いのサンデー ~ ピラミッドと回転寿司の意外な関係 の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
   いのサンデー ~ ピラミッドと回転寿司の意外な関係 の巻 ~
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
みなさんこんにちは、いの です。
これは明らかに母の好みを受け継いでいるのですが、外食といえばとっさに思い浮かぶほど寿司が好きです。わが家では母といえば寿司、寿司といえば母というくらいに、彼女の寿司好きが深く浸透しています。父や弟と外食する際は焼き肉率が高いのですが、母が率先して目的地を選ぶ場合、もれなく寿司になるのがわが家の掟。思えば、就職してはじめて母にご馳走したときも、当然のように行き先は寿司屋でした。値段も見ずにぽんぽん注文していく母に冷や汗をかきながら、こっそりカウンターの下で財布の中身を確認したのもいい思い出です(それ以降、この光景は何度も繰り返されることにな
ります)。
さて、寿司といえばどうしても高いイメージがつきまといますが、わが家で寿司といえば、それはイコール庶民の味方・回転寿司。メリーゴーラウンドのようにぐるぐるネタが回ってやってくるあれをさします。最近、立て続けに回転寿司に行く機会があったのですが、そこで気付いたのはたかが回転、されど回転ということ。店ごとに手を替え品を替え工夫をこらし、寿司以外のネタが回ってくるのはすでに当たり前。コンベヤーの上をからあげやら、プリンやら、はてはうどんまで流れてくるというバリエーションの豊富さに改めてうならされました。もはや寿司屋というカテゴリを超え、着々と食のテーマパークに向けて進化を遂げているようです。
そもそも、日本で最初の回転寿司がオープンしたのは1958年の大阪だといわれています。かれこれ50年もの歴史があるんですね。また海外展開も行われ、1990年代末にはイギリスのロンドンでも回転寿司がブームに。ちょうどその時期にロンドンを旅行していたんですが、確かにありました、回転寿司。しかも駅の構内に。異国の地で、ごとごと回る寿司たちを見たときに妙な懐かしさがこみあげたのを覚えています。
ちなみに回転寿司には欠かせないコンベヤーですが、調べたところ日本最長は147mもあるそうです。147mという数字だけではイメージしづらいかもしれませんが、1968年、東京都千代田区霞が関のオフィス街に日本初の超高層ビルとして登場した霞が関ビルディングの高さが、147m。当時日本一の高さを誇った地上36階建てのビルと同じ長さだなんて、ちょっと想像もつきませんよね。ついでにエジプトにある世界7不思議の1つ、ギザの大ピラミッドも、もともとの高さが約147m。とにかくけた違いのスケールのようです。
この1度に1,200皿を回すことができる日本最長のコンベヤーがあるのは『おんまく寿司』さんの五日市店(広島市)と青江店(岡山市)。みなさんのなかには実際に訪れたことがある方もいらっしゃるでしょうか?通常のコンベヤーの長さが30m弱だそうですから、その長さはおよそ5倍!1度逃した皿とは2度と再会できない気もしますが、いつかこの目でピラミッド級の壮大なコンベヤーを眺めてみたいもんです。

◆今週の写真

近所にある激安回転寿司。いつ行っても並んでます。カウンターのなかは無人なので、注文するときは座席の前にあるインターホンを使用するという合理的さ!はじめて来店したときはびっくりしました。

ECナビブログβ版-コンベヤー

注文した品はこんな風に皿に乗ってやってきます。座席が色分けされているのです。人の皿だとほかのものよりもおいしく見えてしまう、この不思議。

ECナビブログβ版-まわる寿司たち

お子様に人気のからあげ。お子様でなくても手を伸ばしたくなってしまいます。それにしても、食べ終わったお皿をきっちり値段ごとに分けて積み上げてしまうんですが、飲食店でのバイト経験がある友人には同じ傾向が見られるような気がします。みなさんはいかがですか?

ECナビブログβ版-そして唐揚げ

それではまた来週!

いのサンデー ~ ピラミッドと回転寿司の意外な関係 の巻 ~」への10件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私も寿司好きなのでよく行きます(^-^)/
    本当は鮨の方に行ってみたいのですが、そうそう行けません(>_<)
    写真で想像するに、私がよく行くスシローに似ている気が。。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    回転寿司というと
    確かに手軽に寄れますね。
    僕は大学生のときに一人暮らししていた
    沼津で港にあるお寿司屋さんで
    ウェイターのアルバイトをやっていたので
    回転寿司屋に一人ではいるのは、いまだ抵抗があります(笑。
    ちなみに「たか嶋」と言うお店です。
    沼津に行った際は良かったら寄って見て下さい。
    カウンターが9席+6席、テーブルが5つあります。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    自分も回転寿司は大好きです。
    金額のわりにいいねたいっぱいたべれますからね。
    写真みてたらよだれでてきました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    スシローといえば銚子丸もいつも並んで混雑してしていますね。この前のコラムに出てきた行船公園近くにはこの2店舗がほとんど隣同士で、しかもどちらも行列覚悟ですからね。変わりネタのスシローとデカネタの銚子丸、どちらも新鮮でお手ごろ価格なのはうれしい限りです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    2005年にロンドンを旅行したのですが、
    わたしも駅の構内で回転寿司を見かけました。
    人が行き交う場所で、寿司がポツンと皿のうえで
    露になっている姿を見て、
    「なんだかなあ・・・」と思った思い出があります。
    いのさんの一番すきなネタはなんですか?
    コラムを読んで、回転寿司に行きたくなりました。
    これからも楽しみにしてます。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >sunday さん
    お久しぶりです!なんでも調べてみるといろんな由来があって面白いものですね。50年かけて進化してきた回転寿司。さらに50年経ったころにはどうなっているでしょうか。
    >ado さん
    ご名答!私がはじめてスシローさんに行ったときに、そのシステムに感動して撮った写真です。写真だけでお分かりになるとは、さすが常連さんですね♪
    >コン介 さん
    港のお寿司屋さんだなんて、聞いただけでおいしそう・・・。地図を見てみたら、お店は魚市場のすぐ近くなんですね。以前、同じ静岡の熱海で入ったお寿司屋さんもとてもおいしかったので、沼津に行った際はぜひ訪れてみたいです。おすすめ情報ありがとうございました!
    >やまさん さん
    安さに油断していつも食べ過ぎてしまいますが、それでも懐に優しいのが回転寿司のいいところですよね。写真のお店ではないんですが、先日訪れた別の回転寿司では、店内にいけすがあって、そこで泳いでいたカニを調理して出してくれました。ほかには地魚盛り合わせなんてものも!昨今の回転寿司の充実ぶりには感動の連続です。
    >NORANORA さん
    銚子丸さん、名前は聞いたことがあるんですがまだ行ったことがありません。生まぐろの解体ショーを以前テレビで紹介されていたような・・・?サイトを見てみたら、どれもこれもおいしそう!そして本当にネタが大きいですね!利用している沿線にも何店舗かあるようなので、次回の回転寿司はこちらに決めました!楽しみですvv

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >しま馬 さん
    相変わらずあるんですね~、ロンドンの回転寿司。ロンドンっ子たちに人気なのでしょうか。モノは試しで、勇気を出して食べてみれば良かったかなあ。
    私が一番好きなネタはシャコです。変わってるね、といわれるんですが妙に好きなんですよね・・・。あとは、えんがわとか穴子とか、たいていの寿司ネタはぺろりと食べちゃいます。
    これからも読んでいるとお腹が空くコラムを目指したいと思います♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中