ホンノムシ ~ 本屋のみやげ。 ~

こんにちは。ヒゲです。

ひとたび洒落た本屋なんかに入ると、見たこともない本への好奇心やお店の雰囲気にどっぷり酔いしれて
しまうもの。30分や1時間以上居てしまうことも日常茶飯事で、一度店を出てスマホでAmazonの値段を
調べてからまた店へ戻る、という必死な日も。

しかしながら、散々店内を物色した末に「特に買いたいものがない」ということも、よくありますよね。
帰ろうかどうしようか、店主との気まずいひととき。本屋でも、何屋でも。

そんなときにちょっとした雑貨とか小物を売っているお店はいいですね。特に文房具やポストカードは
値段も手ごろで、お土産の代わりにもなるのでついつい手が出てしまいます。

そんな流れで先日本屋で買ったのは、

メガネのしおり
めがね型のブックマーク(しおり)。

ハードカバーの文芸書にはほぼ必ずついている「しおり紐」も、文庫本の場合は「新潮文庫」と「星海社文庫」
にしかついていない、というのをご存知でしたでしょうか。参考書とか新書も同様に、ノーしおり。そんなとき
書店でもらえる紙のしおりでも十分ですが、いっそのことマイしおりを持つのもなかなか気分がいいですよ。
文房具屋やインターネットを覗いてみると、素材も形も実にさまざまなしおりがあって驚かされます。

■ECナビで掲載中の「ブックマーク(しおり)」はこちら(2/16現在たっぷり1,955件!)


今週はバレンタインがありましたね。
めでたくチョコレートをもらえた男性陣のみなさん、
ホワイトデーには洒落たしおりを贈ってみる、なんていかがでしょう。
ちょっと早いですが、参考まで。

それではまた来週。(ヒゲ)

ECナビで最新情報をチェック!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中