ホンノムシ ~ 寝る前に、読む。~

こんにちは。ヒゲです。

かばんに入っている小説を読みきらないまま、小説2冊とマンガ1冊と実用書1冊、計4冊の本を買ってしまいました。
Amazonで「中古品 ¥1より」という文字を見ては、すかさずクリック、そして注文、またクリック、また注文・・・
こうして本が溜まってゆくのです。

そうして溜まった本を読破してやろうと決め込み、先週末は朝からソファーに寝転がって読書に励んでいました。
こんな時間も贅沢だなぁと土曜の静かな朝に酔いしれていたら、1時間後、
熟 睡 
起きたら午後。よくあります、こういうこと。活字を追えば眠気に追われる、悲しい本の蟲です。

というわけで、

=本を読むと、寝つきがよい。(持論)

そんなカラクリを有効利用すべく、いつからか毎晩寝る前にはかならず活字を読むようになりました。
「背筋も凍るミステリー」や「号泣系恋物語」を読んでは逆に目も冴えてしまうので、
寝る前は心の落ち着く短編エッセイを。さらりと読める、1章が短いものがおすすめです。

▼ヒゲ愛読中の「寝る前に読む本」鉄板3冊

【左】 村上ラヂオ 村上春樹(著)

「柿ピー」「コロッケ」「うなぎ」など食べもの系多め。ほのぼの味わい深い短編50篇。
大橋歩さんのイラストも、ほのぼの。
⇒ECナビで「村上ラヂオ」を探す!

【中】  ビールの最初の一口 とその他のささやかな楽しみ フィリップ ドレルム(著)
日常の小さな幸せを集めたフランスの名作エッセイ集。
いかにもフランスなエスプリ気分に浸れます。
⇒ECナビで「ビールの最初の一口」を探す!

【右】 手紙 谷川俊太郎(著)
「手紙」というスタイルで綴られた、切なく深い哀愁の一冊。
エッセイではないですが、ときには詩集もよし。
⇒ECナビでは取り扱いがありませんでした・・・。ので、ぜひYahoo!オークションで。

夜のメールチェックは、エスプレッソ2杯分の不眠作用。」なんていう話を聞いたことがあります。
ギラギラ輝くパソコンや携帯電話は、夜更かしと不眠のもと。
布団が心地よいこの季節、みなさんも枕元にとっておきの一冊を置いてみてはいかがでしょうか。

それでは、また来週。(ヒゲ)

ECナビで最新情報をチェック!

ホンノムシ ~ 寝る前に、読む。~」への2件のフィードバック

  1. 本を読むと寝つきが良いという持論、同じです。私も毎晩ベッドの中で本を読まないと眠れません。自分だけの時間をもっている感じがしてほっとできます。

    • >前山さん
      コメントありがとうございます。ヒゲです。

      自分だけの時間。いかにもその通りですね。
      静かに本を読める時間というのも、一日の中でも結構少ないもので、
      僕も夜の読書タイムはちょっと贅沢な気持ちにすらなります。

      ともあれ、同じ持論をお持ちの方がいらっしゃるようで安心しました。(笑)
      また「こうすれば眠れる」という自分だけの習慣を持つことも、
      安眠には効果があるらしいですよ。

      引き続きこの冬もよい夜読書習慣を~。

      またコメントお待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中