いのサンデー ~「もうカーナビなんて信じない」と彼女は言った の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~「もうカーナビなんて信じない」と彼女は言った の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  みなさん、こんにちは、いの です。

  カーナビゲーション、通称「カーナビ」。
  自動車の運転時に現在位置や目的地までのルートを教えてくれるお役立ち機能。
  いつのころからか私たちの生活にひょっこりとその姿を現し、いまでは
  すっかりなくてはならない標準装備となっているカーナビですが、先日そんな
  カーナビへの信頼を失いかける出来事がありました。

  それは先週末、レンタカーを借りて友人と1泊2日の旅に出たときのこと。
  ペーパードライバーの私は助手席でおとなしくガイドブックとにらめっこ。
  魚のおいしいレストランや、評判の良い道の駅や、その他もろもろ
  おもにグルメスポットを探すのに一生懸命になっていました。
  ハンドルを握る友人は、「運転は好きだけど、そんなに得意じゃない」と言い
  つつも、お手本にしたいような丁寧かつ安全な運転ぶりで、私たちはすばらしく
  スムーズに目的地のホテルへと近付いていったのです。

  このままいけばチェックイン時刻の15時にちょうど到着するね、なんて言って
  いた私たちの頭上に暗雲が立ち込めはじめたのは、14時40分を過ぎたころ
  でした。カーナビが指し示す道をたどっていくと、なぜか車は田園風景の
  ど真ん中へ。気付けば普段は農家の方のトラックしか通らないような、細い
  あぜ道に突入し、おそるおそる進みながらも疑念は募るばかり。

  「本当にこの道で合ってると思う・・・?」
  「ホテルの場所を考えると間違ってはいないみたいだけど、ほかの道も
   あると思う」
  「そもそもこのナビ、ちょっと旧式じゃない?」
  「音声案内をほとんどしてくれないしね」

  レンタカーを借りた段階からひそかに不安に思っていたことが、ここにきて
  一気に爆発です。しかもゆっくり進んでいたにも関わらず、一瞬あぜ道から
  タイヤが落ちかけて、友人は半泣き状態に。

  「もうナビ信じない!あぜ道ムリ!大通り戻っていい?」
  「もちろん!戻ろう戻ろう!」

  頭上に広がる空はどこまでも青く、小鳥のさえずりが朗らかに響き渡り、
  目の前の青々とした田んぼでは稲穂がさわやかな風に吹かれて揺れています。
  “長閑(のどか)”という言葉を表現するのに、これ以上ふさわしい光景は
  ないでしょう。思わずカメラを取り出して構えたい衝動にかられましたが、
  隣で真っ青な顔をしながらがんばっている友人を見ると、のん気に撮影する
  のも申し訳ないので、そっと心のアルバムに焼き付けるだけに留めました。

  通りすがりの農家のおじさんに「助けてください!」とSOSを出したい
  気持ちをぐっとこらえながら、どうにかこうにか大きな通りに戻った私たち。
  そこからはスマートフォンで表示した地図を参考にしつつ、僭越ながら私が
  カーナビの代理として音声案内を務めさせていただきました。

  「次の道を右に曲がると、海岸沿いの大きな通りに出るみたい。そこからだと
   田んぼ通らずにホテルに到着できる・・・はず」

  土地勘のない場所だったので手探り状態ではありましたが、どうにかこうにか
  無事チェックイン時刻ぴったりにホテルに到着!
  後でホテルのスタッフの方に聞いたところ、確かに近道としてはあぜ道を通る
  方法もあるが運転上級者でないと辛い、とのことでした。

  「最短じゃなくて、安全なルートを教えてくれるカーナビがいいな・・・」

  悲痛な声でつぶやく彼女をねぎらいながら、翌日はカーナビに頼らず
  私がナビをがんばろう、とそっと心に誓ったのでした。

  ちなみにわが父の車にはいまだにカーナビが付いていないのですが、

  「一度通った道なら覚えてるからな!」

  と豪語する父の運転で、わりとどこへでもスイスイ行っております。
  ただ、たまに思いっきり迷子になるので、目的のお蕎麦屋さんにたどり着く
  までに小1時間を要したこともありましたっけ。
  カーナビは確かに便利ですが、頼りすぎるとあぜ道で立ち往生しちゃうことも
  あるので、みなさまもどうぞお気を付けくださいね。

旅の思い出。今回の旅先は千葉県館山市でした。旅行中はひたすら魚介三昧。
見事な金目鯛定食。

千葉県はびわの産地でもあるのです。そんなわけでびわソフト。
 

海は広いな大きいな。美しいエメラルドグリーンですね。

 それでは、また来週。

いのサンデー ~「もうカーナビなんて信じない」と彼女は言った の巻~」への3件のフィードバック

  1. よくあることですよ(T T) 
    お伊勢さんんへ初詣に行った時は新しい幹線道路が出来ているのに山中の旧道を指示され、おかしいなと思いつつもずーっと曲がりくねった山道を走っていたら坂を下ったところに雪の吹き溜まりがあって超低速なのにブレーキが利かず事故を起こし掛けました!
    遠出すると田舎のまっすぐな道を進むはずが曲がりくねって走らされたり、軽自動車がギリギリ走れるような狭い道(しかも住宅街)を指示されたり、家の近くまで帰ってきているのに「高速道路に入れ」の指示が出たりすることもありました。
    電話番号で入力するとどうやら移転したらしく全く違う場所へ案内されたことも・・・・
    それに前に走った場所(一時間位前にこの道で合ってるの?と不思議に思った場所)へ戻って来るように指示されたことも一度や二度ではありません><

  2. こんにちは、いのさん
    私の車のカーナビも最短距離で到着にすると、とんでもなく狭い道を案内します。
    地図データーが新車購入時のままなので新しくできた道を通ろうとすると抵抗します。
    お店の移転や廃業があると、お店の無いところに案内します。
    データーの更新は車検の都は二やってもらうので、まだ少し先です。
    最新型のカーナビは渋滞状況もチェックして早く着くルートを案内してくれるそうで、次はそういううタイプにしたいです。
    レンタカーを借りてカーナビを使う時はお店の人に初期設定にリセットしてもらうといいと思います。
    そうすれば、安心して走れる道を案内してくれると思いますよ。
    ではまた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中