いのサンデー ~痛いとおとなでも涙が出ちゃいます の巻 ~

・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・
   いのサンデー ~痛いとおとなでも涙が出ちゃいます の巻 ~   
・〇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇・

みなさんこんにちは、いのです。
最近久々に痛い思いをしました。朝、寝ぼけて歩いていたら、閉まっている扉に頭から激突してしまったのです。声も出せずにうずくまりながら、こどものころはしょっちゅう、たんこぶを作っていたことを思い出しました。

そういえば、私が覚えている一番古い記憶は3歳くらいに階段から落ちたときのこと。やはり痛みというのは人間の記憶に強烈に刻み込まれるものなのでしょう。その後も椅子に座って遊んでいたら後ろにひっくり返ったり、ブランコをこいでいたら滑り落ちて地面に激突、さらに起き上がったら揺れて戻ってきたブランコに後頭部を強打されたりなど、振り返ってみれば痛い思い出はキリがありません。あんなにガンガン頭をぶつけていなければ、いまごろはもっと賢く育っていたんじゃないか、とすら思えてきます。

しかし、そんななかでも一番痛かったにちがいない経験についてはまったく覚えていないのが不思議なところ。母から聞いた話ですが、5~6歳のころ家族で夏祭りに出かけた夜、目を離したすきに転んだ私が額に切り傷を作っていたそうです。たいして痛がることもなく、血も出ていなかったので絆創膏をぺたりと貼っておいたら、そこが翌日になって青黒く変色。それを見たおとなりさんに「病院に連れていったほうがいいんじゃない?」といわれ、慌てて連れていったら、「女の子ですしねー、一応縫っておきましょうか」と、いきなり縫合されたそうです。ケガした本人はまったく覚えていませんが、縫っているときはえらく泣き叫んで大変だったとか・・・。おかげさまでいまでは傷口はほとんど目立ちません。いいおとなりさんに恵まれていたことを感謝したいと思います。

ちなみにここ最近で一番痛かったのは、親知らずが生えたときです。生えてきた歯で周囲が炎症を起こしてしまい、駆け込んだ先で口のなかを一目見た歯医者さんが「うわっ!これは痛い!」と呟いていたのを、痛みでもうろうとする意識のなかで聞いていました。あれは痛かったなあ・・・。
そんなこんなで、今回は痛い思い出話になってしまいましたが、みなさんが覚えている一番古い記憶はなんでしょうか?よければブログのコメント欄でお聞かせくださいね。

それでは、また来週お会いしましょう。いのでした。

……………………………………………………………………………………
      今週の「いのサンデー」はいかがでしたか?
       感想のコメントをお待ちしています♪

いのサンデー ~痛いとおとなでも涙が出ちゃいます の巻 ~」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ECナビメールから参りましたマナミといいます。
    はじめまして
    私の痛い思い出の一番古い記憶は5歳のときのもの
    お遊戯で「白雪姫」のおばあさん役をやりまして、王子様と対決する場面で、突き指をしてしまったんです
    でも、その場で泣くわけにもいかずにこらえ、家に帰っても親に言えず(なぜかはわかりませんが)、そのままずーっと我慢してました
    次は8歳の時
    親が弟を病院に連れて行ってお留守番をしている時に、ガラスコップを洗っていたのですが、それが割れて左手の中指に突き刺さり、ギャーギャー泣きながら、必死で血をとめようと、布巾を全部真っ赤にしてしまいました
    帰って来た母が止血してくれましたが、傷はくっきりと残ってます
    お転婆娘で生傷絶えなかったです
    幸い、顔だけは怪我したことないのですが
    長々と失礼しました

  2. SECRET: 0
    PASS:
    小学生のころ扁桃腺が腫れましいた。校医が切除した方が良いと親に説明したために手術することになり、麻酔が切れてから喉が痛くて食事もできませんでした。お腹がすいても食べると喉が痛むのでそれが一番つらかったですね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    いのさん、こんにちは。
    今まで大きな痛みは経験せずに(maxで捻挫程度)生きてきてしまいましたが、とても「かゆい」思い出はあります(笑)
    大学入学直後、熱っぽいと思ったら体中にジンマシンが現れて大変なことに。着る服がすれるだけでかゆい→でも掻けない→ああ!、という気がおかしくなりそうな数日は強く印象に残っています。
    痛みやかゆみはないに越したことはないですね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    子どもの頃通っていた歯医者がすごく痛かった。当時は「神経を殺す」とか言って、ガリガリと機械で歯を削った時代で・・・今では想像できないだろうほど歯医者が痛かった。子どもながら、よく辛抱したよなと思う。ほんと、昔の歯医者は痛かった。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!
    笑っちゃいけないですけど、ぶつかって、頭を
    ゴンとしちゃったって、
    駄目だ
    笑っちゃう
    プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!
    大丈夫ですか?
    痛い思い出はいっぱいありますが、
    生理痛で転げまわって、気絶したことなら
    あります( ̄Д ̄;;

