いのサンデー ~ 世界にひとつだけのかまぼこ の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 世界にひとつだけのかまぼこ の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  こんにちは、いの です。

  みなさん、練り製品はお好きですか。私は大好きです。
  おでんを注文するとき、ちくわとはんぺんは欠かせません。夕飯のおかずに
  さつま揚げがあるとテンションが上がります。
  というわけで、今回は「かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室」に参加した
  ときの様子をお届けします。好きが高じて、とうとう自分の手で練りに
  行ってしまいました!

  訪れたのは神奈川県小田原市。山と海に囲まれ、いまもなお城下町としての
  風情が色濃く残るこの地に、“かまぼこの里”があります。
  慶応元年に創業、2015年には150周年を迎える老舗・鈴廣が運営する
  “かまぼこの里”には、職人工房や体験教室、博物館やレストランなど、
  各種施設がぎゅぎゅっと集まっているのです。
  かまぼこ好きにはたまらない、まさに魅惑のテーマパーク!

  
  
  カラフルなかまぼこ、かわいいです。電車かまぼこはお子さんが喜びそう!

  ところで、そもそもなぜ「かまぼこ」という名になったのかご存知ですか?
  歴史上にかまぼこが登場するのは、平安時代初期。なんと千年以上も昔から
  愛され、食べ続けられているんです。美味しいですもんね!
  起源については諸説あるようですが、すりつぶした魚の身を鉾(ほこ)の先に
  つけて焼いたものがはじまりといわれています。形としては、ちくわに
  近かった元祖かまぼこ。これが植物の蒲(がま)の穂に似ていたところから、
  「がまのほ」と呼ばれ、いつしか「蒲」と「鉾」がくっついて、「がまぼこ」、
  そして「かまぼこ」になったんだとか。

  さてさて、そんなかまぼこ作りを実際にこの手で行うことができる体験教室。
  世間的には夏休みシーズンということもあって、参加者の大多数が親子連れ、
  メインは小学生らしきお子さんたちですが、堂々と混ざって作ってみました。

  

  まずは職人さんのお手本をじっと観察。流れるように半月型の美しい
  かまぼこを仕上げていくその手付きは実にお見事!あまりにもスムーズ
  なので、うっかり「あれ?これ簡単なんじゃない?」なんて錯覚を
  抱いちゃいました。案の定、錯覚でした。
  すり身をかまぼこ包丁を使って、練って、ならして、板に盛って。

  
  
  

  言うは易し、行うは難し。そんな言葉を身をもって実感するときが、
  人生のなかには時々訪れます。どうにかこうにかクリアしたかまぼこ作りの
  後に控えていたちくわ作り。これがまさしくそうでした。
  竹の棒にすり身を巻き付けるだけ。ただそれだけなのに、いつも見ている
  あのちくわの形にならないのは何故なのか。
  そうです、私が不器用だからです。

  「基本のやり方が難しいと思われた方、お子さんたちは手を使って作る方法も
   ありますからね~」

  スタッフさんは優しくそう言ってくれるのですが、無駄に負けん気が強いため
  いまさら後には引けず・・・。包丁を使って棒にすり身を巻き付ける方式に
  挑戦した結果、びっくりするくらい不格好なちくわを作り上げてしまいました。

  

  一緒に参加した友人の感想。

  「ちくわっていうか・・・鶏のささ身みたい」
  「・・・竹に巻いてあれば、見た目がどうでもちくわだもん・・・」

  そうです、大事なのは見た目じゃありません(いえ見た目も大事です)。
  体験教室後、約15分で焼き上がった出来たてアツアツちくわを、受け取った
  その場でぱくり!香ばしくて、弾力があって、魚の旨みがぎっしりみっしり!

  
  

  「焼いたらますます肉みたいになったね」

  なんて言われようとも、自分で作ったちくわの味は格別でした!
  一方、蒸し上がったかまぼこはお土産としてお持ち帰り。さっそく、その日の
  夕飯の食卓にご登場いただいたんですが、こちらも形は少々いびつだった
  ものの、いまだかつてない弾力の、非常に活きのいいかまぼこでした。

  

  出来たてのかまぼこってお口のなかで、あんなにも弾けるものなんですね。
  機会がありましたらぜひ、みなさまも出来たてかまぼこを味わってみて
  ください。ぷるんぷるんしてますから。

  あっという間に食べきってしまったかまぼこの美味しさが忘れられず、
  自分への遅すぎるお中元としてかまぼこを贈ろうかしら、と鈴廣さんの通販
  サイトを眺めながらうっとりする今日この頃です。

  それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中