いのサンデー ~ はじめての登山・三つ星の山で銭洗い の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
     いのサンデー ~ はじめての登山・三つ星の山で銭洗い の巻 ~
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
こんにちは、いの です。
突然ですが、うちの母の趣味は登山です。
子育てがひと段落したのち、山の魅力に目覚めた母は、週末になると日本各地の山へと旅立っていくようになりました。登る山の標高が高くなるにつれ、どんどん本格化していくリュックサックやシューズなどの装備。いまではストック(登山用の杖)やアイゼン(登山靴の底に装着して滑り止めにする金属製の爪)まで登場し、母の部屋の押し入れ内にはちょっとしたコレクションが築かれています。そのうち海外の山にまで足を延ばしそうなその勢いは、基本インドア派な娘からするとまばゆいばかり。「いっしょに富士山に登ろうよ~」という母の誘いを断り続けてはや数年。このまま平地に根をおろして一生を終えるのだろうと思っていた私ですが、なんとこの度、はじめて登山というものを経験してきました。
そんなわけで、同僚のシマ子と共に訪れたのはミシュランガイドで最高ランクの“三つ星”の観光地に選出された高尾山(東京都八王子市)。都心から約50kmという近場にあり、日帰りでゆっくり山歩きが楽しめる人気のスポットです。交通アクセスが良く、途中までリフトやケーブルカーなどを使って気軽に登れることもあって、年間の登山者数はなんと約260万人以上!あの富士山やエベレストを超えて世界一の登山者数を誇っているんです。

【ECナビ公式】スタッフブログ

今回は6コース設けられている自然研究路のうち、高尾山薬王院の表参道である1号路を登ることにしました。コースの全長は3.8km、上りの平均所要時間は100分。のんびり動植物を観察しながら標高599mの山頂を目指す・・・という予定だったんですが、歩きはじめて数分も経たぬうちに無言になる2人。整備された登山道は歩きやすいものの、思いのほか斜面がきつく、加えて夏の暑さがじりじりと体力を奪っていきます。それでも一番急な斜面をやり過ごしてしまえばこっちのもの。途中の茶屋で名物の天狗焼きやかき氷で一息つけば、そこから薬王院まではあっという間でした。

【ECナビ公式】スタッフブログ

こちらが人気ナンバー1お土産の「天狗焼き」です。中には黒豆あんがぎっしり!ユーモラスな天狗のビジュアルにも癒されます。

【ECナビ公式】スタッフブログ

【ECナビ公式】スタッフブログ

薬王院の正式名称は「高尾山薬王院有喜寺(やくおういんゆうきじ)」といい、いまから約1200年前に開山された真言宗の寺院です。古来より山岳信仰の霊場として栄え、現在でも修験者たちが滝修行などに励んでいらっしゃいます(ちなみにこの滝修行は一般人でも体験することが可能なんですよ)。滝修行にも興味はありますが、同行者のシマ子が事前に熱弁をふるってくれたイチオシポイントは“銭洗い”。鎌倉にある銭洗い弁財天が有名ですが、ここ高尾山にも同じような場所があるんだとか。探してみると確かにありました!

【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ

福寿や円満の神様として祀られている八大龍王の像の足元に水が流れ、お金を洗うためのザルが置いてあるのを発見!「浄水にてお持ちの硬貨・紙幣を洗い清め、資本金としてお持ち帰りご家業にご精進ください」と書かれた言葉に従って、いそいそと財布を取り出していると、準備万端なシマ子が「洗ったお金はこれに入れてください」とビニールパックを貸してくれました。銭洗いにかける彼女の並々ならぬ決意が伝わってきます。ちらりと横目でうかがえば、硬貨や紙幣のみならず、クレジットカードや銀行のカード、さらには濡れたタオルで財布を拭くという気合いの入れよう。つられて私もそろそろ買い替えようかと思っている財布でしたが念入りに拭いてしまいました(しばらく買い替えないほうがいいのかな・・・)。これで私も大金持ち!なんて安易な展開にはならないでしょうが、洗うことによって改めてお金を大事にする気持ちが生まれたので、今後もこの気持ちを大事にしたいと思います。
目的達成後、清々しい気持ちで私たちは山頂に到達し、名物の蕎麦をすすり、そして下りは2人乗りリフトに揺られてのんびりと帰ってきました。その後は健康ランドで汗を流し、すっかりピカピカになって帰路についたのですが後日談がひとつ。コラムを書くために高尾山について改めて調べていた私の目に飛び込んできたのは、「高尾山 福徳弁財天」の文字でした。目立たぬ場所にあるせいかすっかり見逃してしまいましたが、どうやら高尾山にはちゃんと弁財天様がいらしたようです。このことをシマ子に告げると彼女は3秒ほど落ち込んだのち瞬く間に立ち直り、こういいました。
「次は鎌倉の銭洗弁財天に行きましょう!」
めげない所が彼女のチャームポイントだと思います。いつになるかわかりませんが、またそのうち銭洗い紀行をお届けする日が来るかもしれません。そして高尾山レベルだったら母の登山にも付き合ってあげられるかも、と少しばかり自信がついたはじめての登山体験でした。

