ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ ダイナマイトコラム2006 ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ ダイナマイトコラム2006 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!万歩計で歩数をチェック!毎日5,000歩、ひがしのりです。
では、さっそく第1問目いきましょうか。
「第1問 毎年12月10日に行われる世界的式典とは何ですか?」
チクタクチクタク・・・はいそこまで~。制限時間いっぱいとなりました。
答えは「ノーベル賞受賞式」ですね!
そう、みなさんがこのコラムを読んでいるいま、日本の裏側にてノーベル賞受賞式が行われているんです。その場所ですが、平和賞はノルウェーの首都オスロにて。その他5部門(物理学、科学、生理・理学、文学、経済)はスウーデンの首都ストックホルムです。ちなみに経済学賞はノーベル財団とは別にスウェーデン国立銀行が設けた賞のようですね。
日本人の候補として、作家の村上春樹氏がフランツ・カフカ賞受賞の功績もあり、2006年のノーベル文学賞を獲るのではないかとの声が挙がっていましたが、今年はトルコの作家オルハン・パムク氏が受賞という結果になりました。「スプートニクの恋人」に現在熱中している僕としては少し残念な気持ちです。受賞したオルハン・パムク氏の世界的ベストセラー「雪」も好評判。亡命先のドイツから故郷のトルコに帰ってきた詩人が宗教、政治、暴力の渦に巻き込まれていって・・・というストーリー。これを機会に読んでみようかなと興味が湧いてきました。前作の『わたしの名は「紅」』も気になります。読んだ人がいましたらぜひコメントで感想をお寄せください!
さて、話をノーベル賞に戻しましょう。ノーベル賞は、ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベル博士(1833~1896)によって設立された「ノーベル財団」が1901年に始めた世界的な賞です。今回はノーベル博士の知られざる人生にフォーカスしたいと思います。
彼が成し遂げた発明というのはいうまでもなくダイナマイト。友人の科学者が発明した爆薬ニトログリセリンの実用化に初めて成功したのです。その過程で起きた爆発事故によって彼は弟を失っています。こういった悲しみを乗り越えてできあがったダイナマイトは、結果的に人を殺すための道具として世界中に広まっていきます。本来は道路やダム工事に役立てて作業の効率化を図る目的で発明されたのに、戦争で使われる皮肉な結果となりました。
ノーベルはダイナマイトの戦争利用に対して非常に深い悲しみを覚えたといわれていますが、不可解なことに彼は武器製造事業を何度か手がけているのも事実で、このあたりの解釈が難しいところです。さらに彼はダイナマイト事業以外にも、油田事業で莫大な富を築いています。発明の才能が油田発掘にも存分に注ぎ込まれたのでしょう。なんとなんと、ノーベル家は、当時かのロスチャイルド家と油田事業で肩を並べる大富豪だったんですよ!
ここでひとつ興味深いエピソードを紹介させていただきます。彼の兄が他界したときの話。メディアはノーベルが死んだと勘違いして「死の商人が死去」と報道したうえで、人を殺す道具を発明して財産を築いたといった内容の追悼記事を載せたそうです。その記事を読んだノーベルは愕然と自分の評価の悪さに落ち込みました。実はこの誤報がきっかけで彼は遺言書を書き直し、科学技術、文学、平和などに貢献した人物に贈る賞の記述を加えたのだとか。
最後に女性関係について。ノーベルは生涯独身で過ごしました・・・が!43歳のときに20歳のゾフィーに恋をしています。激しくフォーリン・ラブした彼は、並々ならぬ愛情+お金(億単位ですよ!)を十数年にわたって注いだとのこと。しかし彼の想いを裏切るように、ゾフィーは浮気をして子供まで作ってしまいます。なんとも可愛そうなノーベル。ついに彼は別れを決心しますが、そのことでゾフィーは追い討ちをかけるがごとく彼をゆすったという話も。恐るべしゾフィー。さらにノーベルの死後、生前に彼からもらった200通以上のラブレターをノーベル財団に売って大金を手にしたらしいです。このウンチクはトリビアの泉でも紹介されたので知っている人も多いのではないでしょうか。
はい、というわけで今回たっぷりノーベルについて語らせていただきましたがいかがでしたか?波乱万丈、数奇な人生を送ったノーベル博士の話。100年経ったいまも彼の意志は引き継がれ、世界的に貢献した偉大な人たちに毎年ノーベル賞が贈られています。こういった世界的なイベントには必ずひとりの人間の人生が隠されているので、じっくり辿りながら教科書には載っていない歴史を眺めてみるのもおもしろいですね!    (ひがしのり)
 >>>>    [読者アンケート]
   今週のコラムはいかがでしたでしょうか?
   最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました!!
   あなたのご意見に近いものをクリックしてください。
   ───────────────────────────
    良かった    : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55937
    どちらでもない : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55938
    良くなかった  : http://ecnavi.jp/bid/?BID=55939
   ───────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ぽ か ぽ か 日 曜 日 2 読 者 投 稿 企 画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんコメントありがとうございます!!
柴又のどらさん。地元ならではのお話ありがとうございます。帝釈天や寅さんにまつわる思い出を少し分けていただいて嬉しいです。そしてyasuさん。会社の昼休みだけで毎月3~4冊も読んでるんですね。時間の使い方がうまいんでしょうね!僕も乙一さんの短編集をいくつか読みましたが想像も付かないどんでん返しにかなりやられました。
さて、先週のお題は「最近読んだ本(雑誌・マンガ含む)は?」でした!
■元江戸川区民です。
江戸川、懐かしいです。タワー・オブ・テラー、まだ2回しか乗っていないけど、はまりますよ!フリーフォールは勿論ですが、並んでいる間も見るものいっぱい!さすがディズニーだなぁ、と感心してしまいます。
最近読んだ本、TDRの裏技本です(笑)もう20年TDRに通い続けているので、今更って感じですが、「うんうん、そうなのよねぇ」と読むのも楽しいことを発見しました。            BY yummy
TO yummyさん
すでに2回も乗っているんですか!!羨ましい限りです。おっしゃるとおり、待ち時間も楽しめる工夫が施されているのがディズニーの魅力のひとつですね!しかも20年も夢の国に通い続けているとは・・・もしかして年間パスポートをお持ちなのでは!?それに加え裏技本ときましたか。いったいぜんたいどんな裏技が書かれているのでしょうか。僕がひとつだけ知っているのは、ディズニーランドには「Club33」という秘密の会員制レストランがあるらしいとの噂。どんなレストランなんでしょうか?行ったことがありましたらぜひ教えてください!             (ひがしのり)
さて今回のお題は「表彰された経験ありますか?」です。
小学校の水彩画から国体のメダルまで、どんな種類の表彰でもいいのでどしどしお寄せください。
ちなみに僕の右斜め前に座っているフーザン先生は、地元のわんこそば早食い大会で見事3位を受賞された経験があるそうです。当時フーザン先生、若干12歳。さすがですね~♪
ECナビブログから、コメント機能を使って気軽に投稿してくださいね。
            ▼   ▼   ▼
         http://ecnavi.jp/bid/?BID=93505
    素敵なコメントは、次号のコラムにて掲載されるかも!
    ひがしのりコラムへの感想もどしどし募集しています!

ECナビで最新情報をチェック!

ひがしのり ぽかぽか日曜日2! ~ ダイナマイトコラム2006 ~」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
     お世話様です。
    あれはたしか小学6年の時、小学校水泳大会でメドレーリレーに出場したとき、1位になって4人とも表彰された記憶があります。その時のメダルは確か・・・?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中