ホンノムシ ~ 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! ~

こんにちは、コヒゲです。

今日紹介するのは、

  • 「寝る前とか、疲れた時に気軽に読める」
  • 「読んでいて楽しい」
  • 「それでいて役に立つ気がする」

と三拍子そろった一冊となっております。

■先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!

とある自然豊かな地方の大学。研究対象としての動物たちと、先生、学生たちが繰り広げるストーリー。やわらかいタッチで描いたエッセイ集。

知られざる動物たちの生態が、新鮮で面白いです。

タヌキって「ため糞」といって、一箇所に糞をするんですね。
で、タヌキたちはこの糞を通して情報交換をしていることまでわかっているそうです。
「お嫁さん募集」 も糞を通してしちゃうなんて、奥ゆかしく、おちゃめですよね。

やはりクライマックスは、シマリスが天敵のヘビをかじるという驚異的な行動でしょうか。
なぜそんなことをするの?

気になる方は本書を手にとってみて下さい!

ホンノムシ ~ 先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! ~」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中