  6. SECRET: 0
    PASS:
    僕も先の忘年会シーズンの頃、飲み歩いていて何件目かに入った居酒屋で、低まっていた鴨居に思い切り頭をぶつけましたよ。一瞬目の前に星が散って、居酒屋内部でのた打ち回りました……。
    酔っていた所為もあって、帰りにも打ち付け、またものた打ち回りましたが。酔いは恐ろしい。
    あと古い記憶と言うと、いのさんは階段から落ちた記憶とのことでしたが、僕の場合は2歳か3歳なりたての頃、1歳にもなっていなかった妹が、二階から階段をごろごろっと落ちてきたのを受け止めた、と言うのが一番古い記憶かもしれません。
    泣き声は覚えていないけれど、妹のびっくりした顔をぼんやり覚えてます。
    ま、受け止めたといっても、単に階段に座っていたと言うだけなんですが(笑)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、いのさんへのコメントは、初めてですね。
    今までで、(冗談ではなく)死ぬほど痛かったことがあるんです。
    もう五年にもなるでしょうか…
    勤務中に、くも膜下出血を起こして緊急入院したことがあるのですが、このときは、今まで経験したことが無いくらいの痛みでした。
    どんな感じかというと、脳天を、マサカリで、かち割られたような激痛なんです。
    普通の人は痛みで失神するそうですが、私は救急車も呼ばず、徒歩で5分くらいですが、都立病院へ行き、当直のドクター(たまたま脳神経外科のドクターでした)に
    「何で救急車を呼ばなかったの!!くも膜下は死亡率が高いんだから!!!!!」
    と、叱られました、

  8. SECRET: 0
    PASS:
    私もおやしらず、抜いたことありますよ。
    生えてきてなかったので肉を切開しての抜歯でした。
    麻酔がきれたときが地獄でした・・・
    顔もぷっくりはれていたし・・・
    最近の痛い出来事は包丁がすべって
    指をざっくりやってしまいました。
    流血がとまらず子供を連れて外科に
    かけこみ、2針縫合されました。
    縫合は麻酔がきいてるから大丈夫なんですが
    この麻酔2本が泣きたいほど痛かったです。
    痛みには強い私でしたがさすがにつらかったです。
    大人なので我慢しましたが痛みで泣くという
    気持ちを思い出しました。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    いつもお疲れ様です。
    「痛い」といえば、私もいのさんと同じように、親知らずが生えたときに周囲の炎症が起きて、さらに私の場合「八重歯」が変な生え方をしてその部分も炎症を起こして、結局親知らずと八重歯を7本抜きました。始めの一本目を抜くときはすごい怖かったですが(歯医者さんが鬼に見えてくるんですね)、最後の7本目を抜くころには本人も慣れたもので・・・。抜いた歯はもらったほうがよかったのでしょうか?私は気持ち悪くてもらわなっかたのですが。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    私の一番古い記憶も、「痛い」に関することです!
    0才の時の注射です。
    赤ん坊なりに、痛みを我慢して
    でもこらえきれずに泣いてしまった
    という記憶です。
    やっぱり痛みというのは強烈なんですねぇ。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >マナミさん
    はじめまして。読んでくださってありがとうございます。
    劇の最中に痛い思いをしてもじっとこらえるなんて、素晴らしい女優魂ですね!
    顔は女優の、いえ女の命です。どうぞこれからもお怪我などなさいませんよう。もちろん顔以外も、ですが。
    >scopyさん
    私は桃が好きなので、昔は“扁桃腺”って、なんだかいいもののように思ってました。おなかは空くのに食事ができないというのは食いしん坊の私にとってかなり辛い試練です。親知らずで口のなかが腫れたときも、ずいぶんひもじい思いをしました・・・。
    >mamebitoさん
    「かゆみ」も辛いですね~。私は小学生のころ、給食のサバにあたって食中毒をおこしたことがあるのですが、そのときにジンマシンに悩まされました。蚊に刺されただけでも血が出るくらいかきむしってしまうこともあったので、治るまでごろんごろんしていた思い出があります。
    >miyokoさん
    こどもの頃の歯医者って、ものすごく身近にある「痛い」場所でしたよね!麻酔の注射とかもう!おとなになってから久しぶりに訪れた歯医者の治療がすっかり痛くなくなっていて、感動したのを覚えてます。技術の進歩に感謝です。
    >Lunarさん
    ブランコにごん!と後頭部をやられたとき、本人は痛さで涙目でしたが、側で見ていた友人たちはおかしかっただろうなあと思います。いまだったら、おもしろビデオとかに投稿したいくらいですよー。おかげさまでいまは健康でピンピンしております。
    女性ならではの痛みは避けられないものとはいえ、苦労しますね・・・。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >ないさん
    頭を強打したときに星が飛ぶ表現がマンガにありますが、あれを実際やるとあながち嘘でもない、と思っちゃいます。背の高い方は鴨居やら、天井やら、日常のなかにトラップがたくさんありますね。どうぞお気をつけて。
    そして幼い妹さんをがっちりキャッチとは、さすがお兄ちゃん!
    >かおすさん
    普通なら失神するほどの痛みのなか、病院まで歩かれたとは・・・。精神力の強さのなせるわざでしょうか。ともあれ、今後もどうぞご自愛くださいね。
    >nikonyanさん
    私も親知らずを抜いたあと、帰りの電車で麻酔がきれてきたときは思わず倒れそうになるほどの激痛でした。口のなかの痛みってほかに比べると気を紛らせることが難しい気がします。
    包丁で指を切った経験は私も数年前にあるんですが、夕飯の味噌汁の具にしようと思っていた大根がみるみるうちに赤く染まっていき、帰宅した妹に「ぎゃー!」と叫ばれました。nikonyanさんのお子さんもびっくりされたのではないでしょうか。お大事に!
    >NORANORAさん
    合計7本も!それは大仕事でしたね・・・お疲れ様です。
    抜いた歯ですが、私は記念にもらってきてしまいました。今後、歯が欠けたときに埋める場合、自分の歯を使うと都合がいいとか。
    こどもの頃は「下の歯が抜けたら屋根へ、上の歯が抜けたら床の下へ投げると丈夫な歯が育つ」なんていってましたね。
    >ゆーさん
    0才とは、本当に一番古い記憶ですね~。そろそろ痛くない注射が登場してくれてもいいんじゃないかと思うんですが、毎年インフルエンザの予防注射の前はドキドキしちゃいます・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中