ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ 本格的ぽかぽか演劇鑑賞 ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ 本格的ぽかぽか演劇鑑賞 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!昨日のお昼はソースかつ弁当でした。ひがしのりです。
新宿のシアターアプルにて芝居を鑑賞してきました。
演目は「レミゼラブ・ル」。演じたのは「劇団キック」という演劇プロジェクト。脚本・演出は「ブルースカイ」。僕はあまり演劇の世界にくわしくないのですが、猫ひろしやいとうせいこうも出演するという話を耳にしたのでチケットを購入しました。昔、演劇をやっていた経歴を持つお馴染み、よーこさんは、ヤバイヤバイといささか興奮しすぎ。
「レミゼラブ・ル」は19世紀のフランス人作家ヴィクトル・ユーゴーの代表作、「レ・ミゼラブル」をベースに、現代日本社会のさまざまな要素を込めて大胆に蘇らせた物語です。
わりと有名なのでご存知の方も多いと思いますが、原作では一切れのパンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンの波乱万丈な人生が描かれています。ところが本作「レミゼラブ・ル」では、「一切れのパン」に代わって「一枚のスクール水着」を盗んで投獄されたジャン・バルジャンが「ル・歌舞伎町」という訳ありの人間たちが集まる町を舞台に壮絶な人生を送る姿が描かれているのです。演劇ならではの設定がおもしろいですね。
大きな劇場での鑑賞は初めて。ドキドキしながら客席に向かいます。
ロビーには著名人や関係者の方々から役者に届けられた祝い花があふれんばかりに飾ってあり、今回の演劇のすごさを物語っていました。そのなかに「みうらじゅん」の名前を発見して大興奮したのはいうまでもありません。
しかも幸運なことに、自分の席は最前列のど真ん中。
そして開演時刻をむかえ、「レミゼラブ・ル」の幕が開けました。
怖い形相のお兄さんたちがビリヤードをしています。ひとりが「ジャン・バルジャンを知っているか?」と相手に聞くところから物語は始まります。
そして衝撃の展開。
貧しい身なりを装ったジャン・バルジャンが軒先に干されたスクール水着を盗ろうかどうか葛藤するシーンです。彼の心にうずまく葛藤を通行人たちが奇妙な踊りで表現します。ジャン・バルジャンは自己との戦い破れた挙句、あらすじどおり、スクール水着を盗んで捕まってしまいます。
こうしてはじまった「レミゼラブ・ル」。途中休憩を挟むとんでもない上演時間にも驚きました。合計3時間半。しかし飽きることなく、目の前で繰り広げられる予測不能の展開に最後まで釘付けでいられたのは、脚本・演出を担当した「ブルースカイ」の腕と、役者たちの見事な演技があったからです。
なんだろ、既成概念やモラルといったモノ全てを破壊し尽くすような不条理な世界に吸い込まれていくあの感覚。ただただおもしろい。あんなにおもしろい芝居を観たのは初めてです。また観に行きたいです!
                           (ひがしのり)
 >>>>    [読者アンケート]
   今週のコラムはいかがでしたでしょうか?
   あなたのご意見に近いものをクリックしてください。
   ───────────────────────────
    良かった    : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55937
    どちらでもない : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55938
    良くなかった  : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55939
   ───────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ぽ か ぽ か 日 曜 日 2 読 者 投 稿 企 画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、先週のお題は「エイプリルフールでついた嘘は?」でした。
コメントありがとうございます!
■ついたウソ
花粉症の友達に「花粉症になったみたい・・・」とメールを送りました。が、「そっか・・・」と言われただけ!「財布盗られた」の方が良かったのかなぁとちょっと後悔ですorz
                           BY しゅがー
TO しゅがーさん
いつもコメントありがとうございます!
嘘だとわかりにくい嘘でしたね。
「財布を盗られた」より、「財布盗ったでしょ?」のほうが相手のおもしろい反応が見られるかもしれませんね。
                           (ひがしのり)
さて、今回のお題は「演劇を観たことありますか?」です。
演劇やミュージカルなどなど劇場に足を運んだ経験がありましたら教えてください。どんな作品を観ましたか~?
コメント機能を使って気軽に投稿してくださいね。
素敵なコメントは、次号のコラムにて掲載されるかも!
ひがしのりコラムへの感想もどしどし募集しています!