さて、今回は写真多いですよ~。

霞んじゃってますが、都心から横浜あたりまで見渡せます。今回は訪れませんでしたが、ケーブルカーの駅をおりたすぐそばに標高500mのビアガーデンがあるんです!次はぜひ夜景を見ながらビールで乾杯したいなあ。

【ECナビ公式】スタッフブログ

コース脇には自然がいっぱい。虫や鳥の鳴き声も聞こえてきます。

【ECナビ公式】スタッフブログ

高尾山七不思議のひとつ「たこ杉」。
一説によると、参道の整備のため天狗衆が杉を引っこ抜こうとしていたら、一夜にして根をくるくると丸めてこの形になってしまったんだとか。
たこの形に見えますか~?

【ECナビ公式】スタッフブログ

登頂記念にパチリ。

【ECナビ公式】スタッフブログ

高尾山は天狗(てんぐ)の住む山といわれ、数々の伝説が残っています。
そのため薬王院内にはあちこちにたくさんの天狗が!
鼻の高いのが大天狗、烏のくちばしを持っているのが小天狗(あるいは烏天狗(からすてんぐ))です。
高尾山天狗コレクションをどうぞ。

【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ

高尾山オリジナルのぶどう酢「権現力(ごんげんりき)」で作った力ソフト。甘酸っぱい爽やかな味が登山の疲れを吹き飛ばしてくれます。おすすめ!薬王院の境内で販売してました。

【ECナビ公式】スタッフブログ

こちらは山頂でいただいたたぬき蕎麦。頼んだ後に名物がとろろ蕎麦だと気付きました・・・。こちらも山菜入りで美味しかったですv

【ECナビ公式】スタッフブログ

それでは、また来週!

いのサンデー ~ はじめての登山・三つ星の山で銭洗い の巻 ~」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    たぶん最寄り駅が京王高尾山口でしょうか?
    景色がきれいですね。
    ソフト美味しそうです。
    東京にあるとは思えない癒し処ですね。
    この近くにトリックアートの
    美術館があるのです。
    次回行く時はぜひ寄ってみてくださいね。
    楽しいですよ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    義父のお墓参りのついでに、時々立ち寄ります。
    横浜みなとみらいも見えるんですよね~
    でもよく考えてみたら、スカイツリーより低いんだ・・・
    ウチの小6息子は今年、富士山登頂しました。
    親バカですが、ちょっと誇らしいです。
    私は無理ですが(^_^;)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    私も何回か高尾山に行きましたが、歩いて登ったのは1回だけです。いつもケーブルやリフトのお世話になりました。参道のお土産屋さんを冷やかすのも楽しいですね。ソフトクリームは知りませんでしたが、美味しそうですねぇ!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >コン介 さん
    お察しの通り、京王線高尾山口駅が最寄り駅でした。
    「こんな暑いさなかに登るなんて!」と周囲には驚かれましたが、逆に暑さが気にならないほど清々しい気持ちになれましたよ~。紅葉の時期になると混雑するそうですが、また季節を変えて登ってみたいなあ、と思ってます。
    トリックアート美術館の前を通りがかって「なんだか面白いものがあるなあ」と思ってました!公式サイトを見てみたらエジプト大使館協賛施設なんだとか。次回の登山の際はぜひセットで訪れてみたいですv
    >りょうママ さん
    いわれてみればスカイツリーは最高高さ634mを予定してますもんね!どんな眺めになるのか、こちらも今から楽しみです。
    そして息子さん、小学校6年生にして富士山登頂とは!今後も心身ともに逞しく成長なさるでしょうね。私も見習って挑戦してみたいですが、準備運動としてもう少し低めの山からスタートしたいかも・・・(^^;)。
    >nobu さん
    ソフトクリーム美味しかったですよー!朝のワイドショーで先日やってましたが、高尾山ってソフトクリーム屋さんがとても多いんだとか。あれこれ食べ比べてみるのも楽しそうです。
    今回は下りで2人乗りリフトを利用しましたが、リフトからの眺めも絶景でした!いろんな楽しみ方があるのが高尾山の魅力なんでしょうね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中