いのサンデー ~ 懸賞・フロリダ・卵焼き の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 懸賞・フロリダ・卵焼き の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは、いの です。
私が高校生のころ、母が1週間ほど家を留守にしたことがありました。
しょうがないので、その間は私が早起きして自分と弟の分のお弁当を作っていたのですが、料理上手の母の味に慣れた弟に「マズい」と言い放たれ、初日からやる気をなくしたのを覚えています。姉弟間の絆に亀裂が入ったその間、母はいったいどこへ行っていたのでしょうか?
答えはアメリカ。なんと彼女は、懸賞で当てた「フロリダ ディズニーリゾートの旅」に1人で意気揚々と出かけていったのです。子育てもひと段落した当時、余裕ができた母に訪れたのが空前の懸賞ブームでした。
懸賞情報が掲載された専門誌を買ってきては、片っ端から応募していたのですが、これがまあよく当たる!レトルト食品の新商品やよくわからないアーティストのCD、定番ともいえる映画の試写会などなど、小さなものから大きなものまで、しょっちゅう何かしらの当選賞品が届いていました。
そのなかでも最大の大物当選が、前述のフロリダ旅行だったのです。
そんな母の背を見て育ったせいか、私も人よりは懸賞に応募する機会が多いかもしれません。最近ではネット上で気軽に応募できるタイプの懸賞が増えていますが、もともと手紙を書くのが好きなので、ハガキでの応募は妙に心が躍ります。よく懸賞に当たるコツとして「商品の感想を書く」「イラストを入れる」「ハガキに折り目をつける」など、いろんなワザが披露されていますが、私自身の感想としては、自分とその懸賞との相性が良ければ当たるのかなあ、と思っています。
主催側が「この商品を食べてもらいたい」「この映画を観てもらいたい」と想定している層に該当していると、当たる率が高いんじゃないかなあ、と。
漠然としてますけども。
私自身がこれまでに当てた賞品のなかで、一番の大物は「選べるグルメカタログギフト」でしょうか。これは確かバイト先のスーパーに置いてあったハガキを使ってなにげなく応募したら、後日店頭に当選者として名前が貼り出され、非常に気まずい思いをしました。しかし買ったら数万くらいしそうな高級グルメを堪能させていただきました。こういう美味しい思いをしちゃうとやめられないんですよね、懸賞応募って。
ちなみに、私の作ったお弁当を酷評した弟もやがて大学生くらいになると、「姉が作ったチャーハンが食べたいなあ」なんて調子の良いことを言うようになりました。こんにゃろう、と思いながらもついつい作ってしまうのは、頼られると弱い長女の性(さが)です。
いまでも卵焼きを作ると、マズいと言われながらも、むきになって1週間お弁当に入れ続けたときのことを思い出します。あのころよりは料理の腕がちょっとは上達してるといいんですけど。
それでは、また来週。

いのサンデー ~ 懸賞・フロリダ・卵焼き の巻~」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いのさん、こんにちは。
    いのさんも懸賞好きだったんですね。
    私も懸賞生活に突入してから早20数年。
    当たらない年はないくらい、懸賞が日常になっています。
    私の当選のコツは「とにかく応募すること」、これに尽きます。さらに、ネットでの応募だと相性の良いサイトでは、一度だけではなく、何度も当たっているサイトもあります。
    ちなみに、現在家にストックされている珈琲とお茶菓子は懸賞当選品です。
    「そんなの、当たるまで待ってないで、買った方が早いのに。」と言われたこともありますが、応募する時のワクワク感と、当たった時の嬉しい気持ちには、勝てませんよね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中