いのサンデー ~ ありし日の席替えの思い出 の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
       いのサンデー ~ ありし日の席替えの思い出 の巻 ~      
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
こんにちは、いの です。
社内で席替えが実施されました。私は隣の席に移っただけなんですが、周囲の顔ぶれが変わるとそれだけで新鮮な気持ちになるものです。あらためて見回してみれば、同僚たちのデスク上はとっても個性豊か。ぬいぐるみが山盛りになっている人もいれば、お菓子箱を常備している人、家族の写真を飾っている人、フェイシャルスチーマーを設置して仕事中もお肌のケアを欠かさない人などなど・・・。1日の大半を過ごす環境を快適に過ごせるよう、それぞれ工夫を凝らしているようです。私はというと、入社からいまに至るまで辞典やカレンダー、ティッシュくらいしかないシンプルさを継続中。極力物を増やさないように努めているんですが、なぜか自宅の部屋は似ても似つかない散らかりっぷりなのが不思議なところです。
さて、席替えといえば、小中学校時代はその前日からドキドキハラハラしてしまう一大イベント。仲良しの子と近くになりたい、できれば教室の後ろの方がいいなど、いろんな思惑が飛び交います。小4くらいからメガネっ子デビューを果たしてしまった私は問答無用で前の方に席になることも多かったんですが、それでも新しい席での生活に思いを馳せ、胸をときめかせたものです。
席替え方法としては一番多いのはやはりくじ引きでしょう。運悪く席替え当日に休もうもんなら、その翌日はイス取りゲームに負けたかのようなちょっとした敗北感が味わえるのもくじ引きの醍醐味です。私が印象に残っている席替えは「隣に座りたい人の名前を書いて投票する」という方法を取ったときのこと。これは投票された紙を担任の先生が開封&チェック、お互いの名前を書いていた2人だけが発表され、めでたく隣の席になれるという、まるでどこかの合コンで行われているような画期的な(?)方法でした。隣の席は必ず異性になるように決められていたため、発表されるとそのままクラス公認カップルとして認定されちゃうわけです。いま考えると、ずいぶん思い切った方法ですが、クラス全体で仲良しだったからこそ担任の先生も採用したんでしょうね。
この席替え方法が実施されたとき、7、8歳だった私もその当時気になっていた男の子の名前を書きました。そして発表されちゃったんですねえ、実は。
珍しい名字の子だったのでいまでも名前をはっきり覚えていますが、この甘酸っぱいエピソードにはちょっと悲しいオチがあるのです。晴れて隣同士の席になった後、私はわざわざその男の子に確認しました。「私の名前書いてくれたの?」と。すると返ってきた答えは、
「2番目に隣になりたい子って書いといた」
そして次の席替えのとき、私はそっと違う男の子の名前を書いたのでした。
それでは、また来週!

いのサンデー ~ ありし日の席替えの思い出 の巻 ~」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私の席替えで思い出すのは高校の時。後ろに行くと、教室内がうるさく、勉強できなくなるのと、メガネっ子なので、いつも、所定の位置(すなわち、一番前)。なので、一年間ずっと同じ席でした。
    一番前だと、先生から配布される資料の配布を当然の如く手伝わされました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    小学生の思い出の一つに席替えは
    ありましたね。
    僕が通っていた小学校中学校は地元のなかでも
    とりわけ地元出身の子より
    新設された団地(おもに都心からの引越者)に住んでいる子が多く、頭の良いクラスでした。
    小学生の時は異性というより同級生という意味合いで仲良かった女の子がいて、放課後に遊んでいた甘酸っぱい思い出がよみがえりました。
    そして、席が近くになった時は配布物を配るときに向こうから話しかけてくれたりもしましたね。
    いのさんの思い出に自分の思い出も重ねて
    陶酔しちゃいました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    いつも最後まですっと読ませる文章力は、尊敬に値する。
    私は中三の二学期、毎時間席替え自由でした。教卓の席次表は可動式になっていました。でも、二週間も立つと飽きてしまい、移動する者も無くなりました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >みぽっち さん
    私も小学校4年から高校3年まで生粋のメガネっ子として過ごしていましたが、年齢が上がるにつれて教室内のメガネ率も上がっていったので、いつしか前の方の座席とは無縁になっていきました。
    資料の配布もそうですが、授業後に黒板を消すように言われたりとか教材を職員室まで運ばされたりとか、いろんな用事が降りかかりますよね、前の席。そういえばチョークの粉が飛んできて大変だったなあ、なんて思い出しました。
    >コン介 さん
    小学校時の思い出って後になって振り返ると妙に気恥ずかしいですよね。
    朝から夕方まで同じ教室で過ごし、放課後ランドセルを放り出してまた公園で集まったりして、1日の大半の時間を共にしていたせいか、本当にいろいろな思い出があります。個人的には、お昼休みに机をくっつけて給食を食べる時間が大好きでした。
    >sumikko さん
    読んでくださってありがとうございます。まだまだ勉強すべき点は多いですが、読みやすい文章を心がけているので嬉しいです!
    毎時間席替え自由というのも面白いですね。結局なかよしで固まったりしちゃうんでしょうか。実現は難しそうですが、社内で試してみたら他部署と交流ができて楽しそうです。
    >ampm さん
    今回のコラムを読んだ知人から「2番目~って書いたのはその子の照れ隠しだよ」と言われました。いまとなっては真実は分かりませんが、この言葉のおかげで思い出の甘酸っぱい度がまた少し上がった気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中