ECナビで最新情報をチェック!

ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ 本格的ぽかぽか演劇鑑賞 ~」への18件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    高校時代の友人の妹さんが所属していた、小さな劇団の演目を見に行ったことがあります。
    桃太郎をかなりコメディーにアレンジした演目でした。
    妹さんが演じていたのは雉の役で、お色気で桃太郎や鬼達を籠絡していくといった感じでした。
    ストーリーの展開も観客を飽きさせないテンポの良さと、シリアスと笑いをうまく折り合わせており、テレビのドラマや映画を見るよりよっぽど面白かった記憶があります。
    脚本は、劇団の団長さんだったような…そうでなかったような・・・
    そう言えばその演目も、3時間越えだったような…(^^ゞ
    うう、10年以上前のことだから、記憶が・・・

  2. SECRET: 0
    PASS:
    チェーホフの「かもめ」を見に行ったことがあります。
    なかなか難しい内容なのですが、その内容よりもふんどし一丁の男性数人が熱く踊るシーンがあり、目のやり場に困りました。
    だって見えてるんだもん、いろんなモノが・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちはひがしのりさん
    ぽかぽか日記毎週楽しみによませて頂いています。
    初めて自分でチケットを買ってみたのが。。
    天井桟敷の「青ひげ~」です。
    脚本が寺山修司。
    いまではあまり話さない聞かない
    日本語の美しさや音のなめらかさに
    改めて感動しました。
    数十年前はこういう日本語をきちんと使える人が
    沢山いたのに、今はあまり、、いませんね。
    題名「青ひげ~」なのですが、青ひげは出てはこない。。。不思議な唄と暗転を上手く使った演出も面白かったです。
    それからミュージカルなど機会があれば見にいきました。
    さすがに蜷川さんのは長くて疲れました。
    演劇を観賞するのも体力が必要だと感じました。
    でも好きな俳優が頑張って、その成果と演技をリアルの感じられる舞台はやっぱり見る価値はありますね。
    「レ・ミゼラブル」は子供に本を読んであげたことがきっかけで主人が子供と一緒に見る事が出来たら「いいな」っと思った作品です。有名で人気の作品でチケットが取れず見る事ができませんでしたが、シアタアプルの「レミゼラブ・ル」もとても面白そうですね。子供と一緒に見て見たいです。
    では、また来週を楽しみにしています。
    今度は何処にお出かけなのでしょうか('-^*)/

  4. SECRET: 0
    PASS:
    「劇団☆新感線」のお芝居をよく見に行っています
    以前ゲネプロ公開のチケットを取って見に行ったら、4時間オーバーでしたよw
    本公演では台本を直して多少短くなってましたが三時間オーバーなんてザラですよ~(*^-^)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    高校生のころ、佐藤B作氏率いる「東京ヴォードヴィルショー」という劇団にハマってました。
    1回の公演中、初日、中日、楽日と3回は通ってましたね。
    お芝居がしたくなって、入団試験受けたりもしましたが、だめでした。。。
    その前は、母親が好きだった影響でずぅ~っと宝塚を見に行ってました。
    さすがに、宝塚に入りたいとまでは思わなかったですが。。。
    音楽学校のレベルの高さは十分知ってましたからね。。。
    あまり生の舞台を見たことがないのであれば
    ぜひとも宝塚を見てください。
    人生観が変わりますよぉ~(笑)

