・ハコシが

  「関東の人は福岡も長崎もまるっとまとめて九州って言うけんね!」

  と憤ってましたが、正直そういうとこはあるかもしれません。
  全然ちがうのに~!と主張するハコシのためにも、いままで行ったことがない
  都道府県にも実際に足を運んで、その土地ならではの魅力を体感したいなあ
  と思う今日この頃です。

  結論、旅に出たい。

  今年はひとり暮らしをはじめたので毎年恒例の夏休み旅行に行けず、さびしい
  思いをしている いの がお送りしました。

  それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中