いのサンデー ~ それゆけ台湾珍道中 前編 の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ それゆけ台湾珍道中 前編 の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは、いの です。
今回の発端は、昨年のクリスマスイブに届いた友人からのメールでした。
「来年3月、台湾ツアー予約したから一緒に行こう!」
メリークリスマスの一言もなく、ただそれだけが記されたメールの文面を眺め、私が呆然としたのは言うまでもありません。そんなわけで、半ば強制連行ではありますが、二度目の台湾旅行に行ってきました!
一昨年、母と訪れた前回の台湾旅行は、ひたすら観光地のはしごをするみっしりなツアーだったんですが、今回はほぼフリープラン!何をするのも自分たち次第!直前までろくに下調べもできなかったのでで、家を出る前の2時間くらいで慌しく情報収集するというドタバタっぷりでしたが、行ってしまえば何とかなるもの。羽田空港から早朝便での出発だったので約3時間半のフライトを終えて現地に到着し、ホテルにチェックインしても時刻はまだ正午。時差もたったの1時間。気軽に行けるこの距離が台湾の魅力のひとつですね。
今回は、グルメもビューティーも占いも、台湾のガイドブックに載っている人気のコンテンツは片っ端からチャレンジしちゃおう!という貪欲な心構えで臨んだところ、前回に負けず劣らずみっしりと充実したスケジュールが完成。旅先にも関わらず、普段出社するときと同じくらい、むしろそれより早いくらいの時間に起床して街に繰り出していました。さらに、空港からホテルまで案内してくれたガイドさん曰く、
「台湾人は夜行性。みんな、夕方くらいから元気になります」
という言葉通り、深夜になっても繁華街では人が途切れることがありません。
お店も夜遅くまで営業しているところが多いので、文字通り朝から晩まで、台湾の街を満喫しちゃいました!(その結果、24時間営業のマッサージ屋さんに駆け込んだりもしましたが・・・)
そして、フリープランの一番の醍醐味はガイドさんを通してではなく、直接自分たちで地元の方と交流する機会が多いことでしょうか。私自身それほど社交的な性格ではないんですが、今回は国内を旅するときよりはるかにいろんな方とお話しすることができました。なぜなら、地図を片手に歩いていると、
「道わかる?」
と話しかけてくれたり、屋台で注文方法がわからずに戸惑っていると近くにいた人が教えてくれたりと、どこからともなく救いの手がすっと伸びてくるんです。
「道に迷ったり困ったことがあったら、通りがかった台湾の人に尋ねてみて
 ください。絶対に断られません、絶対です」
最初にガイドさんからそう言われたときは「そうは言ってもなぁ・・・」と思っていたんですが、旅が終わるころにはすっかり「あの言葉は正しかった!」と思うようになっていました。
さて、写真コーナーでは今回の旅行で食べた絶品台湾グルメをご紹介します。

まず、こちら。ホテルのすぐ近くにあったので、滞在中毎日お世話になった雙城街夜市(朝から夜までたくさんの屋台が並んでいます)の人気店「○黄」でのお昼ご飯。

手前に写っているのは鶏肉飯(チーロウファン)。奥が台湾料理の代表メニュー魯肉飯(ルーロウファン)と筍の炒めものです。しめて85元(約255円!)。
白飯の上にそれぞれ細く裂いた鶏肉、豚のそぼろ肉を乗せて甘辛いタレをかけたもので、なんだかとっても安心できる美味しさでした。

【ECナビ公式】スタッフブログ

お次は同じ雙城街夜市にある「脆皮鮮奶甜甜圈」というお店のドーナツ。
外はさくさく中はふわふわの揚げドーナツに砂糖をまぶしてあるんですが、かる~い食感でいくらでも食べられそう!結局滞在中、毎日通って食べてました。

【ECナビ公式】スタッフブログ

こちらは珍珠奶茶(チェンツーナイツァー)。いわゆるタピオカミルクティーです。日本でもすっかりポピュラーになりましたね。量が多いので飲みごたえがありますよ~。

【ECナビ公式】スタッフブログ

続いては饒河街観光夜市。

夜市の入り口にある行列のできる有名店の胡椒餅(フージャオビン)。
胡椒をきかせた豚肉とネギを皮に包んで焼いたもので、出来たて熱々を頬張ると肉汁がじゅわっとあふれてきます!思わずヤケドしそうになりながらも、パクパク一息に食べちゃいました。

【ECナビ公式】スタッフブログ

最後は西門町にある有名店「阿宗麵線」の麵線(ミェンシェン)。

22時近くにも関わらず、お店の前でたくさんの人たちが食べている姿に心惹かれて閉店間際に駆け込んでみました。
麺線とは台湾独自の細い麺のこと。日本でいうところのそうめんみたいなものでしょうか。具として入っている豚の大腸の食感がなんともいえず、いいアクセントです。かつおベースなので、初めて食べたのにどこか懐かしい味でした。

【ECナビ公式】スタッフブログ

次回も引き続き、台湾旅行についてお伝えしたいと思います。
それでは、また来週!

いのサンデー ~ それゆけ台湾珍道中 前編 の巻~」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ。
    今回の旅行記楽しく読ませていただきました。
    魅力がとても伝わって興味深く感じました。
    ところでいのさんご一家は今回の地震で帰宅困難になって大変では無かったですか?
    実は実家の父もその一人でした。
    こんなときに携帯の無能さを知りました。
    今回の地震で被災に遭われた方々のご冥福を
    祈り、安否がわからない方々の一刻も早い
    生存を信じたいと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    殺伐とした話題が続く中、ほっと和む日記で安心します。続きも楽しみにしています。去年入院してお金をあらかた使ってしまったので、今年は頑張って貯金するぞ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中