いのサンデー ~ 貸切屋形船で東京ナイトクルーズ の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
      いのサンデー ~ 貸切屋形船で東京ナイトクルーズ の巻 ~
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
こんにちは、いの です。
先日、会社の打ち上げで生まれてはじめて屋形船に乗りました!屋形船とはおもに船上で宴会を行ったり、食事をして楽しむ屋根と座敷が備えられた船のこと。その歴史は古く、原型は日本最古の歌集「万葉集」にも詠われています。
春のお花見、夏の花火大会、秋のお月見など、四季折々のイベントのたびに乗ってみたいなあと思っていたものの、団体客が貸切で利用するイメージが強くて(少人数でも乗船できる“乗合いタイプ”もあります)、いままでご縁がなかったのです。そこに降ってわいた、宴会in屋形船という会社の粋なはからいに、私が小躍りして喜んだのはいうまでもありません。コラムの取材のためなら自腹も辞さない覚悟ではありましたが、会社のお金で酒も飲めて屋形船にも乗れるという一石二鳥のありがたいこのチャンスを逃す手はありません。どーんと乗せてもらおうじゃありませんか!
そして迎えた当日、金曜の夜。バタバタと仕事を切り上げ、職場から追い出され、まずは会社から品川にある船宿までバスで移動。高揚する気分を冷ますかのように、窓を打つ雨の勢いは激しくなるばかり。こんな豪雨のなかで乗るなんて、酔ってしまうのでは・・・!と恐れおののきながら乗船したものの、船体が大きいので揺れはほとんど気にならず、さらに天ぷらや新鮮な魚介の舟盛りに舌鼓を打っているうちに、ここが船の上であるということを忘れてしまうほどでした。どうやら食い気は船酔いにも打ち勝つようです。

◆船着場から見た屋形船。赤い提灯の灯りがなんといえず風情があります

【ECナビ公式】スタッフブログ

◆豪勢な舟盛り!突き出しからはじまって最後の水菓子まで充実したコースを堪能しました・・・!

【ECナビ公式】スタッフブログ

◆人気の天ぷら。個人的には天ぷらといえばやはり海老です。大好きです。

【ECナビ公式】スタッフブログ

◆季節のご飯物。お米と漬け物っていつ食べても落ち着きますね。

【ECナビ公式】スタッフブログ

ちなみに屋形船の料理といえば天ぷらが定番ですが、これは屋形船を営業している船宿の多くが、もともと釣り船営業をしていたことに由来します。昔は、釣り上げた魚を新鮮なまま船上でさばいて天ぷらにして客に提供していたため、その習慣がいまの屋形船にも引き継がれているんだそうです。現在では保健衛生上、船上で魚をさばくことは禁止されていますが、あらかじめ仕込んだ材料を乗せて船上で揚げてくださるので、運ばれてくる天ぷらはどれもアツアツ!エビやイカなどの魚介や旬の野菜など、どれもこれもおいしくて、しばし夜景を眺めるのも忘れてガツガツといただいちゃいました♪ちなみに屋形船のお料理にも地域色があって、東京でも月島あたりになると名物のもんじゃ焼きを出してくれる船があるそうです。しかし以前、屋形船でもんじゃ焼きを食べた知人曰く、「焼くのに精一杯で景色を満喫できなかった」とのこと。黙っていても次々食事を運んでくれるプランの方が、屋形船初心者には向いているのかもしれませんね。
さて、このままでは食べてばかりで終わってしまう!と危ぶんでいたら、気を利かせた雨雲がいつの間にかどこかに消えていました。雨の気配が残る湿った空気を追い払いながら外のデッキに出てみると、360度広がる東京の夜景!東京タワーやレインボーブリッジなど、見慣れている景色も海から眺めるとまたちがった趣きがあるものです。潮風に吹かれながら、開放感のあるパノラマビューを堪能しつつ、手すりにへばりついてカメラを構えていると、品川を出発してお台場をぐるりと巡る2時間半のコースはあっという間に終了。水と風、自然が生み出す涼しさが、梅雨どきの蒸し暑さを束の間忘れさせてくれました。

【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ
【ECナビ公式】スタッフブログ

日ごろ忘れがちな四季の移ろいを身近に感じさせてくれた屋形船。次はまたちがう季節に乗ってみたいと思います。それでは、また来週!

