いのサンデー ~ 2011年の“友チョコ”事情 の巻~

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃◆┃ いのサンデー ~ 2011年の“友チョコ”事情 の巻~
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは、いの です。
3連休明けの明日はバレンタインデー。
近年話題なのが、女の子同士でチョコを送り合う、いわゆる“友チョコ”ですが、いまや本命チョコや義理チョコを押しのけるほどの需要と人気があるそうです。
確かに、周囲を見ていると友チョコの普及率は目を見張るほど!私自身もバレンタインデー当日を迎えないうちに、今年はもう5個も友チョコをいただいちゃいました。しかも、売っていてもおかしくないような絶品トリュフを手作りしてくれた子をはじめ、写真を加工してオリジナルのラッピングをしてくれた子や、チョコではなくハート型のドラ焼きをチョイスしてくれた子など、私だったら本命にもやらないような手間ひまのかけっぷりに、ただひたすら感動するばかりです・・・。
かく言う私も、もらってばかりでは女がすたるので今年は例年になく友チョコ探しに気合いを入れて臨んでいます。靴好きの子用にはハイヒール型のチョコ、猫好きの子には猫のイラストが描かれた箱入りのチョコ、甘いものが苦手な子にはハート型のおんせべいなど、相手に合わせて選んでいたので、いろんなデパートのバレンタイン特設会場を行ったり来たり、また行ったり。まずは下見に行ってもらってきたパンフレットを手に、ああでもないこうでもないと検討を繰り返していたので、すっかり各ブランドの新作チョコにくわしくなってしまいました。
これだけ労力をかけても苦にならないのは、気心の知れた友人同士でやりとりされる友チョコの場合、あげてももらってもハズレがないからだと思っています。趣味や好みを熟知している友人からのプレゼントというのは、誕生日やクリスマスにおいても、「うわあ!これ欲しかったんだ!」という率が高いんですよね。そして、それはバレンタインデーでも同じ。ひとひねりある粋な“友チョコ”をもらうと、「(私のこと)わかってるなあ」とうれしくなっちゃうんです。
友人の会社では、女子社員の意見によって今年から義理チョコの習慣がなくなったそうです。義理チョコ、というネーミング自体がネガティブなイメージを与えていると思うんですが、お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて渡すチョコは個人の自由で渡してもいいんじゃないかなあ、というのが私の意見。それに加えて、仲良しの友人たちとやりとりする友チョコは、おいしい&楽しいイベントとしてこれからのバレンタインデーを盛り上げてくれるんじゃないかと思ってます。とりあえず、当分の間おやつには困らなくて済みそうです♪
それでは、また来週!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中