モヤモヤ◆加湿空気清浄機が我が家にやってきた!

こんにちは!からあげです!

長らくの間、放置していたモヤモヤ家電のお時間です。
いつの間にか終了したと思った方も多いと思いますが、
モヤモヤ家電はこれからもゆるゆると更新されていきます。
いや、されていくといいなぁ。そんな感じです。




昨冬の終わり頃、長年使用していた加湿器が壊れたので、
今年も冬が全力を出してくる前に、加湿器を購入することが
からあげ家では決まっておりました。


さらに、どうせ買うなら花粉症にも効果的なやつ。
つまりは、加湿機能付空気清浄機。こいつしかない。
君に決めた!そのようにからあげは決めておりました。




で、ナビバリュー担当時代に得たニワカ知識をフル活用しつつ、
ECナビの空気清浄機の選び方を参考にしたりしながら、
悩んだ挙句、最終的に購入したのはダイキン うるおい光クリエール ACK70M-Wです。




シャープのプラズマクラスターシリーズと迷ったのですが、
プラズマクラスターは、花粉の舞い上がりを抑える方式なのに対して、
ダイキンは、集塵能力に優れ、花粉などを外部から取り込んだ空気を内部で分解・除菌する方式なところが、
なんとなく良さ気に感じたから。
・・・というか、
「光速ストリーマ」って機能名が必殺技っぽくてカッコイイ!
というのがリアルな決め手だと思います。

ちなみに、ダイキンには「うるおい光クリエール MCK70M」という製品もあります。
※からあげが購入したのは「ACK70M」です。


ACK70M」と「MCK70M」。型番が違うので違う製品!
・・・と思ったら、そんなことはなくて、
実はこの二つは同じ機能を持つ製品なんだそうです。
販売経路の違いで型番が分かれていて、Aから始まる方がぴちょんくんのお店用、
Mから始まる方が家電量販店用、なんだそうです。


同じ機能なら安い方がいいですよね?
ってことを価格を比較すると、、、


なんと!


1万円以上も違うぅぅぅ!!!!!

ACKとMCKの価格差
当然安かったACKの方を購入しました。
これこそ、家電量販店のお兄さんは教えてくれない(であろう)
ネットショッピングで得するムフフな情報ですぜ。ドヤッ!




そして、さっそく届きました!
我らが光速ストリーマくん。

ACK70M 外箱
想像していたより大きかったです。
大人の体操座りと同じくらいの大きさでしょうか。


ACK70M 付属品
空けてみました。
説明書とかもろもろ。あまり厚くないので操作も複雑じゃなさそうです。


ACK70M
さっそく取り出してみました。
ナイスな存在感。白くて素敵。白くて素敵。


ACK70M
横顔はこんな感じ。

ACK70M タンク
加湿用のタンクになってます。

ACK70M タンク
水を入れる口が大きいのは便利そうです。
おばあちゃんちの麦茶入れを思い出しますね。
これは一気に好感度が上がります。

ACK70M
もう一度正面から。
一方では魔の手が忍び寄っているようですね。

ACK70M
上からはこんな感じです。

チャーミングな感じでとてもかわいらしいです。
からあげにはこんな感じに見えます。


※からあげの妄想による勝手なキャラクター化です。当然、非公式です。
 ダイキンさん、もしこのブログを見てても怒らないでください。



あ、でも、

「光速」だから、本当はもっとこんな感じなんでしょうね。

・・・さて、お遊びはいい加減にしておいて。

最初にフィルターをセットする必要があるようです。
本体正面下から開けます。

ACK70M フィルター交換
ACK70M フィルター交換
思ってた以上に全体が開きます。
ヌードなストリーマくん。
ACK70M フィルター
分厚いフィルター。これがいろいろキャッチしてくれるんすね。
10年間交換不要らしいので、当分会わないです。さようなら。


セットが完了したので、早速電源をONにします。
中央に青い光が入るとウルトラマン(余裕ある時)みたいでかっこいいです。
ACK70M モニタ
左側でハウスダストの発生度合いが、右側でニオイの強さがわかります。
青色(正常)→黄色→赤(ダメな感じ)の順で表しています。まさにウルトラマンですね。


さて、
ニオイセンサーってどこまで敏感なんでしょうか?

そんな皆さんの疑問に答えるべく、簡単な実験をしてみました。





実験その1

粘り具合もいい感じ!
混ぜれば混ざるほど香りたつセクシーな納豆のオイニーに
ストリームくんも悶絶するのでは?

トライ!!


結果はブルー表示のまま。

ストリーマくんは納豆の香りを受け入れました。





実験その2
では、これはどうでしょう?

ピリっと辛い赤い奴。
刺激的な独特なオイニーが響くはず!


ということで、トライ!


結果はブルー表示のまま。

ストリーマくんはキムチも受け入れました。




実験その3
それでは、これはどうでしょう。

冬はやっぱりキムチ鍋!

おっっ!!



おおおぉぉぉっっ!!

真っ赤に反応しております!

おそらく、汁気×熱⇒水蒸気がニオイを強めたのでしょうか?
瞬時に反応しだしてゴォォォッと音を出しながらストリーマくんがテンパってました。

その後、5分程度で空気を浄化して青色に戻っていました。
確かに、いつも以上に部屋にニオイは残っていない気がしました。



さて、実験の結果ですが、ニオイセンサーが敏感かどうかはよくわかりませんでしたが、
きちんとニオイに反応するであろうことはわかりました。たぶん。


これから使い込んでいく中で効果を存分に発揮していってくれるだろうと期待しております。
加湿機能、花粉に対しての効果などもいつか報告できればと思っています。




あぁ、キムチ鍋がとても美味しかった。


以上、久々の更新となりましたが、モヤモヤ家電でした!

モヤモヤ◆加湿空気清浄機が我が家にやってきた!」への3件のフィードバック

    • sangoさん

      コメントありがとうございます!
      各社それぞれの機能と特徴があり、新製品もリリースしていますので、
      なかなか調べがいのある家電だと思います。
      是非、何を買ったか教えてください!口コミ投稿もお待ちしております!

  1. ピンバック: 揚げたて◆ECナビがスマホに対応したよ! « ECナビBlog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中