いのサンデー ~ お化け屋敷で恐怖を科学してみた の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
     いのサンデー ~ お化け屋敷で恐怖を科学してみた の巻 ~
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
こんにちは、いの です。
5月末まで、東京・お台場にある日本科学未来館で開催されていた企画展「お化け屋敷で科学する!2~恐怖の実験~」に行ってきました。だいたい遊園地に行くと“お化け屋敷が苦手派”と“ジェットコースターが苦手派”の大きく2つに分かれませんか?ちなみに私はどちらも好きなので、平気で参加しちゃいます。アトラクションとして成立している遊園地のお化け屋敷においては、『ありえないことが起きることに対する恐怖』というものがないような気がして、あまり素直に怖がれないんですよね。アトラクションの途中に点滅している緑の非常口にばかり目がいってしまいます。これが大人になるってことでしょうか。
さて、今回の企画展において、会場は「体感」「学習」「観察」「体験」の4つのテーマのエリアで構成されていました。はじめに登場するのが恐怖を体感する「お化け屋敷エリア」。ここは山奥の村にある寂れた一軒家という設定で、調査におもむいた私たちの目の前で様々な怪奇現象が起きるというのです。暗闇に浮かぶ人魂や、どこからともなく聞こえる奇妙なうめき声、誰もいないのに灯りがともる居間などをまわりのお客さんの悲鳴をBGMにしながら通り過ぎると、その先は「科学トピックスエリア」。
ここでは謎めいた現象の正体を科学的に証明し、実際に科学技術によって再現が可能であるという説明が行われます。例えば「人魂のつくられかた」では、昔の人がホタルや光るコケを誤認したんじゃないかという説や、可燃性ガスで人工的に作ることができる、などの紹介があり、髪が毎年伸び続けるといわれる「呪いの人形」は実際の人間の毛髪が使われていて、それが湿気で伸びるとか、作成時に髪を2つ折りにして植毛し、それが時間の経過とともにずれていったことで髪が伸びたと錯覚したのでは?などなど。ほかにも離れた場所から自分自身を見ているかのような「幽体離脱」を再現する実験の記録や、科学者が撮影した心霊写真など、解説を読むと、まるで手品の種明かしみたいに「あー、なるほどね!」と納得するものばかりでした。
その先に進むと、そこは学んだことを他者の行動で検証する「観察エリア」。設置されている観察窓とモニターを通して「お化け屋敷エリア」で恐怖を体験中のほかのお客さんの様子を観察することができるんです。ここでようやく、お化け屋敷エリアの怪しい光や恐ろしげな人影はこのエリアのお客さんたちが操作して発生させていたことが判明!タイミング良く怪奇現象が起きていたのはこのためだったんですね。モニター越しに見えるこわばった顔を見ていると、なんだか申し訳ない気持ちになって上手に驚かせることができなかったんですが、観察しているうちに中学校の文化祭のことを思い出しました。
あれはクラスの出し物として、教室内に迷路&お化け屋敷を作ったときのことです。受付担当、お化け担当などなどいろんな役割があるなかで、私に割り振られたのは悲鳴担当。お客さんが入ってくるタイミングを見計らって悲鳴をあげ、恐怖感を煽るという、まあいうなれば“サクラ(盛り上げ役)”でした。あのときの私は、無意識のうちにお客さんの恐怖を客観的に観察していたのかも?
最後の「体験エリア」には心霊写真を擬似的に作り出す「写真シール機」が設置され、実際にみなさんが撮った写真がたくさん貼られていました。また、“大人には聞こえない”というモスキート音が視聴できるコーナーがあったのでいそいそとヘッドフォンを装着してみましたが案の定何も聞こえず・・・。よく“子どものほうがお化けをよく見る”“大人になると霊感が薄くなる”なんていいますが、このモスキート音も関係しているのかもしれませんね。
これから夏に向けて、各遊園地がお化け屋敷に力を入れてくる季節。今回の展示を見て身につけた科学的思考で立ち向かえば、怖がるのではなくまた違った意味で楽しめちゃいそうです。

【ECナビ公式】スタッフブログ

こちらが会場となっていた日本科学未来館(東京都江東区青海)。
いつも面白い展示をやっているのでチェックが欠かせません。

ちなみに、次回の企画展は「ドラえもんの科学みらい展」【6月12日(土)~9月27日(月)】!
「ドラえもんのひみつ道具は現在の科学技術でどこまで実現されているか」をテーマに、また面白い展示が行われそうですよ~!夏休み期間中の開催なので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

それでは、また来週!

いのサンデー ~ お化け屋敷で恐怖を科学してみた の巻 ~」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    絶対楽しいですよね。
    お台場では楽しそうな企画がたくさん開催
    されてるのですね。
    私も近かったらきっと行ってるのになー。
    HPでスケジュールチェックしてこれは見逃せない
    という企画には是非参加したいと思いますо(ж>▽<)y ☆

  2. SECRET: 0
    PASS:
    わたしも行ってきましたよ。なので、共感をもって記事を読ませていただきました。
    体験コーナーは、何回でも回れるので、お得でした。その都度、待ち時間があったりしましたが、前回死んでいた幽霊が起き上がっていたり、ゆっくり怪奇現象を味わえたり、なかなか面白かったです。最後の方はつい悲鳴を上げていましたけどね。モニター見て入場者を驚かしている子供たちがなんか真剣で、割り入って操作できなくて残念でした(笑)。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    久しぶりじゃないですか、いのさんの「続きはブログにて」。
    メルマガには載ってない続きのお話や写真を今後も楽しみにしてます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >soi さん
    お台場界隈はいつもいろんなイベントを開催しているので目が離せません!特に夏休みシーズンは、いっそう盛り上がりそうですよ~v
    私もこまめにチェックしながら、面白そうなものには足を運んでいきたいと思ってます。ちなみに、日本科学未来館はプラネタリウムもおすすめです♪
    >さく さん
    体験コーナー、何回もチャレンジしてよかったとは・・・気付きませんでした。残念!最終日の前日、しかも閉館間際の時間帯だったので順路通りに素直に出てきてしまいました。一度脅かす側になってから、再度体験コーナーを訪れるとまた違った視点で楽しめたでしょうね。
    帰り際にバス停にいたら、小さな男の子が真面目な顔で「こわかった!」といってたのが可愛かったですv
    >うた さん
    私も海外のホラー映画などはあまり得意ではないんですが、日本のお化け屋敷はなんだか風情があって好きなんですよね。
    メールマガジン内で長々と文章を掲載するのも読みづらいかと思い、今後はコラム全文&写真はブログに掲載するスタイルに移行する予定です。
    しばらく怖いネタは登場しませんので、安心してお読みくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中