いのサンデー ~ パーティードレスでかっ飛ばす の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ パーティードレスでかっ飛ばす の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは、いの です。
久々にバッティングセンターに行ってきました。しかも友人の結婚式に出席した後、2次会までの空き時間を使って。つまりパーティードレスで。
場違いに着飾ったスーツやドレスの集団の登場に、周囲のお客さんたちからは「あいつら何なんだ!?」という怪訝な視線を向けられましたが、当人たちはいたって本気、打つ気満々。なぜなら元野球部マネージャーにして、毎年甲子園まで応援にいっちゃうような野球好き女子が、颯爽と先陣を切っていたからです。
今回訪れたのは、バーチャル映像で映し出される人気プロ野球選手たちと対戦できるタイプのバッティングセンター。北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ選手や、埼玉西武ライオンズの涌井選手などの名前が書かれたバッターボックスのなかから好きなものを選んで入り、購入したプリペイドカードを機械に投入すると、各チームのエースの球がこちらめがけて勢いよく飛んでくるという仕組みです。
好みの急速や変化球の有無なども設定できるんですが、前述の野球女子はいつのまにかレンタル用の手袋まではめて準備万端。そして、
「ちょっとダルビッシュ打ってくる」
と言い置いて、ドレスの裾を華麗にひるがえしながらバッターボックスに入っていったのでした。言葉通り、次々とバットでボールをとらえていく男前な彼女に遅れを取りながらも、思い思いのボックスを選んで散っていく友人たち。そんななか野球との接点といえば、弟が小学生のころ地元の野球チームに所属していたというだけの私は、これがようやく人生2度目のバッティングセンター。しかしここまで来て1球も打たないのでは、女がすたります。えいや!と覚悟を決めてボックスに入り、球速をもっとも遅く設定してこわごわとバットを握ったのでした。
結論から言えば、「あれ?意外と当たる・・・」。
初心者設定にしたためか、これが意外と当たるし、飛ぶんです!さすがにホームラン賞と書かれた位置まで打ち上げることはできませんでしたが、1プレー20球のうち数球はなかなかステキな放物線を描いて飛んでいきました。
「当たるといいストレス解消になるんだよ」と聞いてはいましたが、まさにその通り。バットに球が当たり、それを打ち返すときの重みのある手ごたえはやみつきになりそうです。
今度は元野球少年の弟にバッティングのアドバイスを聞いて、再挑戦してみようと思います。
そのときはもちろん、ハイヒールではなくスニーカーで。
それでは、また来週。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中