いのサンデー ~ 7月2日に食べるものは? の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
       いのサンデー ~ 7月2日に食べるものは? の巻 ~
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
こんにちは、いの です。
「もうすぐハンゲショウだからタコを食べなきゃ」
「ハンゲショウ?」
これは先日、奈良出身の友人と交わした会話です。“ハンゲショウ”と聞いて、すぐ漢字が浮かんだ方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。私の脳裏では“半化粧”と変換されましたが、もちろんこれはまちがい。正しくは“半夏生”と書いて、ハンゲショウと読みます。
半夏生は、雑節(ざっせつ)という、季節の移り変わりをつかむために設けられた特別な暦日のひとつ。ほかには節分、八十八夜、彼岸、入梅、土用などがあります。もともとは夏至から数えて11日目でしたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日とされ、毎年7月2日ごろにあたります。この時期にちょうど「烏柄杓(からすびしゃく)」(漢名:半夏)という薬草が生えることから、その名がつけられました。
さて、そこからどうやってタコにつながっていくのか?疑問に思って調べてみました!一般的にはこの時期、梅雨が明けて田植えも終わるころにあたります。つまり農家にとっては大事な節目の日。「植えた稲の苗がタコの足のようにしっかり根付いて豊作になるように」という願いを込めて、主に関西地方ではタコを食べる習慣があるそうです。
「昔の人はいろんなことを考えるもんだねえ」
「香川ではうどんを食べるみたいだけどね」
「え?」
納得したそばから新たなネタを提供されては、また調べざるを得ません。さらなる調査の結果、半夏生の日は天から毒が降るともいわれ、井戸にふたをして毒気を防いだり、この日に収穫した野菜は食べないという言い伝えがあることもわかりました。そのため、香川県の農家では毒を消す力があるといわれる小麦で作ったうどんを食べる風習があるんだとか。ちなみに7月2日はタコの日、うどんの日としてそれぞれ記念日に制定されているそうです。こういったいわれがあると、なんだか記念日も覚えやすいですね。
そんなわけで、今年の半夏生はわが家でもタコを食べてみようかと思っています。タコ料理としてとっさに思い浮かんだのがタコ焼きだけ、という私の貧しい思考回路を哀れんで友人が挙げてくれたタコ料理はざっと以下の通り。おでん、タコめし、タコしゃぶ、刺身、甘露煮、やわらか煮、天ぷら、酢の物。どうせなら、タコの天ぷらをうどんに乗せて食べてみましょうか。
それでは、また来週!

いのサンデー ~ 7月2日に食べるものは? の巻 ~」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、ボクも『半化粧』と変換しちゃうにゃ~(笑)
    また一つ勉強になったにゃ~☆
    で、ふと思った・・・
    にゃんで足が10本のイカじゃダメなんだろか・・・
    きっと、イカは沖に出ないと取れないからかもにゃ~。。。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >らぶしねま・パチョ☆ さん
    たしかにイカのほうが2本多い分、しっかり大地に根をはってくれそうですよね(^^)。あるいは関西圏ではイカよりタコ好きが多かったんでしょうか?
    >無尽講 さん
    ご近所でもちがうものですね。調べたらみたら、もっといろいと出てくるかもしれません。ちなみに私は今年の半夏生、おでん屋さんでいいだこをいただきました♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中