いのサンデー ~ 貸切屋形船で東京ナイトクルーズ の巻 ~」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私も一回だけ、仕事の打ち上げで乗せてもらったことがあります。
    そのときは何というか、がんばってきた甲斐があったなぁ、徹夜続きが報われたなぁ、なんて思ってたのですが、その後しばらくして、全てが無に帰すようなことになったんです。
    詳しくは書けませんが、苦い思いをさせられました(苦)。屋形船自体は凄く楽しかったんですけどねー。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    お酒も料理も堪能出来て良かったですね。
    夜景というとビルの屋上や山から見るのが定番?ですが、逆に低いところから見る夜景も
    素敵ですね。
    以前、返信コメントを書きづらい文章にしてしまい
    ごめんなさい。
    ところで、横浜の大さん橋で
    日常クルーズしている『ロイヤルウィング』という船もお勧めですよ。
    上記の船の名前で調べてもらえれば検索で引っかかるのでお時間あれば乗ってみるのも
    いいと思います。
    クルーズ時間によっては高いかと思いますが。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    私も屋形船乗ったことがあります!
    会社の歓迎会で、私主賓で(笑
    品川から私も乗りました~
    天ぷらが揚げたて1品ずつ出てきて、天ぷらってこんなに美味しいんだと思いましたね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    私の住む新潟には屋形船はありませんが、阿賀野川ライン下りというものがあります。船に弱い私ですが、先日、家族に誘われて乗ってきました。
    船内はお座敷タイプで、たぶん屋形船と同じかと思われます。川だったからだと思いますが、まったく揺れることなく快適でしたよ。3月だったので雪見舟となり、非常に情緒があり、大満足でした。
    だいぶ前、横浜山下公園から横浜駅まで水上バスに乗ったときも、夜だったせいか気持ちが良かったことも思い出しました。
    来月下旬に東京へ帰省する予定があるので、また水上バスに乗ってみようかな…と思います。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >dummyx さん
    もしや船に酔ってしまわれたでしょうか・・・?今回も途中まではずいぶんと激しく雨が降っていたので、酔いやすい体質の同僚は大変だったようです(^^;)。
    体調の良いときに乗れば、今度こそ存分に屋形船を楽しめるかもしれませんよー!
    >コン介 さん
    確かに夜景って高層ビルや展望台など、高いところから見る機会のほうが多いですね。川や海に浮かぶ船から見上げると、キラキラした夜の底にいるようでまた違った趣きがあるように思います。
    『ロイヤルウィング』という名前に聞き覚えがあるなーと思っていたら、以前優待券をもらったのに使いそびれてしまった船の名前でした!横浜は大好きな街なので、機会がありましたら乗ってみたいです♪
    こちらこそいつも返信が遅くなってしまってすみません・・・!コメントはいつでも大歓迎ですので、気になるコラムがありましたら、また是非いらしてくださいね。
    >しゅがー さん
    あら主賓で!素敵!
    隅田川を航行中、たくさんの屋形船とすれちがいましたが、これから花火大会などもあるので、ますます乗る方が増えそうです。私も次は浴衣で乗ってみたいなあ。
    そして、揚げたての天ぷらって本当においしいですよねー!
    >cobatch さん
    雪見舟、いいですねえ!
    川下りというと夏のイメージが強いですが、冬はまたちがった風景が楽しめそうです。余談ですが、新潟は生まれたときから6年ほど住んでいたので、懐かしくなっちゃいました。
    浅草から浜離宮に向かう水上バスに以前乗りましたが、隅田川にかかるたくさんの橋を眺めることができて楽しいひとときでした。
    浅草からは話題の東京スカイツリーも近いですし、お時間ありましたらぜひ堪能なさってくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中