  6. SECRET: 0
    PASS:
    舞台を見たきっかけは好きな俳優さんが出るからと言う単純な理由.これまで見た中でも,思い出深いのは『幽霊はここにいる』と言う演劇と『コーカサスの白墨の輪』です.
    幽霊は~では,最前列で見たときに劇中に役者さんに話しかけられると言う『どっきり?』付きでした.記念にもらったダースチョコ,一粒,いまだ食べずにとっておいてあります(^^;。
    コーカサス~では,観客も劇の中の一人になれる場面があり,その最中に役者さんに話しかけられ,偶然(?)が重なり、かなりいい感じで仲良くなったのですが,どうも相手に下心あり,と言う事が判明してバイバイした苦ーい思い出も.
    舞台で楽しめただけでなく,おまけ(?)付きで楽しめるのはやっぱり生の人間を身近に感じられるせいでしょうかね.

  7. SECRET: 0
    PASS:
    芝居は小劇団から大劇場までいろいろ行くのですが、三宅裕二さん率いるスーパーエキセントリックシアターの舞台は必見です。
    演目はいろいろあるので好みが分かれると思いますが、(ノ゚ο゚)ノ半端ではない稽古量だと思います。きちんと計算された舞台。訓練されたエキストラ。チケットは少々というか大分取りにくくなってしまいましたが、役者そのものが訓練された人々だということが感じられる劇団です。
    見ていて変なところで拍手したくなるツボがあるのが、笑えます。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    私が見たのは、大学1年生のときに「ドン・ジョバンニ」というオペラです。
    凄く浮気者のドン・ジョバンニの話でしたが、詳しい記憶は今ではあまり残ってません。。。
    今は大学生なので劇場で演劇などを見るとなると、金銭的にあまり余裕がなくなってしまいますが、社会人になったらまた見たいなぁと思います。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    最近、チケットが取りづらくなってしまったけど
    「演劇集団キャラメルボックス」が大好きです!
    上川隆也さん他、何人もTVにも出演してたりもしてます。
    この劇団を見に行くときは、早めに座席に着くのが暗黙のルール(笑)
    なんと、前説があるのです。
    携帯の電源のチェックタイムがあって、その時のためだけの劇団員による歌をCDで作ってしまったり(笑)
    お話も、あったかい気持ちになれたり、心にグサッと来るものがあったり、泣いてしまいそうになるものがあったり。。。心に響くお芝居です。
    機会があったら、ぜひ見に行ってみてくださいね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    ごめんなさい。クレームというわけではないのですが老婆心で一言・・
    「財布盗ったでしょ?」はエイプリルフールでも言ってはいけないと思います。
    以前、財布を探していた時、近くにいた友達に何気なく「財布知らない?」と尋ねたら「何でそんなこと訊くの?」と嫌な顔をされたことがありました。
    私は単純に『見なかった?』というつもりだったのですが、友達は疑われたと思ったようです。
    言葉って面と向かってても、受け取り方が違うことがあるんだと痛感した出来事でした。
    (ちなみに財布はただの置き忘れでした(;^_^A)
    本当に基本的なことですが、『言われたらどう思うか』を考えることって大切ですよね。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    私こそ、大変場の読めてないようなコメントで申し訳ないのですが、「財布盗ったでしょ?」という方が面白い反応が見られるのではというのは、大変不適切なコメントではないでしょうか…。
    それでなくても昨今、(新聞やTVの報道だけでは)理解できないような理由で、いろいろと事件が起きていますのに。
    それに比べたら、「財布盗ったでしょ?」というのは、どこの世界でもはっきりと、相手の手癖の悪さを、疑う言葉ではないのでしょうか。
    エイプリルフールで許されるのは「罪のない嘘」ですが、これは場合によっては、友人同士の間をギクシャクさせるのではないかと思いますが。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    あれは何年前だったでしょうか?
    かみさんと結婚する前にデートで行ったのが
    記憶に残っています。
    今は亡き本田美奈子主演の「ミス・サイゴン」。
    それまでは、スポーツ観戦、映画、コンサートへはよく行ってましたが、演劇は皆無でした。
    かみさんが引っ張られていっしょに行ったのですが、すごく感動しました。映画やテレビは一方的にこちらに伝わるものですが、演劇は役者と観客の距離が近い為に気持ちが通じ合えるような気がしました。役者と一緒に喜怒哀楽を共にすることができる。それが舞台なのでしょう。特にあの本田美奈子の演技でしたので、その演技には圧倒されるものがあり、いい想い出です。もし、彼女がまだ生きていたらと思うと残念でなりません。
    その後、なんやかんやで演劇鑑賞はしてなかったのですが、去年、久々に黒木メイサ主演の「あずみ」を見に行きました。本田美奈子にはかないませんが若さを感じました。これからが楽しみです。
    映画やテレビもいいかもしれませんが、一度は舞台の役者の生の演技を見ることいい経験ではないでしょうか。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    これまでに観た事が有るのは、宝塚が5回ほどと小劇団系が5回の合計で10回くらいでしょうか?
    でも、一番最近観たのは・・・(と言ってもちょっと前になるのですが)
    ラーメンズの片桐仁さんが主演の「ダブリンの鐘つきカビ人間」でした。
    すっごく面白かったです!
    でも内容は教えてあげません(だって、どこかでDVDとかが出て見るかもしれないじゃないですか/笑)

  14. SECRET: 0
    PASS:
    小劇団の公演を見ました。
    これまた名作のアレンジもので、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」がベースになっているのですが、
    ここに出てくる妖精パックを演じていたのが、ものすごいデブ(失礼!)な女の子なのでした。
    「ガ○スの仮面」を読んでいた私にとって、妖精パックは機敏で軽やかに動くキャラクターだと思い込んでいただけに、このキャスティングは斬新でした。
    あまりにも斬新すぎて、他のことを覚えていません…………

  15. SECRET: 0
    PASS:
    歌手の籐子さんが好きなので音楽劇『イシマツ~踊る東海道~』を観に行きました。とっても楽しかった。その前の『レ・ミゼラブル』も行きたかったけど遠くて断念。
    『RENT』の2回目も行きました。カッコよかった。
    それから四季の『オペラ座の怪人』は京都で一度観ただけですが大阪でも観たいです~(>_<)

  16. SECRET: 0
    PASS:
    「レミゼラブ・ル」私も行きましたよ!
    ブルースカイのあの、何物にもとらわれない徹底したナンセンスに惹かれて、彼の芝居は今までにもいくつか観ています。
    今回も、開演から3時間半、彼の世界に引き込まれっぱなしでした。主演の廣川三憲さんのまさに体当たり演技にもおどろかされたり。
    ひがしのりさんも観に行かれたと知ってなんとなくうれしく思いました。
    ほかでは「大人計画」「ナイロン100℃」「ラッパ屋」などが好きです。笑えるのがいいですね。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    初めて劇団四季のミュージカルを観たのが幼稚園の時。中学生で改めて劇団四季にハマり直して以来、ウン十年……。すでに観た舞台数は1,000を超えております。
    今のお勧めは、劇団☆新l感線。舞台上に繰り広げられる冒険活劇に、元気が出ること間違い無し。
    あと、宮川彬良(マツケンサンバの作曲家です)が音楽を担当する舞台にはかならず行きます。
    古典芸能では、狂言が意外とわかりやすくて楽しめます。萬狂言(野村万蔵家)をよろしく♪

  18. SECRET: 0
    PASS:
    この劇中の何かが原因で、ということではないけれど、とにかく感動して、考え方を変えた、という思い出があります。これを見なかったら、自分はこの世に存在していないかも。
    後は、地元劇団なんですが、ぎんぎら太陽'Sの公演は楽しいです。東京公演も行ったらしいです。「地元に根ざした、地元の人”しか”わからない話題(建造物)を演じ続ける」劇団なので、東京公演がどうだったのか不明ですが(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中